スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

訃報・牛込惟浩さん

横浜大洋ホエールズ(DeNA横浜ベイスターズに非ず)のファンであれば、牛込さんの存在を知らない人は恐らくいなかっただろう。無名であっても日本球界に合った外国人選手を発掘して来る名人だった。
金満球団が大枚を叩いて超大物選手を獲得したものの泣かず飛ばずで終わることも珍しくない中、この人が連れて来る無名の助っ人のコストパフォーマンスはこの上なく高かった。
毎年最下位争いを繰り返す弱小球団の中で、シーズン終盤まで個人成績でファンの興味を繋ぎ止めてくれたポンセやパチョレックも、この人が探し出して来た選手である。
また、獲得して終わり、ではなく、来日後の生活面での行き届いたケアなどがあって、選手からの信頼は極めて厚かったらしい。
その牛込さんの訃報。

牛込惟浩氏死去 79歳敗血症 大洋、横浜でローズら外国人獲得に手腕

大洋、横浜(現DeNA)で長く渉外担当などを務めた牛込惟浩(うしごめ・ただひろ)氏が4月9日、敗血症のために死去していたことが4日、分かった。享年79。葬儀・告別式は近親者によって執り行われた。

牛込氏は東京都出身。早大卒業後、64年に横浜の前身である大洋球団に入社した。通訳、1軍マネジャー、広報などを経て、渉外担当に就任。79年首位打者のフェリックス・ミヤーン、88年に本塁打、打点の2冠に輝いたカルロス・ポンセ、90年首位打者のジム・パチョレック、首位打者1度、打点王2度のロバート・ローズら、数多くの外国人選手の獲得に手腕を発揮した。(スポニチアネックス)


そういえば先日、DeNA横浜ベイスターズが、セ・リーグ全球団の借金を一手に背負った、というニュースがあった。
昔の「横浜大洋銀行」を思い起こす出来事…と、言っても、今や銀行は貯金をする魅力のあるところではないから、この比喩も、ほぼ死語に近いと言って良いかもしれない。
[ 2016/05/08 00:02 ] | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1107-744d7efc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。