中秋の名月2016

アップするのが1日遅れたけれども、昨日の月。
小雨、曇りの天気だったけれども、夜には良く晴れた。

中秋の名月

(Canon PowerShot SX50 HS)
[ 2016/09/16 22:48 ] 自然・季節 自然 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

十三夜

今日10月25日は旧暦9月13日、すなわち今夜は十三夜である。

十三夜

十五夜が雲間の月で、うまいこと写真を撮れなかったので、十三夜に撮って見た。

(Canon PowerShot SX50 HS)
[ 2015/10/25 23:11 ] 自然・季節 自然 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

皆既月食2014

2011年12月以来の皆既月食。

この時は夜の11時過ぎに皆既月食になったのだが、今日は7時25分からだから、無理なく観察することができる状況である。
もっとも、早ければ早いで、帰宅できない可能性があり、天気予報も夜は曇りとなっていたから、観測できるかどうか、微妙なところではあった。
が、天気は何とかもち、運良く7時前に帰宅できたので、途中からだが、久しぶりの天体ショーを見ることができた。

皆既月食

既に半分くらい欠けている。

皆既月食

撮影のためと思われるヘリコプターが飛んでいた。いっしょに収めてみたけれども、判りづらいことは否めない。

皆既月食

欠けは段々大きくなって行き…

皆既月食

いよいよ。

皆既月食

皆既月食の際に現われる、赤っぽい月。ブラッドムーンと称される。

この直後、月の軌道を雲が覆い、今回の月食はthe end。

(SONY NEX-6 + MC3M-5CA500mm F8)
[ 2014/10/08 23:18 ] 自然・季節 自然 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

雪、その4

そろそろこのあたりで止めることにするが、昨日、僕が留守の間に小3の息子がカメラを持ち出して写真を撮っていた。
何だか良く判らないが、僕なら撮ることはないだろう不思議な感じだったので、上げておくことにする。

雪

(Panasonic LUMIX DMC-LX3)
[ 2014/02/10 23:12 ] 自然・季節 自然 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

雪、その3

予報で言われていた「20年ぶりの大雪の可能性」どころではなく、27cmの積雪というのは45年ぶりなんだそうだ。
そういえば、僕が小さい頃の写真で、家の周りに雪が高く積もったものを見た覚えがある。きっとあれがその45年前だったんだろう。

まずは朝一、都知事選の投票所に向かう。

雪

雪国か!

妙に凝った雪ダルマ?

雪

投票所の小学校の隣の公園。

雪

ん?

雪

今日の日にちなんで…。

雪

雪掻きの成果…僕じゃないけど。

雪 雪

お疲れ様でした。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
[ 2014/02/09 22:02 ] 自然・季節 自然 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

雪、その2

掻いても掻いてもなくならない雪。
滅多にあることではないから良いとして…。

雪 
雪 
雪

土曜日だと、隣近所の会社が雪掻きをしてくれないから、我が家の前だけ掻いても何だか片手落ちな感がある。
路面凍結は必定だ。明日は仕事で、選挙なのだけれども…。

(Panasonic LUMIX DMC-LX3)
[ 2014/02/08 17:37 ] 自然・季節 自然 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

東京では20年に1度の大雪の可能性があるそうである。

雪 
雪 
雪

交通機関も混乱中。

(Panasonic LUMIX DMC-LX3)
[ 2014/02/08 10:50 ] 自然・季節 自然 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

月の地形図

国土地理院のホームページに公開されている「月の地形図」が非常に興味深い。

国土地理院、月周回衛星「かぐや」のデータを元にした月の立体地図を作成

国土地理院は12月13日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の月周回衛星「かぐや(SELENE)」の観測により得られた月のデータを元にした新たな月の地形図を作成したことを発表した。

今回の提供が開始された地形図は、かぐやに搭載されたレーザ高度計(LALT)を用いて取得された各観測地点の高さデータなどを活用したもので、アジア航測の千葉達朗氏に依頼し、同氏が開発した赤色立体地図の手法を用いて作成された「赤色立体地図」だ。

このほか、「平射図法(陰影なし/あり、濃い色、英語版)」、「メルカトル図法」、「ハンメル図法」、「正距円筒図法」が、(画像形式は同Webサイトにて表示する場合はGIF形式またはPNG形式、ダウンロードする場合はTIFF形式で、いずれも25dpi/50dpi/100dpi/200dpi/400dpi/800dpiのサイズ)提供されているほか、既存データとの比較地図や余色立体メガネをかけて見ることで立体的に見える「余色立体図」、A0判に合わせてレイアウトされたデジタルデータや月の回転動画なども提供されている。(マイナビニュース)


個人的には、メルカトル図法が面白かった。見慣れた方法で、見慣れないものが描かれているからである。ほかの人が面白いと思うかどうかは判らないが…。
一番の売りと思われる「自由に回転させることができる月球儀のような全球の赤色立体地図」は確かに面白い。重いけど…。
「余色立体図」は、余色立体メガネで見ると立体に見えるらしい。さすがに、立体メガネを自作して見るほどの気力はないけれど…。
[ 2013/12/14 14:50 ] 自然・季節 自然 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

雨粒

塗り直したばかりのベランダに、久しぶりの雨が当たって模様のようになっていた。
まったく意味はないのだが、少し経てば防水性能が落ちてこんなふうにはならなくなるだろうから、撮っておくことにした。
撮ってみると、面白くないこともない。それで、意味もなくアップする。

雨

(OLYMPUS PEN E-PL2 + YASHICA ML MACRO100mm F3.5)
[ 2012/09/01 17:59 ] 自然・季節 自然 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

金環日食

ありきたりだが、備忘のために書き留めておく。

周知の通り、前回の金環日食は1987年9月23日、次回は2030年6月1日で、しかも前回のは沖縄、次回のは北海道だから、よほどのことがない限り、今回が一生に一度の体験になるだろう。
昨日来の天気予報があまり良くなく、実際、朝から生憎の曇天で諦めの気持ちもあったのだが、時々雲が掛かるくらいで、「世紀の天体ショー」を楽しむことができた。
さらに幸いなことに、金環日食が比較的早い時間に起こったお陰で、僕は出勤前に見ることができた。息子も小学校に行く前の時間、娘はふつうなら通学途中の時間帯なのだが、今日はたまたま運動会の代休だった。それで、家内を併せて家族4人で見ることができたのである。

ところで、昨日の夕方頃、新宿にある量販店に立ち寄ったところ、日食グラスが売り切れになっていた。そういう物理的な理由で今回の日食が見られなかった方もいるのだろうが、我が家には3枚あったので、余裕を持って見ることができた。
もっとも、買ったのは1枚しかない。
4月頃、近所の量販店に行った時に息子が欲しいと言うので買った1枚のほか、割に最近、父が我が家に来た折、孫への土産として持って来てくれたものが1枚、先日、娘が学校で配られて貰って来たものが1枚である。
父の土産のものが一番見えにくく、次いで我が家で買ったもの、一番良く見えたのは娘が貰って来た手作りに近いようなものだった。
これは言い換えれば、減光性能の高い順、ということになるわけで、見易かったのが良いものなのかどうかは微妙なところである。あるいは曇りがちだからこその結果で、快晴であれば、もしかしたら父の土産が一番良かったのかもしれない。

もとよりどうでも良い話である。
[ 2012/05/21 22:36 ] 自然・季節 自然 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△