警告

警告

こんなもので、お茶を濁しておく。

(SONY NEX-6 + SIGMA 30mm F2.8DN)
[ 2016/06/17 22:48 ] 旅・散策 散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

ふくろう

しばらく前に、柴又帝釈天にお参り…というような殊勝な了見ではなく、観光に行った。
かなり以前に行った時には、もっと閑散としていた印象があったのだが、ずいぶん混み合っていて、大人気観光地の様相を呈していた。むろん、参道の狭さにも混雑の一因はあるのだろうが。

その時に、参道商店街で土産に買って来た木彫りのふくろう。

ふくろう

良く見ると、胎内ふくろうがいる。何でも、外側から彫り込んでいるのだそうである。

ふくろう

(SONY NEX-6 + Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4 & YASHICA ML MACRO100mm F3.5)
[ 2015/11/07 00:16 ] 旅・散策 散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

ある案内図

あるところの集合住宅の前で見掛けた周辺案内図。

実は、どう考えてもふつう間違えそうもないところにとんでもない間違いがある。これは「北干住」よりひどいと思うのだが…。

地図
[ 2015/10/03 00:06 ] 旅・散策 散策 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

ベンチ

北十間川に掛かる源森橋(東京スカイツリーのビューポイントとして有名)を通り掛かったら、こんなものがあった。

源森橋アートベンチ

家に帰ってから調べてみたら、2011年からあったものらしいのだが、控え目な場所にあるから気づかずにいた。
そもそも、この橋を渡る時はたいてい自転車に乗っているし、見るならスカイツリーの方を見ているし、滅多に通らないし…。

これは、GTSアート環境プロジェクトのひとつ、「GTS Bench ササエル」と題するアートベンチらしい。
なお、GTSというのは、「藝大・台東・墨田」のことだそうである。アートベンチは、アートなベンチ…というのは言わずもがなだが。

源森橋アートベンチ

たしかに、人1人腰掛けられそうな窪みがある。
とは言え、周りには少なくとも目立つような所にベンチである旨の看板はなかったから、それが腰掛けるべきスペースだと容易には判断できそうにない。
それに、「そのくぼみに腰を下ろすと、三人の人間が絶妙なバランスで支えあう」という趣旨なのだそうだけれども、アートな手押し車状の2人は確かに支え合っているだろうが、坐る1人は支えられているばかりである。申し訳なくて、到底坐ることはできない。

源森橋アートベンチ

それにしてもこの2人、どうして鉄柱に向かってアートしているのだろうか。遠慮、慎みなのかもしれないけれども、何だか閉塞感がある。
設置するのにこの位置しかなかったのだとしても、せめて鉄柱に背を向けていた方が、良かったのではあるまいか。

(SONY NEX-6 + Carl Zeiss Sonnar T* E24mm F1.8ZA)
[ 2015/09/06 22:00 ] 旅・散策 散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

武者走り(昭和型)

武者走り

むろん鶴ヶ城のそれには、遠く及ばないが…。

(SONY NEX-6 + SIGMA 30mm F2.8DN)
[ 2015/02/07 23:59 ] 旅・散策 散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

おいしそうな廃墟

おいしそうな廃墟

実際のところ喰べられる実なのかどうかは判らないが…。

BGM:David CROSBY Grahm NASH "Love Work Out"…というのは、「あまたみゆる人まねのやうにかたはらいたけれど」、ここを通り掛かった時に偶々聴いていただけに過ぎない。

板橋区蓮沼町にて。

(SONY NEX-6 + SIGMA 30mm F2.8DN)
[ 2015/02/06 22:22 ] 旅・散策 散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

1912

昔々神田万世橋に交通博物館があったのだが、老朽化していまの鉄道博物館にその機能が移転された。その後長いこと跡地は何にも使われずにいたのだが、暫く前にその場所に複合商業施設「マーチエキュート神田万世橋」が建てられた。
古い建物を取り壊して新たなものを造ったのではなく、旧万世橋駅高架橋などの遺構を活かしたまま新たな施設が造られているのである。
その遺構の一つがこれなのだが、名付けて「1912階段」と言う。
万世橋駅の開業が明治45年(1912)。その時に造られた、プラット・ホームに上がるための階段で、交通博物館時代には閉鎖されていたものだが、それを利用して、新たに整備した「2013プラットホーム」に行くことができる。ほかに、交通博物館開館時に造られた「1935階段」もある。
まったく粋なことをしたものだ。

1912階段

「2013プラットホーム」では、ホームの跡だから当然のことながら、左右を通過する電車(中央線)を見ることができる。

(SONY NEX-6 + SIGMA 30mm F2.8DN)
[ 2015/02/05 11:44 ] 旅・散策 散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

ガントリークレーン

間近に見ると、実に迫力がある。

gantry crane

(Canon EOS20D + EF-S17-85mm F4-5.6IS USM)
[ 2014/09/16 23:02 ] 旅・散策 散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

マンホール

ここのところ、空き時間を専らあることに費やしていて、纏まった文章を…いや、纏まっていない文章も、書いている余裕がない。
それで、松戸駅(千葉県松戸市)附近の路上で見かけた可愛らしいが判りにくいマンホールの写真をアップして、お茶を濁しておく。
松戸とコアラに何か関係があるのか、寡聞にして知らない。

マンホール

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6)
[ 2013/11/09 11:51 ] 旅・散策 散策 | コメント(6) | TB(0) |  TOP△

消火栓

ここのところ、空き時間を専らあることに費やしていて、纏まった文章を…いや、纏まっていない文章も、書いている余裕がない。
それで、三ノ輪橋のジョイフル三ノ輪で見かけた可愛らしく判りやすい消火栓の写真をアップして、お茶を濁しておく。

消火栓

(Panasonic LUMIX DMC-LX3)
[ 2013/11/05 22:12 ] 旅・散策 散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△