『スキマの植物図鑑』

この季節になると、新入生に薦める図書というような企画を良く目にするが、なるほどと思えるような面白いものと、何だかつまらないものとがある。
個人的につまらないと感じるのは、紹介者の専門分野に特化しているもので、たとえば夏目漱石の専門家が漱石の入門書や伝記を紹介していたりするような場合なのだが、そういうものを見ると、かなりがっかりする。
役に立つには違いないのだけれども、役に立つ範囲が限定的過ぎるからである。新入生に対して、と謳うのであれば、そういう狭い範囲の知識ではなく、ものの考え方とか、視点とかを考えさせられるようなものを薦めるべきなのではないかと思う。
むろんここで漱石を上げたのはただの一例であって、源氏物語にしろ井原西鶴にしろ、専門分野についての知識を得るための書籍なら、各自が必要なものを必要な時に読めば良いのである。
執筆者が『自分の』専門分野の知識を与えるようなものは、悪いとは言えないけれども何とも興醒めである。

そんなことを書いたのは、娘の入学した高等学校の校長先生が薦めていた本がとても秀逸だったからである。

塚谷裕一『カラー版 スキマの植物図鑑』
カラー版 - スキマの植物図鑑 (中公新書)

件の校長先生、数学が専門で植物にはむしろ瞑いらしいのだけれども、都会の中で植物を発見する楽しさを味わうことを薦めていた。実に素敵な先生だと思う。

さて、「スキマの植物」というのは、アスファルトの割れ目やら屋根やらから生えている植物のことである。
すっかり忘れていたけれども、ひと昔前に「ど根性大根」なるものが話題になったことがあるが、実はかの大根が特別「ど根性」なわけではなく、スキマはむしろ、植物にとって生育しやすい環境であるらしい。だから、都会でも(だからこそ)多種多様な植物が見られるのである。

そんな「スキマ」の植物が、四季を追って紹介されている。何ということもない近所での買い物の際にでも、そんなスキマの植物を探しながら歩けば、楽しみが見つかるものである。
[ 2015/04/25 00:45 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『なんでもわかる恐竜百科図鑑』

小畠郁生・南村喬之(画)『なんでもわかる恐竜百科図鑑』(朝日ソノラマ)

なんでもわかる恐竜百貨図鑑 なんでもわかる恐竜百貨図鑑

リンクがないのには理由がある。これが新刊では買うことのできないものだからである。
表紙の絵がずいぶん懐かしく感じる方もいるかもしれないが、それもそのはず、これは昭和48年(1973)に出版された、僕が小学校低学年の頃の図鑑である。先日、「日本の古本屋」で見つけて購入した。

現在の恐竜研究の水準からすれば、この図鑑で「なんでもわかる」とは到底言うことができない。むしろ、間違った知識を植え付けられる危険性が極めて高い。
たとえば、ティラノサウルスは上の絵のとおり、ゴジラのように直立していた。本当は、ゴジラがティラノサウルスのような姿勢をしていると言った方が良いのだろうが。
ブラキオサウルスを始めとする竜脚類は、巨大な身体に掛かる負担を、水の中で生活することによって減らしていた。長い首を伸ばして水上に顔を出して呼吸をしていたのである。そのことによって、肉食恐竜から身を守ることもできた。
ほかにも、パキケファロサウルスは硬い頭を武器に頭突きをして闘っていたし、エドモントサウルスは二足歩行していた。また、多くの四足歩行の恐竜の足は、トカゲのように身体の横に突き出していたのである。長い尻尾を地面に付けて引きずって歩いていた恐竜も多かった。
今の恐竜の常識では、それらはすべて否定されている。でもそれらは、僕が子供だった頃に恐竜について持っていた知識そのものなのである。そして、比較的最近になるまでかなりの部分信じていたことでもある。

本書を買った理由は、ひとつには子供の頃の思い出、郷愁であるのだけれども、もうひとつには、素人が、科学の進歩をこれほどまでに目に見える形で実感できることも珍しいのではないかと思ったことである。
比較するためには、古いものを手に入れなければならない。が、今では恐竜の常識が大幅に変わってしまったから、こういう昔ながらの恐竜像を探そうとしても、容易には見つけることができなかった。それが漸く、見つかったのである。と言っても、然程真剣に探していたわけではないが…。

間違ってはいけないのは、ここには嘘が書かれているのではなく、当時は正しいと考えられていたことが書かれている、ということである。
正しい(と考えられている)ことは常に変化する。一昨年の恐竜博の時、ティラノサウルスに羽毛が生えていた可能性があることを知って驚いた記憶も新しいが、その後羽毛恐竜は、続々と増えているようである。最新の恐竜図鑑も、いつか笑い話のようなことになる日が来るかもしれない。

今の恐竜の知識をそれなりに持っている息子も、昔の恐竜がこんなものだったことを知って楽しんでいる。今の知識を持っていることが前提だけれども、本書はかなり興味深いものだといえるだろう。
[ 2013/08/03 23:19 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『恐竜』(続)

先日買って来た、ポプラディア大図鑑WONDA『恐竜』を、少しじっくりと見てみた。

僕が子供の頃には、恐竜はトカゲと同じような爬虫類で、冷血動物だった。首長竜も魚竜も翼竜も、当然のことながら恐竜だった。
恐竜やその仲間は白亜紀後期に絶滅してしまったが、その子孫がトカゲやヘビとして生き残った。ティラノサウルスのような恐ろしい肉食恐竜の雰囲気を感じさせるものとして、コモドドラゴンはぴったりだったし、ワニからもそんな面影を感じ取ることができた。
…というのが、当時の学問的に正しい理解だったかどうかは判らないけれども、当らずといえども遠からず、という程度には正しかったのではないかと思う。

それが、今やトカゲやワニと恐竜は系統が別だとされているし、冷血動物だということもだいぶ疑われているようだ。それが証拠に、白亜紀には北極圏や南極圏のような寒冷地にも、恐竜が生息していたことが知られている。
現在の生き物で恐竜に一番近いのは鳥類だ、というより、もっと進んで鳥類は恐竜類の一系統だというのが常識になっている。とすれば、我々は今でも毎日のように恐竜を見ているわけだし、恐竜を飼っている人も少なくないことになる。我が家にも、5頭の恐竜がいる。

そんな知識は少しずつ付いて来たのだが、所詮は後から付いたものだから、今の常識を理解し切れないところは多々あって、トカゲと恐竜は違う、ということは判っても、どう違うのか、また、どういう関係にあるのか、どうにもピンと来ないところがあった。
それが本書の、古生代に有羊膜類が単弓類と双弓類に分れて以降新生代に至るまでの系統樹があることで、恐竜の位置づけが良く判った。単なる子供向けの図鑑ではない。これだけでも、一読の価値はある。
むろん、「良く判った」と言っても他人に説明できるほど判ったわけではないので、詳しくは書かない。興味のある人は、是非本書をご覧いただきたい。

ほかに興味深いものとして、「立体恐竜図鑑」というコーナーがある。
7種の恐竜に限ってだが、良くある前と横からの図のほかに、後ろと上から見た図が載せられている。特に上から見た恐竜などというのは、ほかでは見たことがない。息子はこれを、「翼竜が見たところみたいだ」と言っていた。なかなか洒落た譬えをするものだ。

まだまだまったく見尽くせてはいないが、面白いことこの上ない。だから、当面飽きそうもない。
[ 2013/07/08 23:39 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『恐竜』

恐竜博2011」で土産に買って来たポプラディアの小冊子の出来がなかなか良かったので、その本格的な図鑑が出たら買おうとずっと思っていたのだが、それが今日の朝刊の広告に出ていたので早速買って来た。

『恐竜』(ポプラディア大図鑑WONDA)

恐竜 (ポプラディア大図鑑WONDA (7))>

最新の恐竜研究の成果、と言っても恐竜研究は日進月歩らしいから、こんな図鑑になった頃には既にもっと進んでしまっているのかもしれないけれども、一般人の目にすることのできるものとしては、十分に新しいものと言えるだろう。
詳しい内容は…と書こうと思ったのだが、この本を買って夜帰宅した時にまだ起きていた息子が、寝床に持って行ってしまった。建前としては息子への土産だから、これは致し方ない。だから、まだあまり詳しくは見ていない。
ただ、ちらっと見た限りでは、かなり期待して良い内容だろうと思う。それがたったの2100円。消費税が8%になったとしても2160円(…?)。これは、お買い得だろう。
明日以降、じっくりと見て楽しむことにしよう。
[ 2013/07/06 22:20 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(1) |  TOP△

『月の大研究』

縣秀彦監修『いちばん近くてふしぎな星 月の大研究 すがた・動き・人とのかかわり』

月の大研究

近所のこども図書館で借りて来た本。
子供向けにやさしく書かれた図鑑だが、ずいぶん役に立つことも書かれている。
たとえば、太陽暦と太陰太陽暦との違いの解説など、とてもわかりやすい。
今や、伊勢物語(4段)で1月10日頃に梅の花が咲いているのは何故? と聞かれた国文学科の学生が、「異常気象による狂い咲き」と答えるような時代である。大人でも読んでおいた方が良い。
もちろん、図鑑だから、綺麗な図版も多く入っている。難しいことを考えなくても、見ていて楽しい。
[ 2012/02/11 20:45 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『東京スカイツリー』

平塚桂『東京スカイツリー』

【東京スカイツリー公認】東京スカイツリー (サイエンス・アイ ピクチャー・ブック)

先日一家で書店に行っ時に、息子が見つけてどうしても欲しいというので買った本。とは言えまったく子供向けのものではない。
実はこの本、ちょっと前から知っていて気になっていたのだが、買うには至っていなかった。息子の要求に託けて、購入したのである。

「東京スカイツリー公認」と銘打っているだけあって、良くあるスカイツリー周辺の観光案内本とはわけが違う。
スカイツリーの構造だの、工事の様子だのが書かれている。
前に書いたとおり子供向けの本ではないが、建設中の写真も満載だから、工事車両好きの子供(大人でも)も楽しめる。

ところで、タワー好きの人には常識なのかもしれないが、対馬にオメガ電波塔というものがあって、その高さが455mもあったことを初めて知った。このオメガ塔、平成11年に解体されるまで、東京タワーを超える日本一高い建造物だったそうである。なお、オメガ塔は支線式のタワーだったから、自立式電波塔として日本一高いのは、スカイツリーに抜かれるまで東京タワーだった。

建設開始当初からウォッチを続けているような筋金入りの人には物足りないだろうが、地元住民としてちょっと薀蓄を垂れてみたい程度の人(=僕)には好適の書。
[ 2011/12/07 22:35 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『カルピス社員のとっておきレシピ』

カルピス株式会社監修『カルピス社員のとっておきレシピ』

カルピス社員のとっておきレシピ

この本、カルピス社の後押しあってのことだとは思うが、最近、あちらこちらの書店で平積みにされている。
掲載されているメニューの中には、正直なところ、美味しいのかもしれないが、だからといってこんなものにカルピスを入れることはないだろう! と思うようなものも多々ある。
…といっても、これは悪口を言っているわけではない。その証拠に、この本が、いま手許にある。

料理は、作ることはまずないと思うが、ドリンクは作るかもしれないし、デザートも、簡単なものなら子供が作りたがるかもしれない。それより何より、見ていてけっこう楽しい。それで、つい、手に取ってしまったのである。
レシピだけではなく、コラム~「カルピス」誕生の話、「カルピス」の名前の由来、水玉模様の理由…etc.~もあって、読んでいても面白い。どういう話なのかは書かない。興味のある人は買うように。

カルピスの宣伝のための本のようなものではあるが、ただ宣伝に止まっていれば、買う価値はない。レシピを無料配布すれば済むことである。が、これは、ただ宣伝に止まってはいない…かどうかは個々人が判断すべきことだが、ぼくは、買った。

でも、これがカルピスじゃなくて別のものだったら、そんなに興味を惹かれることはなかったろう。それだけ、カルピスが日本人の生活の中に浸透している、ということなのだろう。
[ 2011/07/28 23:36 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

『散歩で見かける草花・雑草図鑑』

写真:鈴木庸夫 解説:高橋冬『散歩で見かける草花・雑草図鑑』
散歩で見かける草花・雑草図鑑

先日、神田三省堂に立ち寄ったら、エスカレーター脇のスペースに平積みにしてあったので手に取った。
その辺に咲いているような花が写真入りで載っているから、けっこう楽しめるだろうと思って購入した。
お陰で、我が家で何もしないのに毎年生えて来ては花の咲く草がアガパンサスという名だということが判ったりして、なかなか楽しい。

帰りがけに、売り上げランキングが貼り出してあるのを見たら、ノンフィクションの6位に入っていた。
他の書店では、そんなに売れているわけもなく、何故そんなに入れ込んでいるのか? と思って、家に帰って見てから気付いたのだが、創英社/三省堂書店の発行だった。なるほど。

でも、散歩の時に草花が気になる人にはおススメ。
[ 2011/07/14 22:32 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『電車は顔』

五十川晋一『電車は顔 歴史に残る名車両の軌跡
電車は顔 歴史に残る名車両の軌跡

この本の何が素晴らしいと言って、ただひたすら、電車の顔のイラストが羅列してあることである。
説明は、型番と年代くらい。どの路線で使われていたか、とか、その車両にはどんな特徴があるか、などという類いの軟弱な解説はほとんどない。徹頭徹尾、顔・顔・顔である。側面から見た図すら皆無に近い。

「春は曙」…これを橋本治は「春って曙よ!」と訳す。「いとをかし」の省略などではなく、春は「曙」なのである。
それに倣って言えば、電車は「顔」である。言い換えるならば、「顔」こそが電車である。電車の最も特徴的なるところ、電車の電車たる所以、それが「顔」なのである。本書には、そういう哲学がある。

電車の顔マニアの人なら、絶対に持っていなければならない一冊…とは言え、僕は電車の顔マニアではないから買わなかった。
でも、前述のような軟弱な解説が付いていれば、思わず買ってしまっていたかもしれない。危ない危ない。
[ 2011/06/17 23:43 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△