最近の訃報・補遺

最近目にした訃報で、気になっていたものをひとつ漏していたので追加。

作家の高田宏さん死去 「言葉の海へ」で大佛次郎賞

言語学者として国語の統一に尽力した大槻文彦の伝記「言葉の海へ」で、78年に大佛次郎賞、亀井勝一郎賞を受賞した作家の高田宏(たかだ・ひろし)さんが、11月24日に肺がんで亡くなっていたことがわかった。83歳だった。葬儀は近親者で営まれた。喪主は妻喜江子(きえこ)さん。

エッセー「木に会う」で90年、読売文学賞を受賞。石川県九谷焼美術館の館長や平安女学院大学の学長、将棋ペンクラブの会長なども務めた。(朝日新聞デジタル)


大学1年生の時に、人に勧められて『言葉の海へ』を読んだ。
内容はすっかり忘れてしまったけれども、その本は未だ実家にあるから、今度行った時に、持って来ようか。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1092-3da98522