スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

附箋を剥がす(20)―漱石の「嘘」と芥川の「嘘」

最近『三四郎』を読み返していて気になったところ。

与次郎は風馬牛と云ふ熟字を妙な所へ使つた。さうして一人で笑つてゐる。
「なに、もう五六年もすると、あれより、ずつと上等なのが、あらはれて来るよ。日本ぢや今女のほうが余つてゐるんだから。風邪なんか引いて熱を出したつて始まらない。――なに世の中は広いから、心配するがものはない。実は僕にも色々あるんだが、僕の方であんまり煩いから、御用で長崎へ出張すると云つてね」
「何だ、それは」
「何だつて、僕の関係した女さ」
三四郎は驚いた。
「なに、女だつて、君なんぞの曾て近寄つた事のない種類の女だよ。それをね、長崎へ黴菌の試験に出張するから当分駄目だつて断つちまつた。所が其女が林檎を持つて停車場まで送りに行くと云ひ出したんで、僕は弱つたね」
三四郎は益驚いた。驚きながら聞いた。
「それで、何うした」
「何うしたか知らない。林檎を持つて、停車場に待つてゐたんだらう」
「苛い男だ。よく、そんな悪い事が出来るね」
「悪い事で、可哀想な事だとは知つてるけれども、仕方がない。始めから次第々々に、そこ迄運命に持つて行かれるんだから。実はとうの前から僕が医科の学生になつてゐたんだからなあ」
「なんで、そんな余計な嘘を吐くんだ」
「そりや、又それゞゝ事情のあることなのさ。それで、女が病気の時に、診断を頼まれて困つた事もある」
三四郎は可笑しくなつた。(十一、岩波新書版全集P233〜234)


ここを読んでいて、以前にも取り上げたことのある芥川龍之介の『路上』を思い出した。
こんな場面である。

が、その時、ふと彼の前を通りすぎる汽車の窓が目にはいると、思ひがけず其処には大井篤夫が、マントの肘を窓枠に靠せながら、手巾を振つてゐるのが見えた。俊介は思はず足を止めた。と同時にさつき大井を見かけたと云ふ野村の言葉を思ひ出した。けれども大井は俊助の姿に気がつかなかつたものと見えて、見る見る汽車の窓とともに遠くなりながらも、頻に手巾を振り続けてゐた。(二十、岩波新書版全集P169)

「君は僕がどうしてあの時、国府津なんぞへ行つたんだか知らないだらう。ありやね、嫌になつた女に別れる為の方便なんだ。」
俊助は外套の隠しへ両手を入れて、呆れた顔をしながら、大井と眼を見合せた。
「へえ、どうして?」
「どうしてつたつて、――まづ僕が是非とも国へ帰らなければならないやうな理由を書き下してさ。それから女と泣き別れの愁嘆場がよろしくあつて、とどあの晩の汽車の窓で手巾を振ると云ふのが大詰だつたんだ。何しろ役者が役者だから、あいつは今でも僕が国へ帰つたと思つてゐるんだらう。時々国の僕へ宛てたあいつの手紙が、こつちの下宿へ転送されて来るからね。」
大井はかう云つて、自ら嘲るやうに微笑しながら、大きな掌を俊助の肩へかけて、
「僕だつてそんな化の皮が、永久に剝げないとは思つてゐない。が、剝げるまでは、その化の皮を大事にかぶつてゐたいんだ。この心もちは君に通じないだらうな。通じなけりや――まあ、それまでだが、つまり僕は嫌になつた女に別れるんでも、出来るだけ向うを苦しめたくないんだ。出来るだけ――いくら嘘をついてもだね。と云つて、何もその場合まで好い子になりたいと云ふんぢやない。向うの為に、女の為に、さうしてやるべき一種の義務が存在するやうな気がするんだ。君は矛盾だと思ふだらう。矛盾も亦甚だしいと思ふだらう。だらうが、僕はさう云ふ人間なんだ。それだけはどうか呑み込んで置いてくれ。――ぢや、失敬しよう。わが親愛なる安田俊助。」(三十五、同P196 ~197)


芥川は、与次郎の「嘘」を捻って、大井の「嘘」に作り変えたのではないか、と、ふと思ったのである。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1023-a79c4a4f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。