『青蛙堂鬼談』

特に何かを買うわけではないのに、一と月に文庫本1 冊買えるくらいのポイントが貯まるサイトがあり、しかもそれが期間限定のポイントなので、それでふつうなら買わないような文庫本を捜して買うことがある。
それで、最近買った本。

岡本綺堂『青蛙堂鬼談 岡本綺堂読物集二』(中公文庫)

青蛙堂鬼談


僕の性格からすると、「一」を読まずに「二」を読むのはどうにも気持ちが悪い。仮に読まないにしても「一」を持っていないというのがどうにも落ち着かない。短篇連作で「一」と「二」との間に特段の連関がないとはいえ、である。
それが何故に「二」を買ったのかというと、そのサイトの商品ページで書名にサブタイトルが併記されておらず、「二」だということに気づかなかったからである。実に出来の悪いサイトである(だからそのサイトにはリンクを貼っていない)…が、実質的にはロハで貰ったようなものだから、これ以上文句は言わない。

さて、この本を読んで何が驚いたかと言うに、2012年初版のものであるにもかかわらず、旧かなづかいで書かれていることである。内田百閒ですら新かなづかいに改められて久しく、今や国文科の学生でも旧かなづかいの作品を読みこなすことが覚束ない状況である。「当時の読本の雰囲気を伝えるべく」(編集部)したことだと言うけれども、ずいぶん思い切ったことをしたものだと思う。それが2014年に再版されていることは、もっと驚きだが。

「鬼談」というタイトルから想像が付くように怪談(と断定して良いかどうかは判らないけれども)だけれども、ただ恐怖を煽り立てるような派手なものではなく、 さほど怖いわけではない。が、面白い。文章が実にしっかりとしていて良い。
岡本綺堂の小説は「半七」しか読んだことがなかったのだけれども、それとはひと味違ったじっくりと読ませる話である。

続き…というか、「一」から、改めて読んでみたいと思う。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1146-e9c3e348