「リベンジ」

「リベンジ」使う人、「雪辱」の3倍 メールなど独特“打ち言葉”浸透

「リベンジ」を使う人の割合は「雪辱」の3倍-。文化庁が21日に発表した平成27年度の「国語に関する世論調査」で、カタカナ言葉の使用頻度の高まりが明らかになった。メールなどで文字を打ち込む際に絵文字を使う割合も6割近くに上り、話し言葉でも書き言葉でもない独特の“打ち言葉”の浸透ぶりが浮かび上がった。

同じような意味の漢字とカタカナ言葉で、どちらを主に使うか尋ねたところ、「リベンジ」は61.4%、「雪辱」は21.4%だった。30代以下では「リベンジ」派が8割を超えた。その他では「アスリート」の使用割合が46.0%に上り、「運動選手」の33.3%を上回った。(産経ニュース)


カタカナことばを使う度合いが増えているのは間違いなく、こういう調査を否定するつもりはないけれども、とはいえその分析を鵜呑みにすべきでないことは言うまでもない。

「リベンジ」と「雪辱」のどちらを使うか、と聞かれた時にどう答えるか。
生まれてこの方「リベンジ」なんて使ったことがない、という方なら躊躇なく「雪辱」と答えるだろうけれども、僕ならちょっと迷ってしまう。
そういえば最近、「雪辱」なんて使った記憶がない、「リベンジ」なら使わないこともない、と思って「リベンジ」と答えるかもしれないけれども、ちょっと待て、とも思うのである。

英語の原義はともかく、現代日本語としての「リベンジ」は、商店街の福引きでハズレを出して、続けてもう1回引く前のようなシーンでも使える程度のごく軽いニュアンスを持ったことばである。同じシチュエーションで「雪辱」を使うことはまずありえない。「雪辱」に近いニュアンスで使われることもあるとしても、そうでないニュアンスを多く持っているのである。
つまり、
 雪辱 = リベンジ
ではなくては、
 雪辱 ⊂ リベンジ
ということである。
「雪辱」も「リベンジ」もどちらも使う、という人にしても、実際問題、「雪辱」を使うシーンは、そうそうあるものではないだろう。だから、どちらを使いますか、と聞かれたら、「リベンジ」と答える人が多くなるのは当り前である。
つまり、「雪辱」と「リベンジ」を「同じような意味」のことばとして二者択一させることに、妥当性があるか、ということである。

「再挑戦」「もういっちょ」「今度は勝つぞ」などと言っていたことばが昨今では「リベンジ」に置き換えられているわけだから、カタカナことばが増加しているのは間違いなく、この調査の結論が間違っているわけではないだろう。
が、こういう調査結果を見た時に、何も考えることなくしたり顔で受け売りしたりすることは、やめた方が良い。


ちょいとニュアンスは違うのかもしれないけれど
私はやっぱり「敵討ち」ですね。
[ 2016/10/13 22:42 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

ニュアンスの違い、ということは確かにあるかもしれませんけれども、別のことばには、かならずニュアンスの違いがあるわけで、これとこれが同じ意味だ、と考えること自体が、そもそも間違っているんだと思います。
[ 2016/10/14 00:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1127-5ed16cb7