成子天神社(その3の下)

成子天神社(その3の上)」の続き。

成子天神社(新宿区西新宿)。

成子天神社

手前に移っている撫牛を見に行った…

成子天神社

…というわけではなく、お目当てはこれである。
文政13年(1830)の狛犬。

成子天神社 成子天神社

実に、素晴らしい。
工事中に廃棄されてしまってはいまいかと心配していたのだけれども、工事終了後、無事、復活していた。

成子天神社 成子天神社
成子天神社 成子天神社

1体のみだが、さらに古い、安永4年(1775)の狛犬。

成子天神社 成子天神社

(SONY NEX-6 + Carl Zeiss Sonnar T* E24mm F1.8ZA + Carl Zeiss Planar 50mm F1.4)
[ 2015/08/19 23:08 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

筑土八幡神社(その1)

一体何時の話だ、という気もするけれども…。
元赤城神社に行ったのだから、赤城神社(新宿区神楽坂)にも行っておこうと思って飯田橋に向ったのだが、頭の中にあったのは何故かその少し手前にある筑土八幡神社(新宿区筑土八幡町)で、辿り着いたのも当然のことながら筑土八幡神社である。
そんなことはともかくとして…。

築土八幡神社

文化7年(1810)の狛犬。

築土八幡神社 築土八幡神社

築土八幡神社 築土八幡神社

築土八幡神社 築土八幡神社

築土八幡神社 築土八幡神社

狛犬以外のものは、また今度。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2014/09/04 14:47 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

大隈講堂

暫く前に早稲田界隈をうろついた時に、ついでに立ち寄った。

早稲田大学大隈講堂(新宿区戸塚町)。

大隈講堂 大隈講堂

台座に、「早稻田大學 百年紀念 中華民國 台灣同學會敬贈」とある。東京専門学校創設の明治15年(1882)から数えれば、昭和57年(1982)製ということになる。
寄贈者からすれば、「狛犬」のつもりは毛頭なかったろうが、こうして日本の地に設置されている以上、狛犬扱いされたとしても、文句は言わないだろう。

大隈講堂

平日昼間なんかに行くと、大学生がうじゃうじゃいる…当たり前だが。だから、落ち着いて撮影するどころではない。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
[ 2014/07/06 20:14 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

元赤城神社

元赤城神社(新宿区早稲田鶴巻町)。

元赤城神社

鳥居を潜ると、小さなお社がある。

元赤城神社

狛犬。平成9年(1997)製。

元赤城神社 元赤城神社

神殿狛犬。

元赤城神社 元赤城神社
元赤城神社 元赤城神社

更に両脇に…。

元赤城神社 元赤城神社

左側の石片が何なのかは判らない。

後ろに目を転じると、先代の狛犬とその説明板がある。

元赤城神社 元赤城神社

判読しがたい箇所が多々あるが、なかなか良い文章である。要するに、空襲で被害を受けた戦災狛犬なのだが、「生々しい傷跡を残しながら身をもって傷ついた我が子を庇ってきた気丈な姿」などという文言は、感動的ですらある。
神殿の石片は、もしかしたらその時の吽行の破片なのかもしれない。むろん、確かめたわけではないが…。
「昭和初期に造られた」とあるけれども、言われなければそうも思われない。かなり出来の良い狛犬だったことが想像される。

元赤城神社 元赤城神社

住宅地の一角のごく小さな神社だけれども、見どころは盛り沢山。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2014/05/17 22:18 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

天祖神社(新宿区)

天祖神社(新宿区早稲田鶴巻町)。

天祖神社

昭和51年(1976)製…の割には、ずいぶん黒ずんでいる。

天祖神社 天祖神社

洗濯バサミに、どういう意味が…?

天祖神社

今日は、こんなところで。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
[ 2014/05/16 00:01 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

1年ぶりの西向天神社、ふたたび

東京都の高等学校書道科教員による書展」に行ったついでに、ほぼ1年ぶりになる西向天神社を訪れた。
むろん西向天神社が目的だったわけではなく、あくまでも書展のついでに立ち寄っただけである。が、ここの狛犬は、訪れてみる価値がある。
以前紹介したものではあるけれども、改めて上げておく。

西向天神社 西向天神社
西向天神社 西向天神社
[ 2014/01/11 18:11 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(4) | TB(0) |  TOP△

須賀神社(2)

須賀神社(1)」の続き。

境内に、こんな看板があった。

須賀神社

「ミニ博物館」なんていうのは何だか心惹かれるが、時間がないから次の機会に…と思って帰途に着いたのだが、この看板の近くに立っていた三十六歌仙絵の大きなパネルのことだったのかもしれない、とふと気が付いた。本当にそうなのかどうかは判らないが、パネルが博物館だとは思わないから、その写真は撮っていない。
「三十六歌仙絵」というのは、旗本大岡雲峰(1764〜1848)の絵と公卿千種有功(ありこと・1797〜1854)の書によるもので、実物が社殿内に掲げられている。調べてみると、大岡雲峰は、文化年間に文晁や抱一と並び称せられた文人画家だそうで、歌川広重に南画を教えた人らしい。

須賀神社 須賀神社

遠くて良く判らないが、左から、遍照・在原業平・山部赤人・大伴家持/伊勢・凡河内躬恒・紀貫之・柿本人麻呂である。

大黒天。

須賀神社

そして、末社の天白稲荷神社にいる享保13年(1728)製。

須賀神社 須賀神社
須賀神社 須賀神社
須賀神社 須賀神社

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2013/04/21 23:45 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

須賀神社(1)

久しぶりの時間の合間に、急に思い立って行った神社。

須賀神社(新宿区須賀町)。

須賀神社

入口鳥居からすぐにいる狛犬。

須賀神社 須賀神社

昭和35年(1760)製の典型的な「昭和」タイプだが、奉納者がちょっと気になったので上げておいた。

須賀神社

社務所を守る狛犬。昭和48年(1973)製。

須賀神社 須賀神社
須賀神社 須賀神社

この写真では、ふつうの「招魂社系」に見えるかもしれないが、招魂社系にしては、異様に小さい。
このくらいの角度だと、雰囲気が伝わるだろうか。

須賀神社 須賀神社

まだあるのだが、写真をアップロードする気力が続かないので、今回はここまで。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2013/04/21 08:50 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

1年ぶりの西向天神社

ほぼ1年前と同じく、「東京都の高等学校書道科教員による書展」にお邪魔したついでに、近くにある西向天神社に立ち寄った。
ここの狛犬はその時にも載せたが、折角なのでまた載せておく。今回は宝暦12年(1762)の写真のみにて。

西向天神社 西向天神社
西向天神社 西向天神社
西向天神社 西向天神社

(OLYMPUS PEN E-PL2 + Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4MM)

あくまでも書展が主で、これはその "ついで" である。
[ 2013/01/12 20:43 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

秋葉神社(新宿区新宿)

新宿御苑のほど近くにある、四谷消防署新宿御苑出張所…

消防署

…の隣にある神社。
秋葉神社(新宿区新宿)。

秋葉神社

こじんまりとした境内に、昭和19年(1944)製の狛犬がいる。

秋葉神社 秋葉神社
秋葉神社 秋葉神社 秋葉神社

消防署の隣に火防の神様が鎮座するというのはなかなか気が利いている。

秋葉神社

いや、火防の神様があるから、隣に消防署を建てたのか?

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/11/18 23:04 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△