"TOTO IV"

僕と同じくらいの年代の人が、テレビ制作現場には少なからずいるのだろう。番組のバックグラウンドで流されている音楽、特に洋楽で、僕にも耳馴染みのものを、最近良く耳にする。
そんな中のひとつ。

僕が中学・高校の頃は洋楽ブームで、所謂「商業ロック」の花盛りだった。
そんな商業ロック・バンドの代表格が TOTO である。

"TOTO IV" 〜『聖なる剣』〜

TOTOIV

もっとも、「商業ロック」というのは、現象から貼られたレッテルだから、ジャンルとしては AOR と言うべきなのだろう。
バンド名が便器の TOTO に由来する、というのもの、日本人にとっては親しみを覚えやすいエピソード(ウソらしいが)で、日本でも大層人気があった。
大ヒット曲 Africa は間違いなく名曲で、当時聴いた時の鮮烈な印象は、今でも衰えない。同じく大ヒットした Rosanna も、それに劣らない。このアルバムにはそれらが収められているから、それを目当てに買ったのである。
が、その当時聴いた印象としては、あまり感心しなかった覚えがある。

改めて聴いてみると、極めて完成度が高い。一点非の打ち所がないと言っても良い。これに匹敵するものが、そうそうあるとも思われない。
今思うと、あまりにも良く出来過ぎていて、それが却って面白くなかったのだろう。

発売は1982年。30年以上の時を経て漸く、そういう冷静な判断ができるようになっている…のだが。
芥川龍之介は云う。
――正に器用には書いてゐる。が、畢竟それだけだ。
[ 2015/09/04 23:58 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1068-867c7ed9