『スキマの植物図鑑』

この季節になると、新入生に薦める図書というような企画を良く目にするが、なるほどと思えるような面白いものと、何だかつまらないものとがある。
個人的につまらないと感じるのは、紹介者の専門分野に特化しているもので、たとえば夏目漱石の専門家が漱石の入門書や伝記を紹介していたりするような場合なのだが、そういうものを見ると、かなりがっかりする。
役に立つには違いないのだけれども、役に立つ範囲が限定的過ぎるからである。新入生に対して、と謳うのであれば、そういう狭い範囲の知識ではなく、ものの考え方とか、視点とかを考えさせられるようなものを薦めるべきなのではないかと思う。
むろんここで漱石を上げたのはただの一例であって、源氏物語にしろ井原西鶴にしろ、専門分野についての知識を得るための書籍なら、各自が必要なものを必要な時に読めば良いのである。
執筆者が『自分の』専門分野の知識を与えるようなものは、悪いとは言えないけれども何とも興醒めである。

そんなことを書いたのは、娘の入学した高等学校の校長先生が薦めていた本がとても秀逸だったからである。

塚谷裕一『カラー版 スキマの植物図鑑』
カラー版 - スキマの植物図鑑 (中公新書)

件の校長先生、数学が専門で植物にはむしろ瞑いらしいのだけれども、都会の中で植物を発見する楽しさを味わうことを薦めていた。実に素敵な先生だと思う。

さて、「スキマの植物」というのは、アスファルトの割れ目やら屋根やらから生えている植物のことである。
すっかり忘れていたけれども、ひと昔前に「ど根性大根」なるものが話題になったことがあるが、実はかの大根が特別「ど根性」なわけではなく、スキマはむしろ、植物にとって生育しやすい環境であるらしい。だから、都会でも(だからこそ)多種多様な植物が見られるのである。

そんな「スキマ」の植物が、四季を追って紹介されている。何ということもない近所での買い物の際にでも、そんなスキマの植物を探しながら歩けば、楽しみが見つかるものである。
[ 2015/04/25 00:45 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1030-5e1c8671