附箋を剥がす(13) Including 「全然」(その14)

附箋を剥がす(12)」に続いて、『久生十蘭短篇集』(岩波文庫)より。
「黒い手帳」の用例。

前回に続き、「a-r抜き」でない例。

しかし、生前、手帳にたいする彼の愛着と、研究にたいする彼の執念を知っているほどのひとなら、この場合自分と同じ思いに襲われるにちがいない。あれほどの妄執、あれほどの気魄が肉体が滅びたというだけであとかたもなく消滅してしまうとは思われぬ。(P113L9)


「omowarenu」の「ar」が抜けると、「omowenu > omoenu=思えぬ」になる。

一、一月元旦の朝のことである。自分の上の部屋で傍若無人に跳びはねる粗暴な物音で眼をさました。(P117L8)


「元旦」というのは元日の朝のことを言うわけだから、「一月」も「朝」も余計である。僕の周りの人がそんな文章を書いたら、間違いなくそんなことを言って戯調うのだけれども、昔の文学者が書いているとなれば、迂闊にそんなことも言いにくくなる。

われわれは遅まきながら、ルウレットがいま黒と赤と交互に(黒2―赤2―黒1―赤3)(3―2―1―3)という極めて秩序立った出かた(アッパリシオン)を飽くことなく繰りかえしていることを発見した。あだかも、彼がルウレットを支配しているかのように見えるのだった。(P129L5 )

あだかも自分の専門の研究は、いま一段落をつげたところなので、全部の時間を観察にあてることが出来る。(P136L9)

この二日間を通じて一言も前途の不安について語らない。あだかも忘れてしまったように見える。(P140L1)

貴様、もう死ぬ。……交会(まじわり)の日は浅かったが、あだかも年来の友と死別するような悲痛を感じた。(147L16)


ふつう、「あたかも」ということばだが、「あだかも」と濁音になる言い方もあるらしい。
『日本国語大辞典』によれば、『日葡辞書』に「Atacamo」、『和英語林集成(初版)』に「adakamo」とあるそうである。万葉集には「安多可毛」とあるから、「あだかも」と濁るのは、比較的新しい現象なのかもしれない(適当なことを言っているだけである)。
なお、島崎藤村の『破戒』に、「宛然」に宛てて「アダカモ」というルビがあるらしいが、見逃していた。

ホテルの支配人は空部屋に燻蒸消毒を施したが、それを知らずにその二階の部屋へ帰って来て寝た男が、わずかばかり階下から漏れて来た瓦斯のために死亡したのである。死因は全然不明である。(P143L5)


否定と呼応しない「全然」の事例。昭和12年(1937)の作品。

一、五日ほどのち、彼のところへ上ってゆくと、彼はたぐまったような恰好になって寝台の上に横たわっていた。(P151L2)


「たぐまる」というのはとんと目にしないことばではある。『日本国語大辞典』には、「しわがよってくしゃくしゃになる。ゆるんでしわがよる」とあって、用例はない。
東京都八王子の方言として「稲の穂などが垂れる」意が載せられているが、「…ような恰好」からすれば、こちらの方が適切なのかもしれない。

『キャパの十字架』

沢木耕太郎『キャパの十字架』

キャパの十字架

「キャパ」というのは言うまでもなく、高名な戦場カメラマンのロバート・キャパのことである。

フォトジャーナリズムの最高峰と言われる(らしい)写真「崩れ落ちる兵士」。
スペイン戦争時に共和国軍兵士が反乱軍に撃たれて倒れる瞬間を収めた写真として、キャパの出世作、代表作となっている。
超望遠レンズも連写装置もない当時、そんな決定的瞬間を収めることは、ほとんど不可能に近い。敵兵に撃たれた兵士のすぐ近く、すなわち銃弾が飛び交うまん真ん中にいて、初めて撮ることのできるものである。
だから、似たような写真は、ほかにはない。それが、「最高峰」たる所以なのだろう。

そんなこの写真に対する評価に、本書は疑義を呈している。
この写真が撮られたのは戦闘時ではないこと、兵士は撃たれて倒れたのではなく滑って転んだだけだということ、そしてそれを撮ったのがキャパではないこと。
この写真に対する疑義自体は、以前からあったらしいけれども、本書では更に徹底的な取材や考察を積み重ねて論証がなされている。

僕自身が、従来の通説をきちんと知ってはいない(Wikipediaにもこの問題が取り上げられているが、残念ながら一方的に沢木の文脈で書かれていて、あまり参考にはならない)ので、何とも言えないところではあるけれども、(推測の部分も多々あるものの、)本書の論述はかなり説得力のあるものになっていると言って良いだろう。すくなくとも、相当の反証のない限り、写真の兵士が戦闘中に撃たれたと考えることは、難しそうである。

なお、本書掲載の写真は、キャパらが設立したマグナム・フォトが貸与したものだという。「マグナムは必ずしも沢木氏の本の内容を認めているわけではない」との1文を入れることが条件だとはいえ、キャパの名を貶めかねない著作への掲載を拒まないフェアさには、感心した。
本書の内容が正しかったとしても、それでもキャパは偉大だった、ということである。

自由研究の話(3)

遅々として進まないが、「自由研究の話(2)」の続き。

さて、日本の電車の主な線路幅が3種類あるところまでは判った。それを、どのように発展させて行くか?

むろん、何mmの幅のレールは○○鉄道、何mmの幅のレールは××鉄道…というように分けて行けば良いのだが、それでは自分にしかできない自由研究にはならない。
そこで、息子が思いついたのは、「自分が乗ったことのある電車が何mm幅なのかを調べてみる」ことである。
本を見たりネットを見たりすれば、どの線の線路が何mmかは調べられるけれども、まずは自分の経験を元に、判るところまで考えて行く。

たとえば、こんなふうに…。

最寄りの駅から都営新宿線に乗ると、京王線の車輛が来ることがある。

我が家では、時々、春日部あたりまで行くことがある。
東武線に乗って行くのだが、その際、半蔵門線の駅から、春日部まで乗り換えなしで行かれる電車に乗る。
乗る車輛は、ダイヤによって、半蔵門線のものだったり、東急線のものだったり、東武線のものだったりする。
行く途中、あるいは帰る途中の駅で、日比谷線の車輛が停っていることもある。

ぢいちゃまの家(僕の実家)に行く時に都営浅草線に乗る。京急線直通の電車で、乗り換えなしで行くことができる。
直通の電車を待っていると、京成の車輛も走っている。

そんなふうに確認をしていくと、東急線―半蔵門線―東武線、日比谷線―東武線、新宿線―京王線、京成線―浅草線―京急線が相互直通運転をしていることがわかる。
つまり、「東急線・半蔵門線・東武線・日比谷線」「新宿線・京王線」「京成線・浅草線・京急線」は、それぞれ同じ線路幅だということである。

ほかに、千代田線は常磐線に乗り入れているし、東西線は中央線に乗り入れている。
そうすると、息子は常磐線には乗ったことはないので対象外なのだが、JRの在来線は同じ線路幅と考えて良いから、「常磐線=中央線」すなわち、「千代田線・東西線・中央線」が同じ幅だということになる。

どちらもJRの在来線だから当たり前だが、総武快速線から直通で横須賀線に入ったこともあるから、「総武快速線・横須賀線」も同じ線路幅である。
西武線と有楽町線は直通しているから、「有楽町線・西武線」。
同じく、「三田線・東急線」、「東急線・みなとみらい線」。

これを頭の中だけでやって行くのは困難なので、まず、乗ったことのある電車の名前を、広告の裏紙など、いらない紙にランダムに書いて行って、それをバラバラに切っておく。
そして、線路幅が同じであることが判ったものは1まとまりにしておく。

すると、こんなかたまりができる。

東急線・半蔵門線・東武線・日比谷線・三田線・みなとみらい線

新宿線・京王線

京成線・浅草線・京急線

千代田線・東西線・中央線

有楽町線・西武線


そのほかにも乗ったことのある電車はあるから、それも書いて切り取っておく。

総武線 磐越西線 銚子電鉄 江ノ島電鉄 東北新幹線 銀座線 丸ノ内線 大江戸線 都電荒川線 小田急線 成田線 山手線 京浜東北線 東海道線 高崎線 相模線 つくばエクスプレス


(続く)
[ 2013/07/29 08:39 ] | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

"KING OF DELTA BLUES SINGERS"

ここ最近のBGM。
数多くのミュージシャンに影響を与えた超有名番。

ROBERT JOHNSON "KING OF DELTA BLUES SINGERS"
 ~ロバート・ジョンソン『キング・オブ・デルタ・ブルーズ・シンガーズ』~


キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ

僕は元々『コンプリート・レコーディングス』を持っていて、それにはこのアルバムの収録曲はすべて収められているので、いらないと言えばいらない。
それに、ロバート・ジョンソンの時代にはSP盤しかなかったから、アルバムなどというものがあったわけではない。だから、このアルバムも、死後に生前の音源を掻き集めたもので、「オリジナル」というほどのオリジナルでもない。

ただ、『コンプリート…』には同じ曲の別テイクが多々収められていて、マニアには堪らないにしても、かなり雑然とした印象は否めないから、集中力を持って聞き続けることは難しい。
だから、ロバート・ジョンソン自身の意思は加わっていないとしても、このアルバムの価値はある。

先日、飯田橋で会合があって、その前の時間に御茶ノ水駅前のCDショップに立ち寄って購入したのだが、中古の輸入盤が600円だった。探せば、この名盤がワンコインかそれ以下で容易に手に入るだろう。
[ 2013/07/28 23:22 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

隅田川花火大会

今日7月27日は、第36回隅田川花火大会である。

雑踏の中、見に行く元気はないものの、我が家から遠目にかろうじて見ることができるので、例年、それなりに楽しんでいる。
が、今年は仕事の関係で、残念ながら見られない…と思っていたら、始まる頃から雨が降り始め、雷雨のため30分で中止になってしまった。
荒天時は翌日に順延、ということになっていたようだが、一旦始めてしまったからには、明日その続きから、というわけにも行かないのだろう。
最近良くあるゲリラ豪雨のようなもので、1時間かそこらで小止みになったのだけれども、そこから再開することも難しいだろう。
なお、アクセス過多のためか、大雨が降り始めた頃から公式ホームページが繋がらないので、詳しいことは判らない。

いずれにせよ僕は見られなかったのには違いないのだが、それでもちょっと残念ではある。
[ 2013/07/27 22:07 ] 自然・季節 風物詩 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

諏訪神社(横浜市港北区)

諏訪神社(横浜市港北区綱島東)。

綱島街道沿いの看板を目当てに脇を見ると、それなりに長い坂。

諏訪神社

神明社の例があるので、少々萎えかけた気を奮い立たせて…というのはウソで、ここには昔来たことがあって、なかなか良い狛犬がいることは判っている。

坂を登って行くと、反対側に石段が見える。どうやらそちらが表参道らしいけれども、そこまで降りてまた登って来る気力はない。

諏訪神社

途中にあった稲荷神社。

諏訪神社

そして、到着。
こういう扁額で、左から書かれているのは珍しいのではないかと思って上げておくが、それほどのこともないかもしれない。

諏訪神社 諏訪神社

お待ちかねの狛犬。
天保12年(1841)、石工 鶴見橋 飯嶋吉六。

諏訪神社 諏訪神社

先程、なかなか良い、などと書いたのだが、改めて見るとそれどころではない。絶品である。当事、何でそれほど感心しなかったのかが判らない。

諏訪神社 諏訪神社
諏訪神社 諏訪神社
諏訪神社 諏訪神社 諏訪神社 諏訪神社

末社にも、風情がある。

諏訪神社

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4 & YASHICA ML MACRO100mm F3.5)
[ 2013/07/26 21:59 ] 狛犬 神奈川/横浜 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

神明社(横浜市港北区)

神明社(横浜市港北区綱島東)。

神明社

綱島街道沿いの看板を目当てに脇を見ると、それなりに長い石段x2。

神明社

けれども、長い石段の先に良い物があることもあるから、気を奮い立たせて登る。

神明社

そして、降りる。

神明社

(OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6)

附箋を剥がす(12)

『久生十蘭短篇集』(岩波文庫)より。
本当は附箋は貼っていない。貼るのが面倒なので、気づいた端からメモしているのである。

「ありがとうございました。これを聞けなかったらなにも知らずにしまったところでした」
といっているうちに、この家をだれから聞いたろうとふしぎになって、
この家はながらくひとに貸してあったのを、つい一昨日明けさせて越してきたばかりで、どちらへもまだ移転の通知をしてありませんが、よくここがおわかりになりましたね」
というと、…(「黄泉から」P23L15)


それほど明瞭ではないけれども、叙述観点の転換の例。

光太郎は提灯をさげてぶらぶらとルダンさんの家のほうへ歩いて行ったが、道普請の壊えのあるところへくると、われともなく、
「おい、ここは穴ぼこだ。手をひいてやろう」
といって闇の中へ手をのべた。(同P25L15)


「壊え(くえ)」ということばは、初めて目にした。
『日本国語大辞典』によれば、「崩・潰」の字を宛てて、「(動詞「くえる(崩)」の連用形の名詞化)山から土や岩などが崩れ落ちること」とある。『改正増補和英語林集成』を引いて、「Kuye クエ 潰」とする。
「鎌倉の見越の崎の岩の君が悔ゆべき心は持たじ」(万葉集・3365)の「くえ」である。

樹のない芝生の庭面が空の薄明りに溶けこみ、空と大地のけじめがなくなって曇り日の古沼のようにただ茫々としている。はかない、しんとした、みょうに心にしむ景色だった。(「予言」P36L7)


更級日記に、「昔より、よしなき物語・歌のことをのみ心にしめ、夜昼思ひて、行ひをせましかば…」とあるのと、同じ「しめ」である。(※ここは、通説とは反して、敢えて清音で読んでおく。)

安部はすこしばかり石黒からかってやれと思って、合図と同時に筒先を曖昧に自分の胸に向けて笑いながら引き金を引いた。(同P49L5)


女に別れる」以来何度か書いた、格助詞「に」の使い方。

「さきほどの鶴の話ですが、あれを食べてしまうことはごかんべんねがわれませんか。たぶんご承知のことと思いますが、わたしの孫が横浜で空襲にあい、生きているのやら死んでいるのやら今日まで消息が知れません。…」(「鶴鍋」P65L15)


この「ごかんべんねがわれませんか」が「a-r抜き」の現象を起こすと、現在ふつうに口にする「ごかんべんねがえませんか」に変化する。

「ひろっぱ」

夏休み前に小学校の図書室で(息子が)借りて来た江戸川乱歩の『宇宙怪人』を(僕が)読んだ。

この「少年探偵」シリーズ、以前に3作目まで読んでいたのだが、途中を飛ばして本作(9作目)を読んだら、二十面相がバージョンアップして四十面相になっていた。変装する姿は20どころではないということなのだろうけれども、やはり「二十面相」の方がしっくりする。

推理小説(探偵小説)のストーリーを知ったら楽しめない方は、これ以降は読まないでいただきたいのだが、二十面相改め四十面相が、宇宙からやって来た羽根の生えた大トカゲの怪物に変装して、世界中を震え上がらせる物語である。
世紀の犯罪者たる四十面相の面目躍如たるものがあるのだが、本作では四十面相はかならずしも一方的な悪役ではなく、一般市民の協力者も得て、騒動を巻き起こそうとしているところがいっぷう変っている。
一般市民が四十面相の計画に協力した理由は、四十面相がこの「宇宙怪人」事件を企てた動機にある。四十面相は、これで金を儲けようとしたり、物品を手に入れようとはしていないのである。

明智小五郎に計画を見破られた四十面相は、明智や警察を前に、こう語りかける。

おれたちは悪者だ。世界じゅうの警察に、にらまれている悪者だ。だが、戦争というものは、おれたちの何百倍、何千倍も、悪いことじゃないのか! え、諸君、そうじゃないか。(火の柱)


自国の利益のために戦争ばかりしている地球上の国々に対して、国同士の戦争を止めて一致団結してもらいたい、という願いがある。宇宙怪人の来襲という危機を演出することで、それを実現しようとする、実に遠大な企てである。
本作の連載開始は昭和28年(1953)、朝鮮戦争末期の反戦機運を反映しているようで、少年向けとはいえ、時代の風潮と無縁ではいられないということだろう。この思想は、『チャップリンの殺人狂時代』にも通じるところがある。

さて、それはそれとして、本作品を読んでいて気になったことば。

フランス人の発明したこのキカイは、まだオモチャみたいなもので、遠くまでは飛べません。せいぜい二、三百メートルで、キカイの力がなくなってしまうのです。ですから、怪人は、遠くへ飛びさったと見せかけて、じつは、近くの原っぱへおりていたのです。(人体航空機)


「原っぱ」というのは、何の変哲もない、良く目にすることばである。もっとも、都会では原っぱ自体が無くなっているから、日常会話に出て来ることは、多くないだろうが。
気になったのは、次のことば。

ネズミ色のオーバーの男は、そのカシの木のほうへ歩いていきましたが、ふと気がつくと、もうすがたが見えません。カシの木の大きな幹のかげにかくれたのではないかと、小林君は、ソッとそのほうへ近づいていきました。
ひろっぱのすみに街灯がついていて、その光が、こけのはえた太い太いカシの木の幹を、ボンヤリとてらしています。(みどり色の手)


「ひろっぱ」ということばは、意味は難なく判るけれども、目にしたことは無かったように思う。本作では、これ以外の箇所にも、何度か使われている。
「原っぱ」が「原場」であるのと同様、「ひろっぱ」は「広場」の謂である。
『日本国語大辞典』に、「『ひろば(広場)』の変化した語」とある。用例は上げられていないから、比較的新しい語なのだろう。
「方言」として、「都会。北海道。青森県上北郡。秋田県鹿角郡」としている。「都会」というのも何だか変な感じがするが、『宇宙怪人』の例と合わせれば、戦後の東京で使われていたということは言えるだろう。

自由研究の話(2)

予告だけしてちっとも本篇に取り掛からずにいたけれども、今日から正式に夏休みにも入ったことではあるし、そろそろ書き始めてみることにする。
夏休みになると…(自由研究の話)」の続き。

息子が選んだテーマは、「電車の線路」。
乗り物好きの息子は、電車の線路幅に何種類かあるのを知っていて、それを調べてみたいと思ったようである。
電車好きの子供なら、詳しくは知らないにしても、たいていは、新幹線の線路幅が在来線(電車好きでない子供にも判りやすいように言うと、山手線などのふつうの電車)より広いことくらいは知っているだろう。

日本の主な線路幅の主なものとしては、

 1067mm
 1372mm
 1465mm

がある。このほかにも種類はあるのだけれども、主だった電車の線路としては、この3種類と言って良い。

これは知らない人にとっては新しい知識かもしれないが、それだけでは自由研究には到底ならない。
それで、まず、自由研究のテーマに選ぼうと思った動機を明確にしておく。
むろん、動機といっても、何故やろうと思ったかと聞いても、「おもしろそう」という以上のものは出て来ないだろうから、違う角度から考えてみる。

電車の線路の幅が違うことをどこで知ったのか?

「京浜急行の金沢八景駅の近く」。
僕の実家からさほど遠くないところだから息子も何度か行ったことがあるのだが、三線軌条の線路(線路が2本ではなく3本ある)があって、それを見れば線路幅の違いが一目瞭然なのである。
何故三線軌条になっているかというと、近くに車両工場があって、そこに京急線経由で線路幅の違う車両を運び込むために、もう1本レールを敷いているのである。

それで、自由研究の書き出しは、こんなふうにすることができる。

電車の線路は、ふつう2本ですが、京浜急行の金沢八景駅の近くには線路が3本あるところがあります。どうしてでしょうか?

実は、この近くに電車の工場があります。そこでは、京急だけではなく、ほかの会社の電車を作ったり修理したりしています。
そういう電車は、京急線の線路を通って運ばれて来ます。でも、京急の線路を走ろうとしても、線路の幅が違うので通れません。それで、ほかの会社の電車が走れるように、線路をもう1本しいて3本にしています。


それだけでも、知らない人にとっては十分に「ヘェ〜、なるほど」というところではあるけれども、自由研究であるからには、もう少し突っ込んで調べる必要がある。

(続く)
[ 2013/07/22 22:19 ] | コメント(2) | TB(0) |  TOP△