"The 1966 Live Recordings"

ノーベル文学賞受賞の勢いを駈って、たぶん今年最後のディラン。

"The 1966 Live Recordings"~『ライブ1966』~

The 1966 Live Recordings


1965年のニューポート・フォーク・フェスティバルで、ディランがロックに「転向」するというロック史上の「事件」が起こる。
その翌年、ディランは後のザ・バンドを随えてツアーを行なうのだが、その模様はほとんど録音されていたのだそうで、本CDは、その全音源である。
収められている曲は、異なり曲数18で、曲順こそ違え、ほとんど同じ曲が、繰り返し繰り返し36枚ものCDに収められている。延べ曲数296だから、1曲あたり平均16回超、Just Like Tom Thumb's Blues~親指トムのブルースのように~など、22回(内1回は中途半端な感じだが)も聴くことができる。いや、聴く破目になると言うべきか…。
録音状態もまちまちで、特に32枚目以降のものの録音状態は著しく酷く、それ単独では絶対に商品化できないレベルである。聴いて楽しむには、録音状態の良いものを選りすぐれば十分で、それならおおよそCD1枚か、せいぜい2枚に収めることができるはずである。
伝説の「ロイヤル・アルバート・ホール」の演奏が聴きたければ、既にブートレッグ・シリーズに収められて発売されている。それが実はフリー・チェスター・ホールでの演奏だったからと言って、本当の「ロイヤル・アルバート・ホール」の演奏は別に「伝説」なわけではないのだから、無理して聴くほどのこともない。
それでもどうしても聴きたいと言うのなら、同時発売の
"The Real Royal Albert Hall 1966 Concert"~『リアル・ロイヤル・アルバート・ホール』~だけで良く、この年に行なわれたディランのツアーの音源をすべて聴くなんていう苦行は、よほどの物好きでなければ、する必要がない。

続続・ボブ・ディラン視聴月間(補遺)

以前書いた「続続・ボブ・ディラン視聴月間」で取り上げ漏らした1枚。
去年書いた記事の中で、"COMPLETE THE BASEMENT TAPES" のエントリが何故か意外にアクセスがあったので、思い出して引っ張り出して来た由緒の良く判らない海賊版(?)。盤面に「PROMOTIONAL USE ONLY/NOT FOR SALE」と書かれているから、何かの販促用のものだったのかもしれない。

THE BEST OF THE BASEMENT TAPES

THEBESTOFTHEBASEMENTTAPES

DISC ONE
1.I SHALL BE RELEASED
2.BABY,WON'T YOU BE MY BABY
3.LO AND BEHOLD! #2
4.PEOPLE GET READY
5.TEARS OF RAGE #3
6.GET YOUR ROCKS OFF
7.PLEASE MRS.HENRY
8.ONE MAN'S LOSS(ALWAYS IS ANOTHER MAN'S CAIN)
9.OPEN THE DOOR HOMER #1
10.ALL YOU HAVE TO DO IS DREAM #1
11.THE MIGHTY QUINN(QUINN THE ESKIMO) #1
12.YOU AIN'T GOIN' NOWHERE #1
13.BONNIE SHIP THE DIAMOND
14.I DON'T HURT ANYMORE
15.NOTHING WAS DELIVERD #2
16.I'M NOT THERE(1956)
17.UNDER CONTROL
18.CRASH ON THE LEVEE(DOWN IN THE FLOOD) #2
19.BABY AIN'T THAT FINE
20.YEA! HEAVY AND A BOTTLE OF BREAD #2
21.DON'T YOU TRY ME NOW
22.SEE THAT MY GRAVE IS KEPT CLEAN
23.THIS WHEEL'S ON FIRE

DISC TWO
1.MILLION DOLLAR BASH #2
2.BIG RIVER #2
3.BELSHAZZAR #2
4.FOLSOM PRISON BLUES
5.APPLE SUCKLING TREE #2
6.BIG DOG WON'T YOU PLEASE COME HOME
7.YOU GOTTA QUIT KICKIN' MY DOG AROUND
8.GOIN TO ACAPULCO
9.NEXT TIME ON THE HIGHWAY
10.FLIGHT OF THE BUMBLE BEE
11.ODDS AND ENDS #2
12.GIMME ANOTHER BOURBON STREET
13.ONE FOR MY BABY(AND ONE MORE FOR THE ROAD)
14.TINY MONTGOMERY
15.HILLS OF MEXICO
16.COOL WATER
17.CLOTHES LINE SAGA(ANSWER TO 'ODE')
18.TUPELO
19.SILENT WEEKEND
20.DON'T YA TELL HENRY
21.I'M A FOOL FOR YOU
22.TOO MUCH OF NOTHING #2
23.I'M ALRIGHT
24.YOU AIN'T GOIN NOWHERE #2
25.SIGN ON THE CROSS


"THE BASEMENT TAPES" がそもそも海賊版めいたものなのだけれども、更にその海賊版(?)。
"COMPLETE…" が公式に発売された今となっては、さしたる価値もない音源である。
強いて言えば、"COMPLETE…" を通しで聴くほどの気力が必要ない程度のことである。が、気力がなければ2枚組のスタンダード・エディションもあるわけだから、それも大した意味はない。

由緒不明なだけに造作が悪いのか、いつの間にか音飛びするようになってしまっていたのだが、CDプレイヤーのヘッドクリーニングをしたら何とか聴けるようになった。
その内完全にダメになるのだろうが、「公式」が出ているわけだから、然程惜しいということもない。

続続・ボブ・ディラン視聴月間(4)

ディランの未発表音源など掃いて捨てるほどあって、数限りなく海賊版が出されているから、集めようとしてもキリがない。
掃いて捨てるほどあるだけに、音質もひどくまったく価値のないようなものも甚だ多い。
その中からとびきり価値のあるものを掘り出すことを夢見て怪しげなCDを漁りまくるほどの根性もないので、海賊版はそれほど持っていないし、さらに価値のあるものはほとんどない。
その中から、多少は価値のありそうなもの。

Down In The Flood

Down In The Flood

 1.JOKERMAN
 2.LICENSE TO KILL
 3.MAN OF PEACE
 4.NEIGHBORHOOD BULLY
 5.DON7T FALL APART ON ME TONIGHT
 6.NO AMERICAN CAN SING THE BLUES LIKE BLIND WILLIE Mc TELL
 7.SWEETHEART LIKE YOU
 8.I AND I
 9.AIN'T NO GOIN' BACK

INFIDELS のアウトテイクらしい。「LIVE AT THE POWER STATION,NEW YORL,1983」と書かれているが、パワーステーションは録音スタジオで、ライヴ音源ではない。
80年代のディランの最高傑作という声もある BLIND WILLIE McTELL の別バージョンと思しい NO AMERICAN CAN SING THE BLUES LIKE BLIND WILLIE Mc TELL が収められていることが、価値だと言えようか。とはいえ、Bootleg Series 1-3 でもっと状態の良いものが聴けるのだから、それほどのことでもない。


同じような2枚。

Bye Bye Johnny

ByeByeJohnny

 1.JUST LIKE A WOMAN
 2.BLOWIN’ IN THE WIND
 3.I'LL REMEMBER YOU
 4.MASTERS OF WAR
 5.ALL ALONG THE WATCHTOWER
 6.LUCKY OLD SUN
 7.I FORGOT MORE THEN YOU'LL EVER KNOW
 8.SPIKE
 9.BYE BYE JOHNNY
 10.POSITIVELY 4TH STREET
 11.LIKE A ROLLING STONE
 12.KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR

Lucky old sun

Lucky old sun

 1.POSITIVELY 4TH STREAT
 2.ALL ALONG THE WATCHTOWER
 3.MASTERS OF WAR
 4.I'LL REMEMBER YOU
 5.I FORGOT MORE THAN YOU'LL EVER KNOW
 6.BYE BYE JOHNNY
 7.BREAKDOWN
 8.JUST LIKE A WOMAN
 9.BLOWIN' IN THE WIND
 10.LUCKY OLD SUN
 11.SO YOU WANT TO BE A ROCK'N' ROLL STAR
 12.SPIKE
 13.LIKE A ROLLING STONE
 14.KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR

どちらも1986年の Tom Petty & The Heartbreakers とのツアーのライブ音源。この時の日本公演は、僕も見に行った。
Bye Bye Johnny を先に買って持っていたのだが、似たようなものを見つけて、その中に入っていた Petty の Breakdown が聴きたくて、敢えて重ねて買った覚えがある。

続続・ボブ・ディラン視聴月間(3)

THE ROLLING STONES
STRIPPED~ストリップド~


ストリップド/

このバンド名が、ディランの LIKE A ROLLING STONE から名付けられた…わけではないが、このアルバムで、その LIKE A ROLLING STONE を演奏している。

アコースティックなアルバム。

続続・ボブ・ディラン視聴月間(2)

ディラン以外のアーティストがディランを歌った企画版。

THE BYRDS PLAY DYLAN 〜ディランを歌う〜

ディランを歌う

ディランの曲を数多く歌い、それだけに確執がなかったわけではないらしいザ・バーズ。
ディラン自身が聴いて驚いたという The Times They Are a-Changin' は必聴。

Joan Baez
baez sings dylan


Baez Sings Dylan

一時期ディランと行動を共にしていたバエズだけに、ディランのカヴァーも数多い。
マニアなら、このあたりも押えておくに如くはない。

GRATEFUL DEAD
POSTCARDS OF THE HANGING


Postcards of the Hanging

グレイトフル・デッドによるディランのカヴァー集。
デッドをバックにディランが歌う MAN OF PEACE を収める。DYLAN & THE DEAD のツアーと同時期のスタジオ録音らしい。

続続・ボブ・ディラン視聴月間(1)

月が変わったからタイトルを「続」から「続続」に変えてみたが、別段中身が変化するわけでもない。

SIDE TRACKS~サイド・トラックス~

サイド・トラックス(紙ジャケット仕様)

国内では発売されなかった、ディランのスタジオ・アルバムとライヴ・アルバムを網羅した47枚組のCDボックス・セット Complete Columbia Albums Collection のボーナスCDだった SIDE TRACKS が、日本限定で発売されることになった。
47枚のアルバムはすべて持っていたし、47枚ものCDが一挙に増えても置き場所に困るので Complete…は買わなかったから別にどうでも良いと言えば良いのだけれども、また、それ自体は国内発売されなかったわけだから Bob Dylan In Concert: Brandeis University 1963 に比べれば些かマシとは言えようが、それにしても、高価なセットの釣りにしておいて、後からそれだけ商品化するのは商売として如何なものかと思う。…のだが、やはりこうして発売されれば、マニアの端くれとしては買わずにはいられない。
とは言っても、全30曲中19曲は Biograph に、7曲は GREATEST HITS 23 に収録済みのものだから、あまり目新しさはない。
冷静に考えればさほど買う価値はないと思うのだが、どうにも冷静にはなりにくいのである。

続・ボブ・ディラン視聴月間(5)

The Other Side of the Mirror:Live at Newport Folk Festival を取り上げて思い出したのだが、我が家に、帯に『ライブ・イン・ニューヨーク1965』と書かれたCDがある。
20年も前のことと思うのだが、今より著作権法がかなり緩やかだった頃、海賊版に近いようなCDが合法的に売られていた。もちろん正規のCDショップではなく秋葉原の路面店などが主だったが。
恐らくLPで出ていた海賊版を、そのままCDに焼きつけたような代物だろうから、音質はそれなりのものであるのは判っていたが、1000円かそこらだったので購入したのである。
家に帰って見てみると、CDのジャケットとCD自体には、Live in Newport と書かれていた。帯も良く見ると、背の部分は「ニューポート」になっている。つまり、件のニューポート・フォーク・フェスティバルの演奏を収めたCDだったのである。

LIVE IN NEWPORT

LIVEINNEWPORT

収録曲は、以下の通り。

1.DON'T THINK TWICE IT'S ALL RIGHT
2.THE LONESOME DEATH OF HATTIE CARROLL
3.MAMA YOU BEEN ON MY MIND
4.SILVER DAGGER
5.WITH GOD ON YOUR SIDE
6.IT AIN'T ME BABY
7.ALL I REALLY WANT TO DO
8.MAGGIE'S FARM
9.LIKE A ROLLING STONE
10.IT TAKES A LOT LAUGH,IT TAKES A TRAIN TO CRY
11.IT'S ALL OVER NOW,BABY BLUE
12.MR,TAMBOURINE MAN
13.DON'T THINK TWICE,IT'S ALL RIGHT

帯とCD本体には、1~11が「LIVE IN NEWWPORT 1965」、13~14が「LIVE IN NEWCASTLE 1965」と書かれているのだが、解説を読むと(インチキくさいCDの割に、不思議なことにきちんと解説が付いている)、1~7が LIVE IN NEWYORK、8~12が LIVE IN NEWWPORT、14が LIVE IN NEWCASTLE だそうである。
問題の NEWWPORT の音源だが、The Other Side of…のDVDと比べて IT TAKES A LOT LAUGH,IT TAKES A TRAIN TO CRY が多い。この音源も、いずれブートレッグ・シリーズとして正式に発売されるのではないかとは思うけれども、それまでは、このCDの価値がないとは言えない。

続・ボブ・ディラン視聴月間(4)

The Other Side of the Mirror:Live at Newport Folk Festival
 ~ニューポート・フォーク・フェスティバル 1963~1965~


ニューポート・フォーク・フェスティバル 1963~1965 [DVD]

タイトル通り、1963年~1965年のニューポート・フォーク・フェスティバル出演時の映像が収められているDVD。
1963、1964年の映像も貴重なものには違いないけれども、このDVDのポイントは、何と言っても1965年の映像である。
ロック史に残る大きな事件、フォークの神様だったディランが、先ごろ1億円で落札されたエレキ・ギターを手に演奏した映像である。NO DIRECTION HOME BOB DYLAN で断片的に見ることができるものではあるけれども、これはその一部始終である。
とは言ってもバンドを従えての演奏は2曲だけ。その後、ピーター・ヤーロウの困り切ったようなトークに誘われて、フォーク・ギターを持ってステージに戻る。
ロック演奏の時には大変なブーイングが飛んでいるけれども、フォーク・ソングを歌うディランには歓声が上がっているから、ディランそのものが拒絶されたわけでもないらしい。
ともあれ、歴史的な映像である。
動くマイク・ブルームフィールドも、FROM HIS HEAD TO HIS HEART TO HIS HANDS のDVDよりはちょっとだけ多く見ることができる。

続・ボブ・ディラン視聴月間(3)

番外編めいたもの続き。

MICHAEL BLOOMFIELD
FROM HIS HEAD TO HIS HEART TO HIS HANDS
  ~スウィート・ブルースの男~ベスト&レア・トラックス~


スウィート・ブルースの男~ベスト&レア・トラックス(DVD付)

マイク・ブルームフィールドといえば、ディランのファンなら知らない人はいない…はず。まして、プロデューサーがアル・クーパーと来たら、これは聴かずにはいられない。

ディランの音源は、「CD1,tracks 6 & 7;CD3,tracks 14 & 15」と書かれているが、「CD3,tracks 14」は Spoken Intro BOB DYLAN(Live)というもので、要は、「15」の The Groom's Still Waiting at the Altar(Live)の前のMCである。また、「CD1,track 6」の Like a Rolling Stone(Instrumental)にはディランの歌は入っていない。あとの1曲は Tombstone Blues のアウトテイク。
だから、ディランのブートレグだと思って聴くと物足りないかもしれない。ディラン好きだというだけでこのCDに出費するのは躊躇するだろうが、ブルームフィールドのギターをこれだけまとめて聴けることはなかなかない。

DVDが付いているのだが、いろいろな人のインタビューが中心で、動くブルームフィールドはほとんど登場しない。そういう中身なのは判っていたからさして見る気もなく、だから輸入盤を買ったのだけれども、1度くらいは眺めておくかと思って別のことをやりながら見るともなしに見ていたら、G.E.スミスが何か喋っていた。むろん何を喋っているのかは判らない。

それにしても、パッケージがばかでかい。邪魔さ加減ではディランの "Another Self Portrait" のデラックス・エディションに匹敵する。だからそれと並べて置いてある。

続・ボブ・ディラン視聴月間(2)

いきなり番外編のような、そうでもないような。
"THE 30TH ANNIVERSARY CONCERT CELEBRATION" が第二次視聴月間の切っ掛けだから、ディラン以外のアルバムに、どうしても目が、いや、耳が行ってしまうのは致し方がない。

THE O'JAYS
EMOTIONALLY YOURS~エモーショナリー・ユアーズ~


Emotionally Yours>

タイトル曲が "EMPIRE BURLESQUE" に収められるディランの楽曲だが、このアルバムにはその R&B Version と Gospel Version が収められている。
特に Gospel Version は、あのディランのぶっきらぼうで単調な歌が、どうしてこんなソウルフルな名曲に変身してしまうのか、感動を覚える。