『わかりやすい会津の歴史』

会津土産。

『わかりやすい会津の歴史 古代・中世・近世編』

わかりやすい会津の歴史古代中世近世編

会津武家屋敷の売店で見つけて購入した。
興味の沸いたところから拾い読みしているだけだけれども、書名の通りわかりやすい。
会津に興味のない人にはほとんど価値はないかも知れないけれども、「保科」の端くれとしては、会津の歴史には興味を持たざるを得ない。
僕の知っている中国人の孔さんは、孔子の子孫だと大真面目に言っているし、孫さんは孫悟空の子孫だと(こちらは冗談混じりにだが)言っている。その根拠は、名字が「孔」とか「孫」だという以上のものではないようである。
その伝で言えば、僕と会津保科(松平)家との間に、幾許かの関係があると強弁することも、根拠が皆無だとは一概には言い切れない。
そんなこんなで、土産に選んだのである。

なお、会津武家屋敷にはこの『古代・中世・近世編』しかなかったのだけれども、「編」というからにはその続きがあるに違いない、と思って、東京に戻ってから調べて以下のものも購入した。

『わかりやすい会津の歴史 幕末・現代編』

わかりやすい会津の歴史幕末近世編

絶版のため、入手するには流通在庫を探すしかないようである。

…と、いうわけで、5年ぶりに会津に行って来たわけである。
[ 2017/04/05 23:59 ] 本と言葉 歴史の本 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1173-4f00061e