ノーベル文学賞2016(その9)

もう少し付き合ってみることにする。

ボブ・ディラン ノーベル文学賞受賞会見なし…授賞式出欠も不明

ノーベル文学賞の選考主体スウェーデン・アカデミーは3日、ストックホルムでの12月10日の授賞式に先立つ恒例の文学賞受賞者の記者会見を、今年は行わないと明らかにした。理由は示していないが、受賞者の米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(75)の意向に沿った判断とみられる。

記者会見は12月6日に設定され、各賞のイベントと共にウェブサイト上で予定が公表されていたが、既に削除された。ディランが12月にストックホルムに来るかどうかとは無関係だとしており、授賞式への出欠は依然不明。

翌7日には恒例の記念講演が予定されており、現段階で削除されていないが、過去には本人が欠席して関係者が代読したり、録画映像を流したりしたケースもある。(Sponichi Annex)


一件落着かと思っていたら、なかなかどうして、12月10日まで興味を繋いでくれそうである。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1141-0c953692