『平安時代大全』

山中裕著『平安時代大全』(KKロングセラーズ)

平安時代大全


神田三省堂で平積みになっていたので見付けて購入した。
著者は物故者だから、過去に出されていた書籍の改題再刊だとは思うのだが、あとがきや附記などがないのでどういう素性の本なのかは判らない。
「年中行事」「後宮の女性」「皇族・貴族」「人物」「冠婚葬祭」「風俗文化」「宗教」「文学」「荘園」の各項目に分けて、判りやすく説明されている。専門的なものではないけれども、類書がそれほど多いわけではないから、入門としては悪くはないだろう。
この手の本では定番の「コラム」があり、割に役に立たないものであるのがこれまた定番なのだけれども、本書に収められているものは結構しっかりしたものが多い。
本書の大半は下請の分担執筆だろう(これは批判ではなく、それが通常だの謂)けれども、コラムの中のいくつかは山中先生ご自身が書かれたものなのではないか、という気もする。
[ 2016/12/20 22:47 ] 本と言葉 歴史の本 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1151-55e2ba7f