スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

車掌激走

車掌激走、電車に追い付く 京急北品川駅で置き去り

14日午前0時10分ごろ、京浜急行電鉄北品川駅(東京都品川区)で、品川発京急川崎行き普通電車(6両編成)が、男性車掌(21)をホームに置き去りにしたまま発車した。車掌は約700メートル先にある次の新馬場駅(同区)まで、線路と並行する国道15号をダッシュし、到着して待機していた電車に再び乗って業務を続けた。

京急によると、車掌は北品川駅の出発直前、最後尾の乗務員室から身を乗り出して安全を確認しながらドアを閉め、運転士にブザーで出発可能の合図を出した。その際、アナウンスで使うマイクをホーム上に落としてしまい、拾おうとして乗務員室を出たところ、電車が発車したという。

車掌はすぐに北品川駅の事務室へ行き、運行を管理する司令に報告すると、新馬場駅まで走って向かうよう指示された。

京急は「あってはならないことであり、基本動作を再徹底させる」としている。(産経ニュース)


ミスはミスだけれども、これはなかなかすごい。

北品川と新馬場の間は700メートルもない気もするけれども、それは良しとしよう。
何がすごいといって、列車の遅れが5分だったという点である。終電で、日中より停車時間が長かったのだろうけれども、それにしても速い。
そもそも、この車掌殿、ただ駅間の国道を走っただけではない。
「品川発京急川崎行き」というのは下り列車なのだが、「北品川駅の事務室」は、他の記事によれば上りホームにあるらしい。
とすれば、まず、下りホームの最後部から最前部近くまで行って跨線橋を上り下りしなければならない。
そこで「指令」からの指示を受けた後に改札を出る。
それから国道を走って隣駅に到着。
問題は、よりによってそこが新馬場駅だということである。
新馬場は高架駅で、かなりの段の階段を駈け上ることになるのだけれども、実はそれで終わりではない。
この駅はホームの長さが200メートルほどもあって、車両はその中央付近に止まっている。6両編成なら100メートル程度しかないだろうから、ホームに着いてからまだ50メートル近い距離を走らなければいけない。精神的には、このホームダッシュが、案外きつかったのではないか。

京急電鉄としては件の車掌殿を褒めるわけには到底行かないけれども、実はかなりの人気者になっているだろうことは、想像に難くない。
なお、車掌が「アナウンスで使うマイク」を持っていたのは、発車の際のアナウンスを車掌が行なっているからである。
だから、京急では「ドアが閉まります」ではなくて、「ドアを閉めま~す」と言う。
元・京急沿線住民としては当たり前のことなのだけれども、案外、珍しいらしい。
[ 2015/10/15 23:39 ] 旅・散策 京浜急行 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1082-d7f19b86










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。