附箋を剥がす(3)

附箋を剥がす(2)」と同じく、本に貼った附箋を剥がすために書き留める。附箋を剥がすのが目的だから、それでどうだということはない。

『芥川龍之介全集5 小説五』(岩波書店、昭和30年)より。

【回漕店】

風邪がすっかり癒った後でも、赤帽と云ふ言葉を聞くと、千枝子はその日中ふさぎこんで、口さへ碌に利かなかつたものだ。さう云へば一度なぞは、何処かの回漕店の看板に、赤帽の画があるのを見たものだから、あいつは又出先まで行かない内に、帰つて来たと云ふ滑稽もあつた。(『妙な話』)


文脈からだいたい見当が付くが、聞いたことのないことばなので附箋を貼っておいた。が、だいたい見当が付くだけに、調べもせずにそのままになっていた。『日本国語大辞典』によれば、「荷送人と海運業者との間に立って、貨物運送の取次を業務とする店。回漕問屋。廻漕問屋。」のことで、「廻漕店」とも。

【御出て】

「ええ、肺炎になりましたものですから、――ほんたうに夢のやうでございました。」
「それも御出て匆匆にねえ。何と申し上げて好いかわかりませんわ。」(『母』)


これは何だということもないのだが、「御出て」が気になったので貼っておいたものである。

【美しい顔】

「いや、美しいと云ふ事は、この島の土人も知らぬではない。唯好みが違つてゐるのぢや。しかし好みと云ふのも、万代不変とは請合はれぬ。その証拠には御寺御寺の、御仏の御姿を拝むが好い。三界六道の教主、十方再勝、光明無量、三学無碍、奥奥衆生引導の能化、南無大慈悲大非釈迦牟尼如来も、三十二相八十種好の御姿は、時代毎にいろいろ御変りになつた。御仏でももしさうとしれば、如何か是美人と云ふ事も、時代毎にやはり違ふ筈ぢや。都でもこの後五百年か、或は又一千年か、兎に角その好みの変る時には、この島の土人の女所か、南蛮北狄の女のやうに、凄まじい顔がはやるかも知れぬ。
「まさかそんな事もありますまい。我国ぶりは何時の世にも、我国ぶりでゐる筈ですから。」
「所がその我国ぶりも、時と場合では当てにならぬ。たとへば当世の上臈の顔は、唐朝の御仏に活写しぢや。これは都人の好みが、唐土になずんでゐる証拠ではないか? すると人皇何代かの後には、碧眼の胡人の女の顔にも、うつつをぬかす時がないとは云はれぬ。」(『俊寛』一)


何かの時に使えるかもしれないと思って貼っていた。が、ただ貼っているだけでは、貼っていること自体を忘れてしまうものである。

【押すぢやあ】

しかしトロツコは二三分の後、もうもとの終点に止まつてゐた。
「さあ、もういちど押すぢやあ。」
良平は年下の二人と一しよに、又トロツコを押し上げにかかつた。(『トロツコ』)


『トロツコ』は、「小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まつた」時の話。横浜(南部)育ちの僕に馴染の深い「じゃん」と関係のある方言なのかと思って貼ったのだが、貼っただけでそのままになっている。

【に・を】

いや――、失礼は赦して下さい。(微笑)伴天連のあなたを疑ふのは、盗人のわたしには僭上でせう。しかしこの約束を守らなければ、(突然真面目に)「いんへるの」の猛火に焼かれずとも、現世に罰が下るはずです。(『報恩記』阿媽港甚内の話)

町は勿論とうの昔に人通りを絶つてゐましたが、星ばかりきらめいていた空中には、小やみもない風の音がどよめいています。(同)


「に」と「を」の使い方が気になったので貼っておいたのだが、まだ何も考えていない。

附箋はまだまだ貼ってある。

附箋を剥がす(2)

附箋を剥がす」と同じく、本に貼った附箋を剥がすために書き留める。附箋を剥がすのが目的だから、それでどうだということはない。

ちくま日本文学『坂口安吾』(ちくま文庫)より。

【に】

これまで度々、いろいろな「に」の使い方について書いて来たが、その一環。

この珍奇なる部落は、人種、風俗、言語において西欧の全人種に隔絶し、実に地球の半回転を試みてのち、極東じゃぽん国にいたって初めて著しき類似を見出すのである。(「風博士」)

客がそう読んで長居をてれるからおかしいので父は面白がっていたが、今では私がたった一つ父の遺物にこれだけ所蔵して客間にかけている。(「石の思い」)

私が先生をやめたとき、お別れするのは辛いが、先生などに終ってはいけない、本当によいことです、と云って、喜んでくれて、お別れの酒宴を開いてうんとこさ御馳走をこしらえてくれた。(「風と光と二十の私と」)

「どうして親父をこまらしたんだ」
「だって、癪だもの」
「本当のことを教えろよ。学校から帰る道に、何かやったんだろう」(「風と光と二十の私と」)

しばらく家をあけ、外で酒を飲んだり女に戯れたり、時には、ただ何もない旅先から帰って来たりする。(「日本文化私論」3)



【へ】

ここはむしろ、「に」とある方がふつうなように思う。

この草原の木の陰は湿地で蛇が多いのでボクサーは蛇をつかまえて売るのだと云って持ち帰ったが、あるとき彼の家へ遊びに行ったら、机のヒキダシへ蛇を飼っていた。(「風と光と二十の私と」)



【嬉しまぎれ】

「悔しまぎれ」「苦しまぎれ」は良く聞くが、「嬉し」というプラス表現に「まぎれ」の付く例を、初めて見た(と、思っていた)。

と、この言葉はなるほど語気は弱かったが、いつにも似ない頑強な攻勢を窺うことができたのである。恐らく彼は嬉しまぎれに後のたたりも忘れているに違いない。(「村のひと騒ぎ」)


改めて『日本国語大辞典』を見ると、中勘助の『銀の匙』、里見惇の『桐畑』の例が引かれている。『銀の匙』なら間違いなく読んでいる。が、漫然と読んでいると、記憶に残らないものである。


【電髪嬢】

特別に意味はないが、その時代を感じさせることばだと思って附箋を貼ったもの。

そのくせ、タウトの講演も、アンドレ・ジッドの講演も聴きに行きはしないのである。そうして、ネオン・サインの陰を酔っ払ってよろめきまわり、電髪嬢を肴にしてインチキ・ウイスキーを呷っている。(「日本文化私論」1)


「でんぱつじょう」と読む。言うまでもないが、パーマをかけた女性のことである。

中村雀右衛門(訃報)

歌舞伎俳優の中村雀右衛門さん死去 91歳」(朝日新聞デジタル)

戦後の歌舞伎界を代表する女形で人間国宝、文化勲章受章者の中村雀右衛門(なかむら・じゃくえもん、本名青木清治〈あおき・きよはる〉)さんが23日午後3時55分、肺炎のため死去した。91歳だった。葬儀は未定。長男の大谷友右衛門さん、次男の中村芝雀さんも歌舞伎俳優。

東京生まれ。父は六代目大谷友右衛門。1927年、大谷広太郎を名乗り初舞台を踏み、戦後、立ち役から女形に転じた。48年に七代目大谷友右衛門を襲名。「佐々木小次郎」(50年)などの映画や関西歌舞伎でも活動した。

64年9月、歌舞伎座で四代目雀右衛門を襲名。「助六」の揚巻や「金閣寺」の雪姫、「二人椀久」の松山など幅広い代表作を残し、女形舞踊の「京鹿子娘道成寺」の白拍子花子は生涯の当たり役だった。


訃報:中村雀右衛門さん 91歳=歌舞伎俳優」(毎日jp)
訃報:中村雀右衛門さん 「女形の美」を大成」(毎日jp)
品格と情の女形、中村雀右衛門さん死去」(YOMIURI ONLINE)
人間国宝の女形、中村雀右衛門さんが死去」(msn産経ニュース)

劇場で歌舞伎を見ることが無くなって久しいが、雀右衛門の『京鹿子娘道成寺』は文字通り息を飲む演技で、今でも鮮烈な印象が残っている。

冥福をお祈りする。
[ 2012/02/23 22:28 ] 古典芸能 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

亀戸天神にお参り。

ほとんどの木が1~2分咲きというところだったが、一部、ずいぶん咲いているものもあった。

亀戸天神

紅梅は、平安時代になって輸入された。だから、それ以前に親しまれていたのは白梅である。
平安時代でも、「木の花は、濃きも薄きも紅梅。」という枕草子の例はあるものの、それはむしろ例外で、少なくとも文学の上では、白梅の方が愛好されていたと思しい。

亀戸天神 亀戸天神

白梅は、当然のことに白いから、雪に譬えて詠まれることがある。それは、万葉集も平安以降も共通である。
が、万葉集には、平安以降には珍しくない、

 「色よりも香こそあはれと思ほゆれ誰が袖触れし宿の梅ぞも」(古今集33・詠人知らず)

というような、梅の香りが詠まれることはほとんどないようである。
懐風藻にはあるから、漢詩的な趣向で、和風の感覚ではなかったのかもしれない。なお、菅公も「東風吹かば…」の歌で「匂ひおこせよ」と詠んでいる。

それはそれとして、紅梅殿。

亀戸天神

船橋屋で、季節限定の「飛梅あんみつ」を食して帰宅。

(Panasonic LUMIX DMC-LX3)

天祖神社(江東区東砂)

天祖神社(江東区東砂)。

この神社、20年近く前からその存在を知っていて、良さそうな狛犬がいることもうっすら気づいていたのだが、バスに乗って通り過ぎるだけで、入ったことがなかった。
先日、ちょっとだけ時間があったので、自転車で出掛けてみた。

天祖神社

明治28年(1895)製。

天祖神社 天祖神社 
天祖神社 天祖神社

奥まったところに、バスからでは見えない末社があった。水神大神・龍神大神。

天祖神社

水神だからか、カエル。

天祖神社

そして、1対の小さな狛犬。
ふつう、小さな狛犬は、ただ置かれているだけで、持ち去られたりしかねないのだが、これはしっかりと設置されていた。

天祖神社 天祖神社 
天祖神社 天祖神社

もうひとつの末社、稲荷大神。

天祖神社 天祖神社

狐の足下に、小さな、品の良い燈籠。

天祖神社

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 & M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/02/20 23:27 ] 狛犬 東京/江東 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

附箋を剥がす

本を読んでいて気になることばを見つけると、附箋を貼ったりするのだが、貼りっ放しになっている本が何冊もある。
先日、谷崎潤一郎の『文章読本』に貼った附箋を1枚剥したのだが、まだ残っている。

何かの時に使えるかもしれないと思って貼るのだが、なかなかそういう機会が訪れない。どこかに書き写して附箋を剥がせばよいのかもしれないが、書き写したものを紛失するか、書き写したこと自体を失念するかのどちらかになるのがオチである。とは言え、附箋を貼りっ放しにしておくのは邪魔くさいし、家人に見られるのも少々小っ恥ずかしいものがある。

附箋を剥がすために、こういう場を使うのも何なのだが、そうでもしないと、永遠に剥がす機会が訪れることがないような気もするので、ここは少々我慢を願いたい。


【敬語について】

敬語とは尊敬の気持ちを表わすために使うことばだ、というのは、間違っているわけではないが、到底十分な説明とは言えない。カッコイイ術語を知らないのだが、敬語には、敬意を表わすことのほかに、「誰が、誰に」という重要な役割がある。
簡単に言うと…いや、「誰が、誰に」というのは十分簡単だ。もし判らないようなら、谷崎が端的に説明してくれている。

そこで、敬語の動詞助動詞を使いますと主格を略し得られますので、従って混雑を起こすことなしに、構造の複雑な長いセンテンスを綴ることが出来るようになります。
羅典語は主格がなくとも、動詞の変化で分るように出来ている国語だそうでありますが、かく考えて参りますと、日本語における敬語の動詞助動詞も幾分かそう云う役を勤めているのでありまして単に儀礼を整えるだけの効用をしているのではないのであります。(「文章の要素」)



【観点の転換】

家霊2題」「再びその姿を見なかった」で中途半端に書いた、文章の途中で観点が転換することの関連。
谷崎は、観点の転換ということを言っているわけではかならずしもないけれども、根本のところでは通ずるところがあるように思う。そして、何故、そのような文章が書かれるのか、作家の立場から説明がされている。

で、その無駄を削っては読み返し、削っては読み返しして、削れるだけ削る。そのためにはセンテンスの構造や言葉の順序を取り変えたり、全然用語を改めたりする必要も起る。この書の第二十六頁に引用してある「城の崎にて」の一節を以て説明しますと、あれの終りの方に、

他の蜂が皆巣に入って仕舞った日暮、冷たい瓦の上に一つ残った死骸を見ることがあった。

とありますが、初心者にはなかなかこうは引き締められない。

日が暮れると、他の蜂は皆巣に入って仕舞って、その死骸だけが冷たい瓦の上に一つ残って居たが、それを見ると淋しかった。

と云う風になりたがる。それを、もうこれ以上圧縮出来ないと云う所まで引き締めて、ようやく前のようなセンテンスになるのであります。(「文章の要素」)



【動作の対象を示す「に」】

女に別れる」で書いた、動作の対象を示す助詞「に」の用例の追加である。

が、同時にわれわれは、漢字のこういう長所に信頼しすぎた結果、言葉は一つの符牒であると云うことを忘れて、強いて複雑多岐なる内容を、二字か三字の漢字の中へ盛り込もうとするようになりました。(「文章の要素」)



まだ何枚か貼ってあったのだが、後から見ると何で貼ったのか思い出せない。だから、残りも全部剥がすことにした。

ツギハオガワマチ

今朝、地下鉄の車内のアナウンスで、うら若い女性の声が聞こえて来た。

オジサンとしては、女性の声で朝からさわやかな気分になってもおかしくはないのだが、何だかとても引っ掛かる。電車の中では、僕は大抵本を読むか書き物をするかしているのだが、今日はどうにも気になって集中できなかった。
何駅か過ぎて、その引っ掛かりの理由に気が付いた。

「次は小川町、小川町。左側の扉が開きます」
~ツハオワマチ、オワマチ。ヒダリワノトビラヒラキマス~

太字にしたところは、すくなくとも東京では、鼻濁音で発音されるべきものである。それが、語頭と同じ濁音の「ガ」「ギ」で発音されていたのである。もっとも、昨今では、鼻濁音は衰退の一途にあるようだが、車内のアナウンスで、これほど気になったことはなかった。
そもそも、車掌のアナウンスと言えば、昔から妙に鼻に掛かったような声でしゃべるのが定番だから、意図してかしないでか、ガ行音の発音は自然と鼻濁音になっているのだろう。
今日の車掌の女性のことばは、はっきりと発音されていて変に車掌らしさがなく、判りやすいこと自体は悪くないのだが、聞いていて、どうにもこうにも落ち着かない気分になったのである。

ところで、九州は鼻濁音のない地域の一つだが、博多出身の武田鉄矢は、鼻濁音の美しさに憧れて、一生懸命鼻から息を抜いてしゃべっていたために、あんなふうになったらしい。が、「れ」だの「う」だのの発音で鼻から息を抜いても、むろんのことそれは鼻濁音ではない。

平河天満宮

平河天満宮(千代田区平河町)。

嘉永5年(1852)の狛犬。

平河天満宮 平河天満宮 
平河天満宮 平河天満宮

天満宮だけに、牛がいる。
撫牛の外に、2対4頭。石牛とか神牛とか言うのが正しいのかもしれないが、このように対になっているものを、コマイニストは狛牛と呼ぶ。

平河天満宮 平河天満宮

そして、布袋尊。

平河天満宮

何故、城西大学? と思ったら、すぐ近所に東京紀尾井町キャンパスがあるようである。むろん、近いから、というだけでは奉納する理由にまったくならないが…。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/02/16 23:03 ] 狛犬 東京/千代田 | コメント(4) | TB(0) |  TOP△

「好き対照」

「好対照」ということばがある。たぶんある。Microsoft Office IME 2007でも問題なく変換される。けれどもこのことば、『日本国語大辞典』にも載っていない。
『逆引き広辞苑』を見る限り、「こうたいしょう」に合致する項目は「菌交代症」しかないから、『広辞苑(第4版)』にも、載っていないようである。なお、『逆引き…』で物を言っているのは、『広辞苑』を持っていない(注1)からである。

極めて安直な手法で恐縮だが、「青空文庫」を検索してみると、芥川龍之介や種田山頭火に「好対照」の例が出る。だから、国語辞典には載っていない(注2)としても、けっして間違ったことばではないと思われる。

同じく「青空文庫」によれば、田中正造や豊島与志雄に「好個(箇)の対照」という例が見られる。「好個(箇)」は、「ほどよい。ちょうどよい。適当な」の意味で、「個・箇は、助辞」(『新版漢語林』)。
この「好個(箇)の対照」が「好対照」になったのかもしれないが、これだけの資料で何かを言ったところでまるで意味がない。

では、何故そんなことを書いたのか、と言うと、次の例をメモしておきたかったからに過ぎない。
谷崎潤一郎の『文章読本』の一節である。

そう云えば、漱石の「吾輩は猫である」の文字使いは一種独特でありまして、「ゾンザイ」を「存在」、「ヤカマシイ」を「八釜しい」などと書き、中にはちょっと判読に苦しむ奇妙な宛て字もありますが、それらにもルビが施してない。その無頓着で出鱈目なことは鴎外と好き対照をなすのでありますが、それがあの飄逸な内容にしっくり当て嵌まって、俳味と禅味とを補っていたことを、今に覚えているのであります。(「文章の要素」)

『月の大研究』

縣秀彦監修『いちばん近くてふしぎな星 月の大研究 すがた・動き・人とのかかわり』

月の大研究

近所のこども図書館で借りて来た本。
子供向けにやさしく書かれた図鑑だが、ずいぶん役に立つことも書かれている。
たとえば、太陽暦と太陰太陽暦との違いの解説など、とてもわかりやすい。
今や、伊勢物語(4段)で1月10日頃に梅の花が咲いているのは何故? と聞かれた国文学科の学生が、「異常気象による狂い咲き」と答えるような時代である。大人でも読んでおいた方が良い。
もちろん、図鑑だから、綺麗な図版も多く入っている。難しいことを考えなくても、見ていて楽しい。
[ 2012/02/11 20:45 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△