ノーベル文学賞2016(その8)

ディラン ノーベル賞“もらう” ファン「がっかり」の声も

今年のノーベル文学賞を授賞決定後、沈黙を続けていた米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(75)が「大変光栄に思う」と受賞の意向を示したと、賞の選考主体スウェーデン・アカデミーが28日、発表した。

ダニウス事務局長に今週、本人から電話があり「授賞のニュースを聞いて言葉を失った」と説明したという。

ディランは英紙デーリー・テレグラフ電子版に28日に掲載された単独インタビューで、12月10日にストックホルムで行われる授賞式について「もちろん」「可能なら」出席するつもりだと語っている。授賞決定を聞いた直後の感想を「素晴らしい、信じられない。こんなことを誰が夢見るだろう」と話した。

アカデミーは今月13日に授賞を発表。ディランに再三連絡を試みたが本人に接触できず、アカデミーのメンバーからは「無礼かつ、傲慢(ごうまん)」との批判さえ出た。

ディランは、インタビューで沈黙を続けた形になったことについて「俺はここにいるさ」とおどけた様子で話し、詳しい理由は明かさなかった。

沈黙を続けた理由について、音楽評論家の富澤一誠氏は「推測だが演出ではないか。すぐに受賞の意思を示すのは彼のイメージでない。いつまでも引っ張るのも良くない。今がちょうど良いタイミングと考えたのかもしれない」とした。過去に米ロサンゼルスでインタビューした経験を振り返り「キャデラックで送迎され、行き先も告げられず身構えたが、彼はタバコを吸いながらラフな調子で話してくれた。彼自身は何も考えておらず、周囲が勝手に忖度(そんたく)しているだけの可能性もある」とも話した。

反権威の信条から名誉ある受賞を固辞しているとの臆測もあったため、ネット上では「拒否したら格好よかったのに」「がっかり。日和った印象」などの声も上がっている。(スポニチAnnex)


それにしてもこの見出しは何だろう? 僕は長年のディラン・ファンだけれども、ちっともがっかりしていない。強いて言えば、このまま沈黙を続けて、何の予告もなくいきなりストックホルムに現われればなお良かったと思う程度。
ノーベル文学賞を受け取ろうと受け取るまいと、ディランはディランなのであって、それ以外の何者でもない。

だいたい、「反権威の信条から名誉ある受賞を固辞しているとの臆測もあった」なんて、ディランの信条を勝手に決めつけるのも馬鹿げている。これまでも、権威ある賞を、数多く受け取っているのである。
「拒否したら格好よかった」というのも、格好良いかどうかはディランが決めることで、ファンのすることではない。

ともあれ、これでまずはひと段落。

附箋を剥がす(29)

ついこの間から、暫くの間「積ん読」していた『日影丈吉傑作館』(河出文庫)を読んでいる。
その中で、ちょっと気になったところを抽いておく。
「彼岸参り」(1958年)より。

前列から二番目の席にかけている、スーツを着た老婦人がスチュアデスに話しかけた。
「この前、まいりました時は、たしか……」
「この前は、いつ、お出でにになりました」
「ちょうど五年前、主人の七回忌の時に」
「ええ……でしたら、その時はまだ……この式に改良されましたのは、一昨々年からですわ」
「そうですか、あの頃は、お危のうございましたね」と、いうと、昔者らしい、スーツを着た老婦人は、あはあはと笑った。(一、P64)


割と最近、別のところで「……うございます」形式の形容詞の丁寧な言い方について書いたことがある。
その時に、「とんでもない」の理論上の丁寧な言い方「とんでものうございます」の実例を見たことがない、とも書いたのだけれども、上記の「危のうございます」が使われている同じ作品の、同じ人物の会話表現でも、やはり、「とんでものうございます」は使われていない。

「だが、なんだってタグボートを改良したんだい……」と、井ノ本はいらいらした声を出した。
「そんなに、お客が喜ぶものを、模様替えする必要はないじゃないか?」
「いえ、あなた……真空の中に出ることは禁止になったんでございますよ」と、婦人がすかさず口をはさんだ。
「禁止ですって、まさか、あなたが五年前に、政府に陳情書を出したわけじゃあ、ありますまいね……」
飛んでもございません……新聞でお読みになりませんでしたか?」
「さあ、三年前のことではね?」(一、P66)


その他、最近では「正しい言い方」とされている「……ことでございます」の例。

「自殺なんて、伝染病のようなもので、ございますね」
「そう申せましょうね……現代ではもう、精神性の伝染病以外にはなくなりましたから」
「ほんとに恐ろしいことで、ございます……はじめ、どなたか一人、試しにおやりになると、すぐ真似をする方が出てくるのですからね……はじめは学生さんでしたか、いきなりタグボートの手すりを乗りこえて、外へ飛び出したんで、ございますってね」(一、P67)

「なかには、もっと積極的なのも、いたんだよ……宇宙服を脱ぎ捨てて、ぱッと飛び出したのがある……これは生身で、いきなり真空の中に入ったから、内臓が破裂して、いっぺんにオジャンさ……そんなこんなで旧式のタグロケットは、禁止されたんだ」
「ほんとに恐ろしいことで、ございます
七十歳の中年婦人は、同じ文句を繰り返した。(一、P68)


これも、同じ作品の、同じ人物の会話である。
形容詞の丁寧な言い方は、固定的にどれが正しいと言えるものではなくて、語によって、違いがあると考えた方が良いのかもしれない。

ノーベル文学賞2016(その7)

こんなに引っ張れるとはっていなかったのだが…。

ディラン氏は「無礼で傲慢」 ノーベル賞選考関係者

今年のノーベル文学賞に選ばれた米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン氏が沈黙を続けていることに対し、選考主体のスウェーデン・アカデミーのメンバーが21日、スウェーデン公共放送SVTのインタビューで「無礼かつ傲慢だ」と強く批判した。

作家らでつくる同アカデミー(定数18)の一員のペール・ウェストベリ氏で、「この事態は予測しなかった」と困惑気味に語り、ディラン氏の真意を「ノーベル賞を欲しくないのだろう。自分はもっと大物だと思っているのかもしれない。あるいは反抗的なイメージのままでいたいのかもしれない」と推測した。

アカデミーは13日の授賞発表後、ディラン氏に再三連絡を試みてきたが、接触できないまま既に1週間が経過。12月の授賞式に来るのかどうかも不明で、権威を傷つけられたいら立ちが噴出した形だ。(日本経済新聞)


こんなことを言いたくなる気持ちも判らなくはないし、ディランが「無礼かつ傲慢」だというのはそうかもしれないけれども、それよりこんなことを言うことの方が「無礼かつ傲慢」だろう。
ディランは別に、ノーベル賞に自らエントリーしていたわけではなく、選考者側が勝手に授与したのである。それでも連絡くらいはするべきだ、というのなら話は判るけれども、せっかく選んでやったのに、という態度が感じられる。
ディランの態度が「無礼かつ傲慢」で、ノーベル賞受賞者に相応しくないというのなら、授与を取り消せば良い。

もっとも、ディランのファンは、こんなことを言われてしまうディランが大好きなのである。その挙げ句、素知らぬ顔であっさり受け取ったりしたら、尚更言うことはない。

ノーベル文学賞2016(その6)

ディラン、「ノーベル賞受賞」削除を指示? 公式サイト

今年のノーベル文学賞の受賞が決まった米国のミュージシャン、ボブ・ディランさん(75)の公式ウェブサイトから、「ノーベル文学賞受賞者」の文言が削除されたことが21日、分かった。

各国メディアによると、ディランさんの公式サイト「bobdylan.com」の書籍紹介ページでは、17日付で掲載されたとみられる歌詞集の紹介文で「ノーベル文学賞受賞者」と記されていた。ディランさん側が受賞を歓迎したものと思われたが、21日までに削除された。文学賞を選考するアカデミーがあるスウェーデンのメディアは、関係筋の情報として「削除はディラン自身の指示だ」と報じた。

ディランさんは13日の受賞発表から、受賞について一切コメントしていない。(朝日新聞DIGITAL)


僕もコメントはしない。

ノーベル文学賞2016(その5)

ディランさんへ、もう連絡しません ノーベル賞事務局

今年のノーベル文学賞を米国のミュージシャンのボブ・ディランさん(75)に授与すると発表したスウェーデン・アカデミーは17日、ディランさん本人への連絡を断念すると明らかにした。サラ・ダニウス事務局長が地元ラジオに語った。

それによると、アカデミーは授与発表から4日がたった現在も、ディランさん本人と連絡が取れていない。ディランさんが文学賞を受けるつもりがあるかや、12月10日にストックホルムである授賞式に出席するかも不明だ。ダニウス氏は「受諾してくれると思う。そうでなければ悲しいが、栄誉は彼のものだ。心配はしていない」と語った。関係者への連絡は続けるという。

ディランさん本人は、受賞についてコメントしていない。公式ツイッターは、受賞当日の夜にオバマ大統領からの祝福メッセージをリツイートして以後、更新が途絶えている。(朝日新聞DIGITAL)


12月10日になったら、突然何喰わぬ顔でストックホルムに現れて、受賞のスピーチなんかをしていそうな気が、しないでもない。
何せディランだから。

ノーベル文学賞2016(その4)

その後のディラン。

ボブ・ディランさん沈黙貫く ノーベル賞決定後初の公演

ノーベル文学賞受賞が決まった米国のミュージシャンで作詞家のボブ・ディランさん(75)が13日、ラスベガスで自身のコンサートに出演し、受賞決定後、初めて公に姿を現した。ただ、受賞については、一切語らなかった。

受賞決定の発表は米時間13日午前で、ディランさんはその夜、予定通りに出演。会場を埋め尽くした年配のファンたちは総立ちになって声援を送った。

ディランさんは「追憶のハイウェイ61」「風に吹かれて」「くよくよするなよ」などの名曲を交えた1時間半の演奏を終えると、観客に一言も語りかけずに舞台を去った。(朝日新聞DIGITAL)


日本でも何だか「エライこと」になっているらしい。

ボブ・ディラン特需がエライことに CD注文数100倍!ダウンロード数120倍!

13日に今年のノーベル文学賞を受賞した米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(75)のCD受注数が14日、日本国内でも爆発的に増加した。発売元のソニー・ミュージックレーベルズによると、セールスは前日比でなんと100倍。同日の東京株式市場ではソニーの株価が今年度の最高値を記録するなど、早くも随所にノーベル賞の影響が出始めた。

歴史的快挙から一夜明け、日本でもディランフィーバーが一気に加速した。ソニー・ミュージックレーベルズによると、多くのCDショップでディランの特設コーナーが設けられCDのバックオーダー数は「全アルバム・トータルで2万枚以上」。前日比で100倍にも上る驚異的な数字となった。(デイリースポーツ)


CDショップに行けばフェアをやっているんだろうけれども、現時点では買うものはない。

ノーベル文学賞2016(その3)

ちゃんちゃらおかしい。

小室哲哉 1年前に“予言ツイート”「ノーベル文学賞をボブディランに」

音楽プロデューサーの小室哲哉(57)が13日に自身のツイッターを更新。約1年前に米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(75)のノーベル文学賞受賞を“予言”していたことが分かった。

スウェーデン・アカデミーが13日、2016年のノーベル文学賞をディランに授与すると発表。100年を超える文学賞の歴史で、歌手の受賞は初となった。

ディランの受賞を知った小室は「1年前らしい」とつぶやき、昨年10月10日の自身のツイートを再投稿。そのツイートには「ノーベル文学賞、 ボブディランに取って欲しい。いろんな事が起こる気がしてならない。何百万曲と風に吹かれてとか、転がる石にのようにとか 使っているけれど、 なかなか、ふとは、」とつづられていた。

フォロワーからは「小室さん予言的中ですね!」「凄すぎる」など、小室の先見の明を称賛するツイートが殺到。また「TM NETWORK」の楽曲「ELECTRIC PROPHET(電気じかけの預言者)」を引用し、「まさに電気仕掛けの預言者ですね!」といった声も多く上がった。(Sponichi Annex)


小室哲也は何もおかしなことは書いていないけれども、それを受けてこんな的外れな記事を書いているのはどういうものだろう。

ディランはノーベル文学賞候補の常連で、僕も4年ほど前にイギリスのブックメーカーのオッズが2位だったニュースを取り上げたことがある。
それ以外の年でも例年上位にランクされていて、今年は7位だったらしい。
小室は当然そういう状況を知っていて、その上でディランに「取って欲しい」と言っているだけである。取ることを予言したわけでも何でもない。
ディランにもノーベル賞にも関心のない小室ファンが勘違いで騒ぐのは良いとして、それをそのまま記事にするのはどういうつもりなのか、理解に苦しむ。

ノーベル文学賞について書いているのにノーベル文学賞に関心がない、音楽について書いているのに音楽に関心がない、小室哲哉のツイートについて書いているのに小室哲哉の書いている内容に関心がない、ニュースを発信しているのにニュースに関心がない、というのは、かなり痛いことだと感じる。

ノーベル文学賞2016(その2)

「ボブ・ディランさん電話して」 ノーベル賞連絡とれず

「ボブ・ディランさん、スウェーデン・アカデミーに電話して!」

ボブ・ディランへのノーベル文学賞授賞が発表された13日、スウェーデン紙ダーゲンス・ニュヘテルの公式ツイッターに英文のメッセージが載った。

発表から4時間がたった同日午後5時(日本時間14日午前0時)時点で、スウェーデン・アカデミーはツアー中のディランと連絡が取れていないという。同紙(電子版)によると、スウェーデン・アカデミーは発表から約2時間半後にツアーマネジャーの連絡先を入手したが「寝ている」(サラ・ダニウス事務局長)として直接は話せなかったという。(朝日新聞DIGITAL)


ディランさんと連絡取れず=授賞から丸1日-スウェーデン・アカデミー

【ストックホルムAFP=時事】ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーの関係者は14日、米シンガー・ソングライターのボブ・ディランさんへの授賞発表から丸1日が経過した時点で、ディランさん本人と直接連絡が取れていないと語った。
同関係者によると、代理人やコンサートツアー担当者らには連絡が付いたが、ディランさんとは話ができていない。ディランさんの友人の米歌手ボブ・ニューワース氏は米紙ワシントン・ポストに対し、「彼はノーベル賞受賞を認めたくないのでは」と語った。
ストックホルムで12月10日開かれる授賞式では、受賞者はスピーチを行うのが慣例。スウェーデン・アカデミーは、ディランさんが式に出席するかどうか把握できないという。(JIJI.com)


本当に辞退するかもしれないし、ちょっと経ったら「あの時は本当に寝ていたんだ」なんて適当なことを言ってあっさり受け取るかもしれない。
どちらにしろ、ディランらしい。むろん、ディランのすることは、どんなことでもディランらしいのだけれど…。

ノーベル文学賞2016

まさか本当に取るとは…。

ノーベル文学賞に米歌手のボブ・ディラン氏

 【ストックホルム=三好益史】スウェーデン・アカデミーは13日、2016年のノーベル文学賞を米国の歌手ボブ・ディラン氏(75)に授与すると発表した。

 同アカデミーは授賞理由について、「偉大なる米国の歌謡の伝統の上に立って、新しい詩的な表現を創造してきた」と説明した。ミュージシャンのノーベル文学賞受賞は初めて。米国からの受賞は1993年の黒人女性作家トニ・モリスンさん以来23年ぶり。(YOMIURI ONLINE)


めでたいんだかどうなんだか。
便乗で、受賞記念未発表音源ボックスセットなんてものでも法外な値段で出されたりしたら、迷惑だと言えないこともないが…。

以下、いくつかの記事を、列挙する。

ボブ・ディランさんにノーベル文学賞 音楽家・作詞家

米国のミュージシャンで作詞家のボブ・ディラン(Bob Dylan)さん(75)が、2016年のノーベル文学賞に決まったと13日、スウェーデン・アカデミーが発表した。賞金は800万スウェーデンクローナ(約9400万円)で、授賞式は12月10日、ストックホルムで行われる。米国人のノーベル文学賞受賞は1993年のトニ・モリスン以来で、11人目(朝日新聞DIGITAL)。


授与理由「伝統に新たな詩的表現」

スウェーデン・アカデミーは13日、今年のノーベル文学賞を米国のミュージシャンで作詞家のボブ・ディラン氏(75)に授与すると発表した。授与理由を「偉大な米国の歌の伝統に新たな詩的表現を作り出した」とした。歌手の文学賞受賞は極めて異例。賞金は800万スウェーデンクローナ(約9400万円)で、授賞式は同賞を創設したアルフレッド・ノーベルの命日にあたる12月10日にストックホルムで行われる。(朝日新聞DIGITAL)


ベトナム戦争に揺れる若者の心とらえ

ボブ・ディランは1941年5月24日、米ミネソタ州ダルース生まれ。本名はロバート・アレン・ジマーマン。
ノーベル文学賞を受けたボブ・ディランは、歌手/詩人として長く若者世代のヒーローだった。数多くの抵抗歌のシンガーソングライターとしてカウンターカルチャーの旗手になってから半世紀余り。ついにメインストリームの芸術家として世界に認められた。(朝日新聞DIGITAL)


候補常連の村上春樹の落選と絡めたものも多かった。

ノーベル文学賞はボブ・ディランに!村上春樹さん“11度目の正直”ならず

スウェーデン・アカデミーは13日午後1時(日本時間同午後8時)、2016年のノーベル文学賞を米シンガーソングライターのボブ・ディラン(75)に授与すると発表した。「アメリカンソングの伝統に、新たな詩的表現を創造」が受賞理由。日本の作家・村上春樹さん(67)は、またしても受賞を逸した。
2006年、ノーベル賞の登竜門とされるフランツ・カフカ賞を受賞して以来、有力候補として名前が挙がってきた村上さんだが、“11度目の正直”はならなかった。英ブックメーカー「ラドブロークス」の最新賭け率では、ケニアのグギ・ワ・ジオンゴ氏(78)に次ぎ、シリアのアドニス氏(86)と並ぶ2位だったが、またしてもおあずけになった。(ライブドアニュース)


中でもこれはちょっと面白い。

村上春樹氏母校ため息「ボブ・ディランは歌手やろ」

スウェーデン・アカデミーは13日、2016年のノーベル文学賞を発表、有力候補の1人とされていた村上春樹氏(67)は受賞を逃した。
村上氏の母校兵庫県立神戸高校(神戸市灘区)では、同窓会幹部や村上氏が所属していた新聞委員会の仲間、在校生徒ら約20人が同窓会館に集合。インターネット中継を見ながら発表を待った。午後8時過ぎ、米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディランの名前が読み上げられると「あ~」とため息が漏れた。関係者の1人は「あの歌手のボブ・ディランかいな。文学ではなく、歌手やろ。名前を聞いたとき、ひっくり返りそうになった」と話した。(日刊スポーツ)


ごもっとも、という気もしないではない。