「いまは納豆はいらない」?

みうらじゅんが書いたものを見て知ったのだけれども、数多い洋楽のトンデモ邦題の中でも、傑出したもの。

フランク・ザッパの曲に付けられた「いまは納豆はいらない」という邦題。
だいたい「いまは」って何だ。今じゃなくてもザッパは納豆はいらないだろう。
元々のタイトルは No Not Now。No(いらない)Not(ナット→納豆)Now(いまは)って、良く思い付いたな。

この曲が収められているのは『フランク・ザッパの○△□(まるさんかくしかく)』というアルバムなのだが、この中にはほかにも、I Come From Nowhere を「ア、いかん、風呂むせて脳わやや」と訳(?)してしまっているような、語呂合わせにも程がある桁外れに意味不明のものもある。

そもそもこのアルバムの原題は "SHIP ARRIVING TOO LATE TO SAVE A DROWNING WITCH" というもの。
邦題はこの原題とはまったく関係ないし、収録曲とも関係がない。たぶん、ジャケットのデザインからのイメージだろう。

フランク・ザッパの○△□

後に『たどり着くのが遅すぎて溺れる魔女を救えなかった船』という、直訳であるにもかかわらず良く判らないタイトルに変えられたようだが、国内版は現在廃盤。

聴いてみた印象は、評判より割にポップ、というところなのだが、これを聴いてポップに感じてしまうのは、僕の音楽趣味のあまりのポップでなさ加減に由来する可能性が、ないではない。

なお、リアル・タイムでは聴いていなかったので知らなかったのだけれども、どうやらザッパのアルバムにはトンデモ邦題が多かったらしく、”The Man From Utopia” には、何と『ハエ・ハエ・カ・カ・カ・ザッパ・パ』という邦題が付けられていたんだそうである。
こんなジャケットではあるんだけれども…。

ハエ・ハエ・カカカ・ザッパ・パ

むろんそれだけの理由で、聴いてみようとは思わないけれど…。
[ 2017/02/08 00:01 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

『ぼくいる。』

取り上げるのがちょっと遅れたけれども…。

“ぼくたちのいるところ。”、初期曲を再録したアルバム発売

人生ダメ子(vo)を中心に、ノンジャンルなサウンドを構築する大阪発“メンタルぶっ壊し系”バンド“ぼくたちのいるところ。”が1月27日(金)にアルバム『ぼくいる。』(bokuiru-003 3,000円 + 税)をリリースすることが決定。

オシリペンペンズより石井モタコ・中林キララが参加した昨年リリースの前作『ごみ』に続く全国流通第3弾となる本作は、現メンバーが初期の楽曲をリアレンジして再録音。ベスト盤的な内容となっているほか、新曲「ウルトラ躁」「絶望依存症」も収録しています。(CDJournal)


と、いうことで、「ぼくたちのいるところ。」略して「ぼくいる。」のニュー・アルバム『ぼくいる。』。

ぼくいる。

全国流通版としては、『この世に産まれて来た事がそもそも間違いだったから』『ごみ』に続く第3弾。
静かで健康的な音楽しか受け入れがたい人には到底お奨めできるものではない。
けれども、爆音が好きな人には持って来いだし、精神的に下降傾向にある人は元気が出る(…かどん底まで落ち込むかのどちらか)だろう。

"Triplicate"

ボブ・ディラン、キャリア初の3枚組新作『トリプリケート』が3月リリース決定。フランク・シナトラのカバー“I Could Have Told You”の音源公開

ボブ・ディランが、ニュー・アルバム『トリプリケート』を3月31日(金)にリリースすることが明らかになった。

同アルバムはディランにとってキャリア初となる3枚組のニュー・アルバムで、アメリカのクラシック・ナンバーのカバーが計30曲収録される。通算38作目のスタジオ録音で、2016年春にリリースされた『フォールン・エンジェルズ』以来の新作となる。プロデューサーはジャック・フロストが務めた。(RO69)


1枚で良いんだけど…まあ、仕方がない。

なお、「プロデューサーはジャック・フロストが務めた」という記述はいかがなものか。ジャック・フロストが誰なのか知っていれば(ファンなら当然知っているが)、こんな書き方はしないはずである。
配信されたものをそのままコピペしたように見えてならない。