讃岐金刀比羅宮東京分社

讃岐金刀比羅宮東京分社(文京区本郷)。

金刀比羅宮

先日、三崎稲荷神社に行ったついでに、折角だからと思ってこの神社にも立ち寄った。

金刀比羅宮

手水場の掃除…というより、改修というレベルの作業をされていた。それで、狛犬には(特に阿行には)近寄れず…。神社を巡っていると、いろいろなアクシデントに出会うものである。まぁ、珍しい光景が見られたから良しとしよう。

金刀比羅宮 金刀比羅宮

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2013/02/25 22:35 ] 狛犬 東京/文京 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

吉祥寺(その2)

吉祥寺(その1)」の続き。

参道脇に鐘楼がある。

吉祥寺

その鐘楼の裏手に、古い経蔵がある。
この経蔵は、貞享3年(1686)に建造したものが、安永7年(1778)年に焼失。焼け残った礎石を基に、文化元年(1804)に再建されたものという。都内に残る江戸時代建造の唯一の経蔵だそうで、文京区指定有形文化財になっている。

その経蔵の前に、虎がいる。

吉祥寺 吉祥寺

弘化4年(1847)製。
虎だけに、縞模様が刻んである。

吉祥寺

それで、経蔵はと言うと、鬱蒼とした木に覆われていて、こんな写真しかない。

吉祥寺

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/07/08 21:45 ] 狛犬 東京/文京 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

吉祥寺(その1)

吉祥寺と言っても、住みたい町のアンケートで不動の人気を誇るあの町、のことではない。
文京区本駒込にある曹洞宗の寺院、諏訪山吉祥寺である。

吉祥寺

とはいえ、あの町と無縁なわけではない。
17世紀の中頃、江戸の度々の大火を切っ掛けに、諏訪山吉祥寺の門前の住人たちが、武蔵野に移住して開拓した。つまり、この諏訪山吉祥寺が、吉祥寺の地名の由来となったのである。
ところで、僕はこの寺を、ずっと「きっしょうじ」だと思っていたのだが、(そして、改めていろいろ検索してみても、「きっしょうじ」と紹介しているサイトは少なからずあるのだが、)文京区のホームページで「きちじょうじ」と訓んでいるから、それが正しいのだろう。

お七吉三比翼塚。

吉祥寺

ここが八百屋お七と吉三が出会った寺だからなのだが、実はそれをここ吉祥寺とするのは西鶴の創作によるもので、史実ではないらしい。

さて、この寺にいる狛犬。

吉祥寺 吉祥寺 
吉祥寺 吉祥寺

口の中に、玉がある。

吉祥寺

噛み付いてぶら下がっている子獅子。

吉祥寺

そんなに引っ張ることもないけれど、ネタを小出しにする。「吉祥寺」の項、続く。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/07/03 18:11 ] 狛犬 東京/文京 | コメント(0) | TB(1) |  TOP△

南谷寺

南谷寺(文京区本駒込)。

南谷寺

寺の名前でピンと来ない人には、江戸五色不動の内「目赤不動尊」と言った方が通りが良いかもしれない。

南谷寺

もっとも、目黒不動尊は知っていても、そのほかの四色(白・赤・青・黄)は知らない人もいるとは思う。それに、目黄不動尊と称する地には、複数の候補があるらしい。

それはそれとして、ここ目赤不動尊には、なかなか品の良い狛犬がいる。

大正6年(1917)、石匠 酒井龍泉刻。
この「酒井龍泉」は屋号のようで、別の箇所に、「石匠井龍泉 酒井勝太郎 同喜太郎」とも刻まれている。

南谷寺 南谷寺
南谷寺 南谷寺

言うに言われぬ気品がある。それで、結構人気がある(…たぶん)。背景が、一寸残念だけれども…。

狛犬の手前にある恵比寿神像。

南谷寺

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/07/02 23:00 ] 狛犬 東京/文京 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

白山神社

白山神社(文京区白山)。

かなり有名な狛犬で、多くの方が紹介されているものではあるけれども、折角久しぶりにお参りしたのだし、屋下に屋を架すことを承知で掲載しておく。

安永9年(1780)製。

文京区白山 文京区白山

定期的に眼に金を入れているらしく、何時行っても光っている。
口に朱を入れている狛犬は珍しくないが、ここまで眼の光っている狛犬は、多くはない。

文京区白山 文京区白山 
文京区白山 文京区白山

末社稲荷にいる狐。
古そうなもので、なかなか良い。

文京区白山 文京区白山

(OLYMPUS PEN E-PL2 + Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/07/01 22:22 ] 狛犬 東京/文京 | コメント(4) | TB(0) |  TOP△

瑞泰寺・秋葉神社そのほか~白山・本駒込界隈

とてつもなく中途半端な空き時間があったので、十数年ぶりに白山~本駒込界隈をぶらついた。
その時に見かけた、何だこれ? というものなど。

瑞泰寺(文京区向丘)。

瑞泰寺 瑞泰寺

門柱の上に象がいる。牙なしと牙ありで雌雄を表しているようだし、何より対になっているのだから、「狛象」といって良いだろう。
これは珍しい…のは確かなのだけれども、それ以上のものではない。

秋葉神社(文京区向丘)。

秋葉神社

これだけの神社である。…で、何か用がある時には、横山さんに電話すれば良いらしい(下4桁は隠した。)。

横山さん

とある商店(文京区白山)。

商店

なんだか良く判らないけれども、特売中らしい。

特売中

適当なところで、お茶を濁しただけである。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6)
[ 2012/06/30 23:39 ] 狛犬 東京/文京 | コメント(4) | TB(0) |  TOP△