"The 1966 Live Recordings"

ノーベル文学賞受賞の勢いを駈って、たぶん今年最後のディラン。

"The 1966 Live Recordings"~『ライブ1966』~

The 1966 Live Recordings


1965年のニューポート・フォーク・フェスティバルで、ディランがロックに「転向」するというロック史上の「事件」が起こる。
その翌年、ディランは後のザ・バンドを随えてツアーを行なうのだが、その模様はほとんど録音されていたのだそうで、本CDは、その全音源である。
収められている曲は、異なり曲数18で、曲順こそ違え、ほとんど同じ曲が、繰り返し繰り返し36枚ものCDに収められている。延べ曲数296だから、1曲あたり平均16回超、Just Like Tom Thumb's Blues~親指トムのブルースのように~など、22回(内1回は中途半端な感じだが)も聴くことができる。いや、聴く破目になると言うべきか…。
録音状態もまちまちで、特に32枚目以降のものの録音状態は著しく酷く、それ単独では絶対に商品化できないレベルである。聴いて楽しむには、録音状態の良いものを選りすぐれば十分で、それならおおよそCD1枚か、せいぜい2枚に収めることができるはずである。
伝説の「ロイヤル・アルバート・ホール」の演奏が聴きたければ、既にブートレッグ・シリーズに収められて発売されている。それが実はフリー・チェスター・ホールでの演奏だったからと言って、本当の「ロイヤル・アルバート・ホール」の演奏は別に「伝説」なわけではないのだから、無理して聴くほどのこともない。
それでもどうしても聴きたいと言うのなら、同時発売の
"The Real Royal Albert Hall 1966 Concert"~『リアル・ロイヤル・アルバート・ホール』~だけで良く、この年に行なわれたディランのツアーの音源をすべて聴くなんていう苦行は、よほどの物好きでなければ、する必要がない。
僕は聴いたけど…。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1150-0c17b231