『オタバリの少年探偵たち』

昨年の暮れに買って来た岩波少年文庫2冊の内の1冊。

セシル・デイ=ルイス『オタバリの少年探偵たち』

オタバリの少年探偵たち (岩波少年文庫)

第二次世界大戦直後のイギリスのオタバリの町で、子供たちの戦争ごっこ(と言うにはかなり大掛かりだが)に端を発して起こる事件の一部始終が、一連の事件の当事者の少年の一人、ジョージを語り手として書かれている。
テッド隊とトピー隊との戦闘開始から始まって、テンポの良い、臨場感溢れる、スリル満点の展開が最後まで続く。
ふとした思いつきで始まった戦争ごっこから小さな事件が起こり、それが最後にはオタバリの町にかつてなかった大事件の解決に繋がる。目まぐるしい展開で、読者たる子供を飽きさせることがないだろう…と言っても、まだウチの子は読み始めていないのだが。むろん、良質の児童文学の常として、大人が読んでも十分に楽しむことができる。

なお、著者のセシル・デイ=ルイスは、ニコラス・ブレイクの筆名で推理小説を書いていた人らしい。そういえば、『野獣死すべし』なんていうのは、読んではいないが、聞いたことがある。

本書の冒頭、訳者(脇明子)による「物語のまえに」に、当時の時代背景などが説明されている。「『そんなことより、早くお話を』という方は、ここはとばして」と控えめに書いているけれど、とんでもない、素晴らしい文章だから、是非読むことをお奨めする。
[ 2015/01/05 14:23 ] 本と言葉 子供の本 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1001-dbe00b8a