『地下鉄のできるまで』

電車好きの子供に特にお勧めの1冊、その4。

加古里子『地下鉄のできるまで』

地下鉄のできるまで (みるずかん・かんじるずかん―銀の本)

これまでに幾つか、ちょっとマニアックな子供向けの鉄道の本を紹介して来たが、これはそれらに増してマニアックである。
この本の何が良いと言って、地下鉄の本なのに、電車がほとんど走らないことである。何しろ、「地下鉄のできるまで」の本だから、地下鉄の話ではなくて、地下鉄のトンネルを掘る話なのである。

地下鉄のトンネルを掘るのには、大きく分けて開削工法とシールド工法がある。
この本には、それぞれの工法の工事の進め方が詳細に描かれている。
開削工法では、工事が進むにつれ、作業する車両の種類が変化して行くのが面白い。
シールド工法では、シールド掘削機の組み立て方や各部の説明など、異常なまでに細かいことが描かれている。
また、そのほかの特殊な工法についての説明まである。
むろん、細かいところは飛ばして読んでも支障はないから、子供に読み聞かせる場合、着いて来られないようなら省略しても構わない。

地下鉄に乗っていると、トンネルの丸いところと四角いところがある。子供のみならず、僕も気になっていたのだが、これがトンネルを掘る工法の違いによるものらしいことを、この本によって知った。
地下鉄の線路に上り下りの坂があることには気づいていたが、それにも合理的な理由があった。

この著者の特徴だが、一見関係なさそうなところまで、細かく描き込まれているのも実に楽しい。たとえば、地下鉄工事起工式をやっている場所の隣のビルの屋上で体操をしている人がいたりすることなど。

子供はとても興味を持って喜んで読んでいるが、大人でも、地下鉄の電車をどこから入れるのか気になって寝られなくなっちゃうような人にはおススメめの本。

なお、余談だが、都営地下鉄新宿線の工事の最中に、現在の浜町駅(東京都中央区)の附近で、ナウマン象の化石が発掘された。これは、この本に書いてあることではないが…。
[ 2011/10/30 21:12 ] 本と言葉 子供の本 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

葛西神社

葛西神社(葛飾区東金町)。

拝殿の前に、一対の狛犬。

葛西神社

かなり大型のものである。

葛西神社 葛西神社

末社・諏訪神社前の狛犬。

葛西神社 葛西神社
葛西神社 葛西神社

裏手にある、「富士神社参道」の標識。

葛西神社

そして、その参道と、富士山。

葛西神社 葛西神社

この神社には、ずいぶん古いものがある。
左は、鍾馗石像。説明板によれば、元禄8年(1695)のもの。右は、良く判らないが、古いことは間違いない。

葛西神社 葛西神社

裏手の、施錠してある出口の前に、鳥居がある。
この鳥居、宝暦13年(1763)年のもの。その後ろに少し見えている灯燈(案内板のママ)は宝暦8年(1758)のものである。

葛西神社

そして、鳥居の手前に見えている狛犬。こちらは宝永3年(1760)製である。

葛西神社 葛西神社
葛西神社 葛西神社

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4MM)
[ 2011/10/29 17:17 ] 狛犬 東京/葛飾 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

『はしるはしるとっきゅうれっしゃ』

横溝英一つながり。
電車好きの子供に特にお勧めの1冊、その3。

横溝英一『はしるはしるとっきゅうれっしゃ』

はしるはしるとっきゅうれっしゃ (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)

これまでに紹介して来たこの著者の本(『チンチンでんしゃのはしるまち』『やまをこえるてつどう』)の中では、一番ふつうの電車の本と言えるかもしれない。
特急スーパーあずさが、新宿を出て松本まで行く話。

ただし、随所に細かい説明があることは、他の二書と同じである。通勤列車と特急列車の車両の違いとか、鉄橋のトラスとか、坂道の標識とか…。
貨物列車とすれ違うところでは機関車の説明が、小淵沢で小海線が分岐するところでは、気動車(ディーゼル・カー)の仕組みの説明がある。

むろん、そういう説明とは関係なく、電車好きの子供なら楽しめるだろう。純粋に電車を見るのが好きなだけなら、前二書よりも、かえって楽しめるかもしれない。
[ 2011/10/28 22:08 ] 本と言葉 子供の本 | コメント(4) | TB(0) |  TOP△

『やまをこえるてつどう』

電車好きの子供に特にお勧めの1冊、その2。

横溝英一『やまをこえるてつどう』

月刊 かがくのとも 2008年 06月号 [雑誌]

関東圏在住の者としては、「やまをこえるてつどう」と言えばどうしても箱根登山電車なのだが、これは肥薩線をモデルにした、「やまをこえるてつどう」の本。
先に紹介した『チンチンでんしゃのはしるまち』と同じ著者が書いただけのことはあって、この本もなかなかマニアックである。
山を登って下りて、隣の町の駅に行くだけの話なのだが、軽く気動車(ディーゼル車)の説明をするところから始まって、スイッチ・バックやループ線の説明とか、さらには「30/1000」(1000mm進む内に30m登る)などという坂の勾配の説明まである。

惜しむらくは、(これは「月刊かがくのとも」なのだが、)『チンチンでんしゃのはしるまち』のように単行本化されていないことである。もし、大きな書店などでバック・ナンバーが残っているのを見つけたら、迷わず「買い」である。
[ 2011/10/27 22:22 ] 本と言葉 子供の本 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『チンチンでんしゃのはしるまち』

息子(小学1年)のお気に入りの本の中から、電車好きの子供に特にお勧めの1冊。

横溝 英一『チンチンでんしゃのはしるまち』

チンチンでんしゃのはしるまち (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)

この本の何が良いと言って、ありふれた、ただ電車が走るだけの話ではないところである。
もちろん、電車は走るわけだが、まず、始発電車が走り始める前の車両の点検から話が始まる。
走り出してからも、電車がポイントで曲る仕組みが説明されていたり、雪の時に坂道を走るための砂撒き専用電車のことが書かれていたり、長崎電気軌道の取材協力にも要因があるのだろうが、かなりマニアックなところがある。
子供は(特に男の子は)、そういう細かい仕組みに、興味を持つことが多いものである。

買い与えたのはかれこれ2~3年前のことになるが、今でも面白がって読んでいる。いや、大人が読んでもなかなか面白い。
[ 2011/10/26 19:46 ] 本と言葉 子供の本 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

今日の成子天神社

本当は別のネタを書こうと思っていたのだが、今日立ち寄った成子天神社(新宿区西新宿)の様子を見て、これを書いている。
境内に入ると、何だかずいぶん大々的に工事中。あちこちに、解体された瓦礫も散在する。

成子天神社

調べてみると、再生プロジェクト(高層マンション計画)が進行中らしい。
さて、文化13年の命運やいかに?!

大島稲荷神社

大島稲荷神社(江東区大島)。

境内に入ると、まずは芭蕉句碑と俳聖松尾芭蕉翁像。

芭蕉句碑 芭蕉像

すぐ右を見ると、末社の佐竹神社。
上の芭蕉句碑を見ると判るように、この神社の宮司が佐竹氏だから、それと関係があるのだろう。

佐竹神社

狛犬。あるいは、元は獅子山だったのかもしれない。

佐竹神社 佐竹神社
佐竹神社 佐竹神社

ほかに、いろいろなものがいる。
牛と、その牛に寄り添う牛と、三猿。

牛 牛 三猿

社殿に向かって進むと、けっこう大型の狛犬。

大島稲荷神 大島稲荷神
大島稲荷神社 大島稲荷神社 大島稲荷神社 大島稲荷神社

稲荷神社だけに、社殿の一番近くにいるのは狐。

大島稲荷神 大島稲荷神

社務所の前にも狛犬。

大島稲荷神社 大島稲荷神社

社務所の前だけに、あまり落ち着いて観察もできなかったが、かなり古そうなものである。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4MM)
[ 2011/10/24 20:59 ] 狛犬 東京/江東 | コメント(4) | TB(0) |  TOP△

東大島神社

東大島神社(江東区大島)。

まず、狛犬。
なかなか迫力がある。阿行は、それほど口を開いてはいないが、吽ではない。

東大島神社 東大島神社
東大島神社 東大島神社

この神社、間違いなく過去に行ったことがあるのだが、何故かまるで記憶にない。
けれども、見るべきところのない神社なのかというと、まったくそういうことはない。
古いものいろいろ。
左から、庚申塔(天明7年-1787-)、豊栄(とよさか)社(文化2年-1805-)、六角石塔(文政6年-1823-)。

東大島神社・庚申塔 東大島神社・豊栄社 東大島神社・六角石塔

(OLYMPUS PEN E-PL2 + Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4MM)
[ 2011/10/23 21:12 ] 狛犬 東京/江東 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

『羊飼いの指輪』

ロダーリ『羊飼いの指輪―ファンタジーの練習帳』

羊飼いの指輪――ファンタジーの練習帳 (光文社古典新訳文庫)

以前、『猫とともに去りぬ』を紹介した、ジャンニ・ロダーリの作品。

嘘をつく度に鼻が伸びるピノッキオ。次々に嘘をついて鼻を伸ばしては伐り、それを材木として売って大金持ちになったのだが…。(「ぬけめのないピノッキオ」)
惑星ボルトに暮らしている幽霊が、誰も驚いてくれないことに困り果てて地球への移住を決意する。シーツをはためかせながら地球へと旅立って行った幽霊たちは…。(「哀れな幽霊たち」)
etc.…。

収められている20篇の物語には、それぞれ3つの結末が書かれている。「練習帳」などと言うと、堅苦しい学習教材のように思えてしまうかもしれないけれども、これは、いろいろな結末の中から、自分の好きな結末を考えて、想像を膨らませて楽しむためのもの、あるいは、楽しむ練習をするためのもの、である。

強いて難点をあげれば、巻末の「著者の結末」で、特定の結末に対して「間違っている」「不条理だ」「あり得ない」などと言われていたり、予定調和的な結末が良しとされていたりするのを見ると、少々興醒めな気がしないこともない。
が、ロダーリは結末の好き嫌いを言っているだけで、読者にそれを押しつけているわけではない。ロダーリの選んだ結末が気に入らなければ、読者は自分の好きな結末を選べば良いのである。

「ファンタジー」と銘打っているだけに、子供が読んでも楽しめるようなものが多いけれども、極悪非道の科学者を描く「ドクター・テリビリス」、夜になると聞こえて来る泣き声に導かれて世界中を歩き回る老紳士の物語「夜の声」、アルデバラン星人を乗せたタクシーの運転手の冒険譚「空へ向かうタクシー」など、『猫とともに去りぬ』に通じるようなアイロニーに満ちた作品もある。

どちらか一冊、と言われれば『猫…』を選ぶが、本書もなかなか捨てがたいものであるのに違いない。

柴崎神社

柴崎神社(我孫子市柴崎)。

我孫子市のホームページによれば、「日本武尊が武運長久を祈願したといわれ、平将門も祈願所として崇敬篤かった」という、由緒ある神社である。
古くは妙見社と呼ばれていたそうで、昨日紹介した北星神社と同じく、妙見信仰に関わりがある。
そのため、手水舎に亀がいる。

柴崎神社 柴崎神社

その周りにも数多くの亀が…。ただし、対になっているものはないようで(注)、狛亀ではない。

柴崎神社 柴崎神社 柴崎神社

境内に入ると、昭和がいる。
昭和にしては大型で、ちょっと個性的である。

柴崎神社 柴崎神社

柴崎神社

社殿前の狛犬。

柴崎神社 柴崎神社
柴崎神社 柴崎神社

その場では見逃していたのだが、吽行の台座に「天保」の文字が見える。かなり古い狛犬である。
もちろん、古いだけでなく、なかなか風情のある狛犬である。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4MM)
[ 2011/10/21 20:45 ] 狛犬 千葉 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△