附箋を剥がす(22)

「然し是から日本も段々発展するでせう」と弁護した。すると、かの男は、すましたもので、
「亡びるね」と云つた。――熊本でこんなことを口に出せば、すぐ擲ぐられる。わるくすると国賊取扱にされる。三四郎は頭の中の何処の隅にも斯う云ふ思想を入れる余裕はない様な空気の裡で生長した。だからことによると自分の年齢の若いのに乗じて、他を愚弄するのではなからうかとも考へた。男は例の如くにやゝゝ笑つてゐる。其癖言葉つきはどこ迄も落付いてゐる。どうも見当が付かないから、相手になるのを已めて黙つて仕舞つた。すると男が、かう云つた。
「熊本より東京は広い。東京より日本は広い。日本より……」で一寸切つたが、三四郎の顔を見ると耳を傾けてゐる。
「日本より頭の中の方が広いでせう」と云つた。「囚はれちや駄目だ、いくら日本の為を思つたつて贔屓の引倒しになる許だ」
此言葉を聞いた時、三四郎は真実に熊本を出た様な心持がした。(一、岩波新書版全集P19)


『三四郎』を読んでいて、何かの機会に使えるかもしれないと思ってメモっておいたのだが、それを写している時に、別のことに気が付いたので記録しておく。

太字にした「三四郎の顔を見ると耳を傾けてゐる」の部分である。
前出の文の文末を見ると、「弁護した」「と云つた」……「成長した」「考へた」「笑つてゐる」「落付いてゐる」「黙つて仕舞つた」「かう云つた」とある。
作者の視点で書かれている、三四郎と男(後に広田先生と判る)の客観的な描写である。これに続く文も、「と云つた」「心持がした」とある。
「――」が附された後の箇所に、「熊本でこんなことを口に出せば、すぐ擲ぐられる。わるくすると国賊取扱にされる」とあって、表記としては句点になっているけれども、これは後続する「三四郎は頭の中の何処の隅にも斯う云ふ思想を入れる余裕はない様な空気の裡で生長した。」の説明のための挿入句的な表現である。

だから、太字にした部分も、本来なら「三四郎は耳を傾けてゐた」とでもあった方が、文脈として一貫しているとも言える。それが、「三四郎は耳を傾けてゐる」とあるのである。ここは、広田先生の視点と取って、「日本より……」と言った後で三四郎の反応を確かめて、改めて「日本より頭の中の方が……」とことばを継いだものと見ることが、できるだろうと思う。

Bose SoundLink Color

娘が高等学校に入学したお祝いの一環で、娘は別に欲しいとも何とも思ってはいなかったのだけれども、勝手にスピーカーをプレゼントすることにした。
WALKMANは以前に買ってあげていたけれども、それを聴くのにイヤホンかポータブルのスピーカーしかない。
スピーカーは以前にも取り上げた audio-technica AT-SPP30 で、ポータブルな割には良い音だけれども、所詮はポータブルだから、家の中でわざわざ使うほどのものではなく、旅行に行く時にでもなければ活躍の場はない。
それで、もう少し音の良いスピーカーを、と思ったのだが、あまり高価なものも買えないので、あれこれ検討した結果、これにした。

Bose SoundLink Color
Bose SoundLink Color

BOSEらしくなく、高級感を醸し出していないところが良い。
安物の割には悪くない、という体で、さほどありがたがられないだろうにもかかわらず、高校生の持ち物としては実はそこそこ高級品だった、というところがミソである。
流石BOSEだけのことはあって、値段以上の音がする。むろんこれは好みに左右されるから、誰が聴いても良い音だと感じるかどうかは保証の限りではない。

Bluetooth スピーカーだとはいえ、AUXケーブルくらい付属しているだろうと思ったら、別売りだった。が、娘の WALKMAN が Bluetooth 対応だったから問題はない。
接続のための音声ガイド機能があるけれども、現在の状況を教えてくれるだけなので、大して役には立たない。接続自体難しいことがないので、あらずもがなの感がある。だから、ガイドはオフにしてある。

僕も時々借りて使っている。なかなか良い。

「鉄」は熱い内に…

もうそれほど熱くはないのだけれども、この前の日曜日、子供を連れて、京急ファインテック久里浜事業所で行われた「京急ファミリー鉄道フェスタ2015」に行って来た。
その時の1枚。

京急ファミリー鉄道フェスタ2015

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
[ 2015/05/29 23:25 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

附箋を剥がす(21)

何となく気に入った一節。

五時から六時迄純文科共通の講義がある。三四郎はこれへ出た。筆記をするには暗過ぎる。電燈が点くには早過ぎる。細長い窓の外に見える大きな欅の枝の奥が、次第に黒くなる時分だから、室の中は講師の顔も聴講生の顔も等しくぼんやりしてゐる。従つて暗闇で饅頭を食ふ様に、何となく神秘的である。三四郎は講義が解らない所が妙だと思つた。頬杖を突いて聴いてゐると、神経が鈍くなつて、気が遠くなる。これでこそ講義の価値がある様な心持がする。(夏目漱石『三四郎』四。新書版全集P65)


何だか判るような気がする。今の世の中、認められにくいだろうけれども…。

プチカレーター

まぁ、何だということもないのだけれども、折角写真を撮ったのだから上げておく。

プチカレーター

高低差僅か83.4cm、ギネス認定の、世界で一番短いエスカレーターなんだそうだ。
川崎の地下街アゼリアからモアーズの地下にある川崎市場へのちょっとした段差を楽にするためのバリアフリーの…かと思いきや、エスカレーターの続きには階段がある。

プチカレーター

エスカレーターの工事中に梁が見つかったために途中までしか作れなかったんだとか。
それなら作るのを止めれば良かったのに、とも思うけれども、いろいろ事情があったんだろう。

実用性は限りなく乏しく、ギネスの更新のためにだけこれより低いエスカレーターを作る酔狂な人もいるまいから、世界一であり続けることだろう。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
[ 2015/05/05 23:42 ] 旅・散策 乗り物 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△