スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

ノーベル文学賞2016(その18)

JASRAC会見「京大HP歌詞は引用。請求しない」…16年度徴収額1118億円

京都大学がHP上でボブ・ディランさんの「風に吹かれて」の一節をとりあげたことについて、「JASRAC」(日本音楽著作権協会)の浅石道夫理事長は5月24日、「JASRACは引用として判断している。(著作権使用料を)請求はしない」と明言した。発言は定例記者会見でのもの。

京都大学の山極寿一総長は、4月の入学式の式辞で「風に吹かれて」の一節を紹介。この式辞が大学HPに掲載されたことで、JASRAC側が問い合わせをしていた。

浅石理事長は、JASRACが使用料を請求したという一部報道を完全否定。歌詞の利用目的の確認は、新聞などに対しても行なっている「日常業務」で、困惑していることを強調した。

JASRAC広報によると、今回の件では、外部から京大HPでの歌詞利用について「問題ないのか」という連絡があったという。JASRACでは歌詞付き楽譜のダウンロード販売などについて使用料を徴収しており、公平性や公衆送信権(読者に対し、コピペ、拡散を推奨するものなのかどうか)の観点から、京都大学に掲載目的の確認を行なったそうだ。(弁護士ドットコム)


著作権を管理するのがJASRACの業務なわけだから、使用料を徴収すべきかどうかを確認すること自体、当たり前のことではあるのだけれども、昨今何かと物議を醸し出しているさ中だけに、事実誤認を含めた批判的意見が渦巻いたことは、致し方ないところもあるのかもしれない。

なお、意見なしに事実だけ述べておく。
式辞で引用されている歌詞は10行。ただしその内2行は3回リフレインされる箇所だから実質14行。
ちなみに、Blowin' in the Wind はそんなに長い歌ではなく、歌詞は全部で24行しかない。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1184-90ac2e1d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。