鴎外の書簡

森鴎外29歳時の書簡、2月初公開 初期の創作活動知る資料

文豪の森鴎外(1862~1922年)が29歳の時、作家で劇評家の饗庭篁村(あえば・こうそん、1855~1922年)に宛てて書いた全集未収録の書簡1通が4日までに見つかった。東京都の文京区立森鴎外記念館が昨年夏に都内の古書店から購入、2月2日から初公開する。

この頃の鴎外の書簡は全集でも収録数が少ないといい、記念館は「鴎外の初期の創作活動を知ることができる貴重な資料だ」としている。

書簡は1891年2月27日付で、巻紙に毛筆で書かれている。鴎外の留守時に家を訪ねて来た篁村に対し、「今日おん目にかくべかりしにと遺憾」と記し、書き上げたばかりの原稿を見せたかったと残念がっている。

書簡に出てくる原稿は「朗読法につきての争」と題され、鴎外が主宰する文学評論雑誌「しがらみ草紙」18号(同年3月25日発行)に掲載された。篁村らが東京専門学校(現早稲田大)に設けようとしていた「和文朗読法の科」に鴎外が賛同するとの内容だ。

鴎外は88年、4年にわたるドイツ留学から帰国。90年には小説「舞姫」を発表するなど、軍医として勤務する傍ら、文学活動に本腰を入れ始めた時期に当たる。(日本経済新聞)


未知の書簡が発見されて、鴎外の文学の読みが変わると考える立場には立たないけれども、とはいえ興味深い発見である、とは思う。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1159-bca5048b