スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

狛犬と文学(その1・芥川龍之介の『妖婆』)

芥川龍之介に、『妖婆』という小説がある。
婆娑羅の大神の力を借りて加持や占いをしているお島という老婆から、出版書肆の若主人新蔵が恋人お敏を救い出そうとする話である。
それほど有名ではないかもしれないけれども、やや怪談じみた内容で面白いものなので、芥川文学の一面として、読んでみて損はないと思うのだが、のみならず、これはコマイニストとしても見逃すことのできない作品である。

以下、作品の本文を引用する。新書版芥川全集のページ数を併記するけれども、こんな一般性のない本のページ数を記載するのは、あくまでも僕の便宜のためで、読者諸兄のためのものではない。その旨、悪しからずご了承いただきたい。

重ね重ねの怪しい蝶の振舞に、新蔵もさすがに怖気がさして、悪く石河岸なぞへ行つて立つてゐたら、身でも投げたくなりはしないかと、二の足を踏む気さへ起つたと云ひます。が、それだけ又心配なのは、今夜逢ひに来るお敏の身の上ですから、新蔵はすぐに心をとり直すと、もう黄昏の人影が蝙蝠のやうにちらほらする回向院前の往来を、側目もふらずまつすぐに、約束の場所へ駈けつけました。所が駈けつけるともう一度、御影の狛犬が並んでゐる河岸の空からふはりと来て、青光りのする翅と翅とがもつれ合つたと思ふ間もなく、蝶は二羽とも風になぐれて、まだ薄明りの残つてゐる電柱の根元で消えたさうです。(P220)

その内にもう二人は、約束の石河岸の前へ来かかりましたが、お敏は薄暗がりにつくばつてゐる御影の狛犬へ眼をやると、ほつと安心したやうな吐息をついて、その下をだらだらと川の方へ下りて行くと、根府川石が何本も、船から挙げた儘寝かしてある――其処まで来て、やつと立止つたさうです。恐る恐るその後から、石河岸の中へはいつた新蔵は、例の狛犬の陰になつて、往来の人目にかからないのを幸、夕じめりの根府川石の上へ、無造作に腰を下しながら、「私の命にかかはるの、恐ろしい目に遇ふのつて、一体どうしたと云ふ訣なんだい。」と、又さつきの返事を促しました。(P221-222)

お敏は頬の涙の痕をそつと濡手拭で拭きながら、無言の儘悲しさうに頷きましたが、さて悄々根府川石から立上つて、これも萎れ切つた新蔵と一しよに、あの御影の狛犬の下を寂しい往来へ出ようとすると、急に又涙がこみ上げて来たのでせう。夜目にも美しい襟足を見せて、せつなさうにうつむきながら、「ああ、いつそ私は死んでしまひたい。」と、もう一度かすかにかう云ひました。(P227)

あの石河岸の前へ来るまでは、三人とも云ひ合はせたやうに眼を伏せて、見る間に土砂降りになつて来た雨も気がつかないらしく、無言で歩き続けました。
その内に御影の狛犬が向ひ合つてゐる所まで来ると、やつと泰さんが顔を挙げて、「此処が一番安全だつて云ふから、雨やみ旁々この中で休んで行かう。」と、二人の方を振り返りました。(P243)


場面の点景として狛犬が登場する作品は多々あるだろうけれども、ここまで狛犬が活躍する…と言っても、もちろん狛犬自体は何もしないけれども…作品も、珍しいのではないかと思う。
なおかつ、お島が誰かを呪い殺したような場合、当の現場にはお島の力が及ばないという設定になっているのだが、この狛犬の建っている場所は、まさにそういう場所で、新蔵とお敏、それを手助けする泰さんがお島に気づかれずに会うことができるのが、この石河岸の狛犬の許に限られるという、作品展開の上で欠かせない重要な地点になっているのである。
それで、以前にも、どこの狛犬なのかと思って「石河岸」を調べようと思ったことがあるのだけれども、その辺りと思しいところに、現代の地図にはその地名はないし、僕の持っている範囲の古地図にも見られないから、そのままになっていた。

今回芥川全集を読み返している際に、この狛犬がどこに建っているものか、もう少し詳しい情報が書かれているのに気がついた。しかも、こんなことを見落としているのに呆れるくらいかなりはっきりと。
それで、何だあそこだったのか、と思い当たったので、書いている。

そこでその日も母親が、本所界隈の小売店を見廻らせると云ふのは口実で、実は気晴らしに遊んで来いと云はないばかり、紙入の中には小遣ひの紙幣まで入れてくれましたから、丁度東両国に幼馴染があるのを幸、その泰さんと云ふのを引張り出して、久しぶりに近所の与兵衛鮨へ、一杯やりに行つたのです。
かう云ふ事情がありましたから、お島婆さんの所へ行くと云つても、新蔵のほろ酔の腹の底には、何処か真剣な所があつたのでせう。一つ目の橋の袂を左へ切れて、人通りの少い堅川河岸を二つ目の方へ一町ばかり行くと、左官屋と荒物屋との間に挟まつて、竹格子の窓のついた、煤だらけの格子戸造りが一軒ある――それが神下しの婆の家だと聴いた聞いた時には、まるでお敏と自分との運命が、この怪しいお島婆さんの言葉一つできまりさうな、不気味な心もちが先に立つて、さつきの酒の酔なぞは、すつかりもう醒めてしまつたさうです。(P210)


「竪川河岸」というのも明確には判らない…固有の地名ではなくて、単純に、竪川沿いの河岸、ということなのかもしれない…のだが、「一つ目の橋の袂を左へ切れて…二つ目の方へ一町ばかり」というのは明確である。
「一つ目の橋の袂」とか「二つ目」とか、土地に馴染のない方には何の1つ目だか2つ目だか判らないかもしれないけれども、これは隅田川から数えて1つ目、2つ目、ということで、地元民ならすぐに判る表現である。
2つ目は現在の「清澄通り」だが、1つ目は「一の橋通り」として、3つ目と四つ目はそのまま「三つ目通り」「四つ目通り」として現存する。
竪川を渡るために、1つ目の通りには一之橋が、2つ目の通りには二之橋が掛かる。同様に、五之橋までが現存する。
これらの通りは南北に通じているから、「一つ目の橋の袂を左へ切れて、…二つ目の方へ」行くためには、北から南へ橋を渡っているということになる。そこを東側に進んだ辺りだから、現在の墨田区千歳に当たる。

現在の一之橋。

堅川河岸

一之橋の南詰から東方を臨む。

堅川河岸

お島の家は「一つ目の橋」から竪川沿いに「一町ばかり」行ったところだが、それより少し手前、民家と民家の間のスペースを入って行くと神社がある。

堅川河岸 江島杉山神社

この神社には何度も行ったことがあって、当ブログでも1度ならず2度までも取り上げたことのある、江島杉山神社である。
これまでは南側と西側からしか出入りしたことがなかったので竪川沿いに建っているという意識がなかったのだけれども、ここがまさに『妖婆』に描かれている神社である。

では、芥川の書いた狛犬は…ということである。
これも既に取り上げたことがあるわけであるが、上の写真でも判るように、鳥居の内側に一対の狛犬がいる。
ただしこれが芥川の書いた狛犬でないことは、コマイニスト諸兄には自明だろう。
『妖婆』の書かれたのは大正8年(1919)だが、この狛犬はその頃に作られていたタイプではないからで、台座を見ると昭和30年(1955)とある。
で、芥川の書いた狛犬がどうなったのかというと、恐らくこれではないかと思われるものが残されている。残念ながら1対ではなく、境内の末社・杉多稲荷神社の鳥居の脇に1体だけひっそりと置かれているものである。

江島杉山神社 江島杉山神社

折角なので、改めてもう少し紹介しておく。

江島杉山神社 江島杉山神社 江島杉山神社
江島杉山神社 江島杉山神社

このあたりは東京大空襲で大きな被害を受けた地域だから、もしかしたらもう1体はその際に失われてしまったのかもしれない。
だいぶ古くなっているし、石に対する造詣もないから、これが間違いなく「御影の狛犬」かと言われると自信はないけれども、大正以前のものであることは間違いないと思われる。
すなわちこれが、芥川の書いた狛犬である…のだと思う。

なお、この神社は墨田区千歳1丁目にあるのだが、すぐお隣り同2丁目、やはり竪川沿いに石材店があるようである。
昔からあるのかどうかは判らないけれども、もしそうだとすると、石屋がある河岸だから「石河岸」と言った可能性も、ないわけではない。「夕じめりの根府川石の上へ、無造作に腰を下しながら」等の描写からすれば、付近の河岸が石材置き場になっていたのかもしれない。

(SONY NEX-6 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS & Carl Zeiss Planar T*50mm F1.4)


文豪怪談傑作選 芥川龍之介集 妖婆 (ちくま文庫)文豪怪談傑作選 芥川龍之介集 妖婆 (ちくま文庫)
(2010/07/07)
芥川 龍之介

商品詳細を見る

蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ 他十七篇 (岩波文庫)蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ 他十七篇 (岩波文庫)
(2015/01/01)
芥川 竜之介

商品詳細を見る

タイトルに「その1」と書いたけれども、今後の見込みがあってのことではない。が、2や3があろうとなかろうと、1であるのには違いがなかろう。

こうやって、小説の中から神社や狛犬の所在を探るのも面白そうですね。地元の人しかわからない部分も多いのでしょうが、それも一つの楽しみかもしれませんね。
[ 2015/01/23 15:16 ] [ 編集 ]

Re: たっつん さん

面白いと思うんですが、今のところほかに大したネタはありません。
本文にも書きましたが、ここまで活躍する狛犬は少ないんじゃないかと思うんですよ。それから、ここに出て来る狛犬は、当代のものとは違う位置に立ってたんじゃないかと思うんです。
まあ、大正頃なら資料を探せば出て来るかもしれませんけど、そこまでの気力はありません。
[ 2015/01/24 01:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1006-c9ca6269










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。