最古のひらがな

最古のひらがな 9世紀後半の土器に墨書
最古のひらがな

京都市中京区の平安京跡にある平安時代の有力貴族邸跡で出土した9世紀後半の土器片から、多数の平仮名の墨書が見つかり、京都市埋蔵文化財研究所が28日、発表した。平仮名は勅撰和歌集「古今和歌集」や「土佐日記」が編集された10世紀前半に確立したと考えられてきたが、通説より半世紀程度早く完成したことを示す一級の発見。完成された平仮名の文書としても最古とみられる。

土器は、右大臣を務めた藤原良相(813~67)邸跡で昨年11月に出土。庭の池(20メートル四方)に張り出した「釣殿」とみられる建物跡の周囲から、9世紀半ばから後半にかけての特徴を持つ皿や高坏など墨書土器の破片約90点が見つかり、うち20点で計約150字の平仮名が書かれているのを確認した。(YOMIURI ONLINE)


文字の歴史について詳しくはないから、コメントは差し控えるけれども、興味深い発見であることには間違いない。
なお、記事に出て来る藤原良相(よしみ/よしあう)は、あまり聞いたことがない、という人も多かろうけれども、藤原冬嗣の子、良房の弟に当たる人物である。その子に、国経・基経(良房の養子となる)・高子(清和帝后)がいる。伊勢物語を良く知っている人には、お馴染みのことだろう。

附箋を剥がす(4)

ちくま文学の森『大仏次郎』に貼った附箋を剥がす目的の、ただのメモである。さしたる考えがあるわけではない。

助詞「に」の使い方あれこれ。

「君はこちらで訊くことだけに答えればよろしい」
「ふむ? 訊くことだけに答えればよいと……ほう、私を罪人扱うのだな」
思わず色を作しました。語気もおのずから鋭く、冷やかなものになっていました。(『宗十郎頭巾』裏切り者)

「私の店働いている日本の人たち、皆、士族で、礼儀正しい。文章を書かせても上手。いや、上手過ぎて、普通の人に難しい文章を書くので困ることもありますが……熱心に働きますね。偉いです。……」(『幻燈』夜の時間)

「どういう趣旨で禁じたのか知らぬが、藤堂候では、いまの薩長の政府面白くないだろう。どのみち、洒落のわからぬ奴らが、ひょいとした思いつきを前後の考えがなく、新しい触れを出しては手柄をしたつもりでおるのだ。なっていない。兎のどこが悪いというのだ」(『幻燈』陸蒸気)



ことばに関するあれこれ。メモしておけば、何かの折に使えるかもしれない。

「これァ江戸の人間にはなかった気性だが、諸国の有志というのが、のさばり出して維新に成功してから、どうも日本中にその気風がはやり出したような具合だな。近年の東京人の言葉の中へ、いつのまにか鹿児島言葉が入ったのと同じことだろう」
「そういえば、奥さんという、いやな言葉が流行る。あれなどは以前はなかった。奥といえば奥さまだろう。三年ばかり、江戸を留守にして帰ってみて、どこへ行っても人が平気で奥さんといっているのが、実に耳ざわりで変な気が致した。あれも、薩摩あたりから持って来たものかね」(『幻燈』町なか)

お種などが気楽にしていられたのは、その準備期間だけであった。ほかの、やはり貧しい家から若い娘が引き取られて「女部屋」にふえて来ると、訓練は本式になった。口のきき方から改められて、人前では遊ばせ言葉を用いるようにいいつけられ、まごついた。(『幻燈』町なか)



もうひとつ。

――アブドゥラさん、お閑ですか。
――なぜ、日本流にアブドラとおっしゃらないんです。お国には、ドゥという音は昔からないのでしょう。日本にいる限り、私はアブドラでいいのです。(『土耳古人の手紙』栄養の効果について)


どうでも良い思い出話だが、学生時代、孫さんという中国からの留学生がいて、周りの日本人が中国語音に近い音(スン?)で呼ぼうとすると、彼は「マゴさんで良いです」と答えていた。
莫さんのことを、みんなが「モーさん」と呼んでいたら、別の中国人留学生に「あの人はバクさんだ」と訂正されたこともある。
なお、上記の文で、大仏は別に「ドゥ」という発音の是非を論じようとしているわけではないから、これは揚げ足取り以外の何物でもないのだが、その上で敢えて言うと、古代国語では、「ヅ」の音は du で、これを仮名で書けば「ドゥ」に相当する。「お国には、ドゥという音は昔から」あったのである。


何となく気になったのでメモしておく。

――しかし物事の進歩は、疑うことから始まるのでしょうが。
――自分でね。自分を。しかし、これは信者についても、同じことだ。しかし、神様は決して自分を疑うことをしないものです。だから、自分を疑うことをしない人に出会ったら、おや、これは神様か、神様になりかけている人だなと、警戒して見ることは必要でしょう。ほんとうの基督はもっと人間らしい正直さを持っております。十字架の上で、彼は叫びます。エリ、エリ、レマサバクタニ(わが神、わが神、なんぞ我を見棄てたまいし)。偽の神様には、この痛烈哀切な正直さはない。皆行い澄ましております。(『土耳古人の手紙』爾光尊の弁護)



次は…何のために附箋を貼ったのだろう? さっぱり判らないが、書き遺しておけば、後で思い出すかもしれない。

ぱっと抜き打って来るのを、外したかと思うと、目にもとまらず鞘から滑り出した一刀の、朝日を受けてきらりと一閃したのが、内海惣三郎の最期のときでした。(悪魔)

松濤美術館に行った

先日、松濤美術館で開催されている「古道具その行き先―坂田和實の40年―」について書いたが、今日、朝一で僅かに時間が取れたので行って来た。

明治〜大正期の野良着だとか、ドラム缶の蓋だとか、コーヒー用ネル布だとか、ふつうの電卓(ただしドイツ製)だとか…そんな何の変哲もないものにアートを感じられるほど達観できていないのが遺憾ではあるけれども、江戸末〜明治の質屋包み紙とか、14〜18世紀初期のオランダ・イギリスのナイフとフォークなど、見ていて若干興味を引かれるものも、ないではなかった。
古くはB.C.3〜4世紀のエジプトのマミーマスクから現代日本の段ボール再生梱包材まで、時代も洋の東西も問わず、雑多なものが集められているところに、きっと意味を見出さなければならないのだろう。

それはそれとして、目当ては「室町時代のこま犬」である。

室町時代の狛犬

何せ「古道具」として出品されているものだから、本当に室町のものかどうか、学問的な裏付けがあるかどうかは判らない。が、それなりに古いものであるのは間違いなさそうである。
写真では良く判らないが、正面から見ると、なかなか良い顔をしていた。
なお、上の写真が中途半端な構図なのは、前足部分が欠けているからである。にしても、もう少し違う撮り方はなかったものかとは思うのだが…。

こういうものは、見れば「こんなものか」という程度だが、見なければ思いが残るので、入館料300円+交通費ほどの出費なら、見て置いて損はない。

会期は明日(25日)まで。
[ 2012/11/24 22:22 ] 狛犬 その他 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

金山神社あるいは危険な狛犬

金山神社(松戸市根本)。

参道入口。

金山神社

参道を進んでいくと、大きな歩道橋がある。

金山神社

この歩道橋、常磐線の線路の上に架かる跨線橋である。そして、この跨線橋が、金山神社の参道になっている。
北鎌倉の円覚寺の参道を横切る横須賀線の踏切は有名だが、跨線橋の参道も、なかなか珍しいだろうと思う。

金山神社

そのまま進んで行くと、鳥居が見えて来る。

金山神社

この跨線橋、古い参道の石段を覆って設置されている。
元の石段も、無理に通れば通れないこともなさそうだが、そんなことをする意味もないのでやめておく。

金山神社

鳥居を潜ると、いよいよ社殿に着く。

金山神社

明治24年(1891)の狛犬。

金山神社 金山神社
金山神社 金山神社

手水舎。

金山神社

手水舎にあるのは、龍が一般的だが、亀や獅子も珍しくないし、中には兎なんていうのもある。
が、ここにいるのは…。

金山神社

何故、こんな洋風なライオンなのか…?

さて、この神社、中世の城郭・根本城の跡に建っているらしい。神社自体が小山になっているのだが、その所為か、古くから富士講が盛んに行なわれていたらしい。

金山神社 金山神社 金山神社

人工の富士山ではなくて、自然の山が、富士山に見立てられている。

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/11/23 19:41 ] 狛犬 千葉 | コメント(4) | TB(0) |  TOP△

『百年前の日本語』

今野真二『百年前の日本語―書きことばが揺れた時代』

百年前の日本語――書きことばが揺れた時代 (岩波新書)

本書は、百年前(この「百年前」は「約」であって、ぴったり百年前だけのことを言っているわけではない)=明治末期の日本語がどのように書かれていたか、ということを、広範な文献を基に実証して行くものである。

「百年前」の代表的な作家、夏目漱石。
漱石の用字は宛て字が多いとか、効果を考えた意図的な用字だとか、いろいろなことを言われているのは周知の通り。
どうしても、漱石の表記だけを見て、その表記の意味だとか効果だとか、果ては漱石の性格だとかを考えてしまうけれども、当時、日本語がどのように表記されていたかを踏まえないと、何を言ってもあまり意味がない。
同一の文書の中に、楷書・行書・草書が混在していることは、手書きでは当たり前のことだったし、活字印刷でも同様だった。
また、現在のように、一つの言葉は極力一つの表記をしようとするのとは違って、一つの言葉に複数の漢字を宛てていたり、一つの漢字に複数の読みが宛てられていたり、多様な表記がなされていた。
現在の習慣とは違った表記があると、漱石の「宛て字」を含めて、正規の用字ではない俗な用字として捉えられがちだが、明治期には、現代とは違う表記の「揺れ」が許容されていた。
明治末期に、その揺れを収斂して行くような動きが始まり、不特定多数の人が理解できる書き言葉が確立して行くのである。

漱石が自筆原稿でどういう文字を書いていたとしても、印刷された状態を想定していたはずだ、ということも言われているし、それはその通りだと思うのだが、その想定していたものが、現代人が考えるような典型的な旧字旧かなと同じものかどうかは、一概には言い切れない。
戦前は旧字、現代は新字、と単純に考えていたのだが、そもそも「新字」というのも、昭和になって新たに創り出されたものではなく、通用の簡略な字体を正規の文字として制定したわけだから、漱石も「新字」を書いていたのである。
現代人が見て特殊な書き方だと思っているものが、実は当時の新聞や商用広告にも使われる自然な書き方だったことも、明らかにされている。

第4章「統一される仮名字体―失われた選択肢」など、国語史についての多少の知識と多大な興味がないと難しいと思われる部分もあるが、書かれている内容を考えれば、驚くほど平易に書かれていると言って良いだろう。

新書だから概説的なことしか書かれていないだろうと思うこと勿れ。ここまで読み応えのある本は、久しぶりに目にした。…それは日頃の不勉強の為せる業だ、とも言えないことはないが…。
とまれ、日本近代の文学・語学に興味がある方には、本書を強くお奨めする。

荘厳寺(幡ヶ谷不動尊)

荘厳寺(渋谷区本町)。
初台の東京オペラシティのすぐ近くにあるお寺。一般には、「幡ヶ谷不動尊」と言った方が通りが良いだろう。

荘厳寺 荘厳寺

目黒不動尊や目赤不動尊など、不動尊には良い狛犬がいることがあるが、ここにも、宝暦3年(1753)の狛犬がいる。

荘厳寺 荘厳寺
荘厳寺 荘厳寺
荘厳寺 荘厳寺

幡ヶ谷界隈を歩いていて見つけたもの。

幡ヶ谷界隈

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/11/21 13:23 ] 狛犬 東京/渋谷 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

『妖怪博士』

江戸川乱歩『妖怪博士』

妖怪博士 (少年探偵)

怪人二十面相』『少年探偵団』に続く「少年探偵」シリーズの第3作目。

前2作と比べると、美術品好きのシャレた怪盗・怪人二十面相と希代の名探偵・明智小五郎の知恵比べのイメージは薄くなっていて、サスペンス的な要素がむしろ大きい。
それを、「少年探偵」シリーズらしくないと見るか、巧みに趣向を変えた妙味と見るか、意見は別れるところかもしれないが、純粋に、手に汗握る面白い話なのには違いない。
読んだことのない人は、是非、実際に読んで確かめていただきたい。

本作は昭和13年(1938)に発表されたものだが、前2作同様、文章に古さを感じさせない。それが証拠に、小学2年の息子が、あっという間に読み終えてしまった。展開が巧みで、途中で本を置きにくいということもあるのだが、文章の良さにも、大きな要因があるだろう。
執筆年だけから、過去の遺物と決めつけてしまわずに、一読して見てはいかがかと思う。

…あ、二十面相って書いちゃいけなかったかな? もとい、蛭田博士…まあ、良いか。誰も二十面相が登場しないとは思わないだろうし…。
[ 2012/11/20 22:22 ] 本と言葉 子供の本 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

「古道具その行き先」

神泉の松濤美術館で、「古道具その行き先―坂田和實の40年―」が開催されている。

1973年に古道具店を開いて以来、坂田和實の提案してきた美学は着実に共感者を増やしてきました。今やその影響は骨董のみならず、雑貨、ファッション、インテリアなど広範囲にわたって着実の定着しています。美意識の開拓者として、現代のライフスタイルを導いてきた坂田自身のルーツと展開をたどり、現在の境地までを、これまで直接、間接に関わった数々のものたちにより紹介する展覧会です。

 
中でも、どうやらこれがメインらしい。

室町時代のこま犬

詳細は判らないが、「室町時代のこま犬」だそうである。

昨日知っていれば行けたのだが、今朝の新聞で知ったので行けなかった。
興味のある方は、時間の都合が付けば、行かれてはいかがか。

11月25日まで。
[ 2012/11/19 22:00 ] 狛犬 その他 | コメント(2) | TB(1) |  TOP△

秋葉神社(新宿区新宿)

新宿御苑のほど近くにある、四谷消防署新宿御苑出張所…

消防署

…の隣にある神社。
秋葉神社(新宿区新宿)。

秋葉神社

こじんまりとした境内に、昭和19年(1944)製の狛犬がいる。

秋葉神社 秋葉神社
秋葉神社 秋葉神社 秋葉神社

消防署の隣に火防の神様が鎮座するというのはなかなか気が利いている。

秋葉神社

いや、火防の神様があるから、隣に消防署を建てたのか?

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)
[ 2012/11/18 23:04 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

昨日のFC東京

昨日のFC東京。

味の素スタジアム 17:00キックオフ。ヴィッセル神戸に0-1で敗れる。
序盤はボールを支配していたものの、前半27分、奥井にゴールを決められてしまう。決定的なチャンスはあったものの、それを逃すと、その後、降りしきる雨のためにピッチに水が溜ってパスも通らない状態になり、膠着状態のまま両チームともに得点を奪えず試合終了。
FC東京のポポヴィッチ監督曰く、「水球を戦う準備はできていなかった…」。

何故こんなことを書いたかと言うと、この日、生まれて初めてJリーグの試合を見に行ったからである。
とは言っても、実は、対戦した両チームの試合が目的ではなくて、息子が出場した前座のイベント「キッズマッチ」のためである。

味の素スタジアム 味の素スタジアム

もっとも、サッカーに大して興味がない息子にとっては、味の素スタジアムの天然芝の上で試合をすることが、どれだけ大変なことなのか、さっぱり判っていないようではある。
[ 2012/11/18 22:59 ] | コメント(0) | TB(0) |  TOP△