ひらがな

平安和歌刻む土器出土 全国初、山梨・甲州

 山梨県甲州市塩山にある奈良-平安時代の「ケカチ遺跡」から出土した土器に、仮名文字で和歌1首が刻まれていたことが分かり、同市や山梨県立博物館(同県笛吹市)が25日、発表した。同館によると、和歌1首が丸ごと刻まれた土器の出土は全国初で「平仮名の確立時期を裏付ける貴重な資料」としている。

 土器は皿の形をした「甲斐型土器」。2016年5月に出土した。直径12.4センチ、高さ2.6センチで、ほぼ完全な形で見つかった。特徴や土の種類から、平安時代中期(10世紀中ごろ)に、国府が直営する山梨県内の釜で生産されたとみられる。

 和歌は土器を焼く前に、表面に刻まれていた。ヘラのようなものを使ったらしい。皿の中央から左縁にかけて5行にわたり「しけいとのあはすや■なはふくるはかりそ(■は欠損)」などと記されていた。作者は不明。(産経ニュース)

和歌刻んだ土器が出土 ひらがなの伝播知る手がかりに

 山梨県甲州市塩山下於曽(えんざんしもおぞ)の平安時代の「ケカチ遺跡」の居館跡から、和歌を刻んだ10世紀半ばの土器が見つかった。甲州市と市教委が25日、発表した。土器を調べた県立博物館の平川南館長(日本古代史)は「この時期のひらがなのみで書かれた和歌1首が出土資料として発見された例はなく、中央から地方へのひらがなの伝播(でんぱ)を知る上で極めて重要だ」と話している。

 発表によると、甲斐型土器と呼ばれる素焼きの土師器(はじき)の皿(直径約12センチ)の内面に、1文字の欠損部分を含め31文字が5行にわたって刻まれている。生乾きの状態で竹べらの先端を用いて彫り、その後焼成されたとみられる。すずりや鉄製のおもりなどとともに出土した。

 和歌は、一例として「我(われ)により 思ひ繰(くく)らむ 絓糸(しけいと)の 逢(あ)はずやみなば 更(ふ)くるばかりぞ」と読めるという。万葉集や古今和歌集などに見られないオリジナルで、恋や別離の和歌に使われる「絓糸(しけいと)」の言葉があり、惜別の気持ちを伝える内容。筆運びの巧みさから、都から派遣された国司のような人物が送別の宴席で地元の有力者に贈ったものとみられ、受け取る教養人が地方にいたことも示している。

 ひらがなは、8世紀の万葉仮名から草仮名を経て成立したとされる。平川さんは「墨書ではなく刻書にしたのは、2人の関係を長く保ちたいという気持ちの表れではないか。ひらがなが成立したとされる『土佐日記』(935年ごろ)に近い時期の一等資料で、仮名の変遷とともに国文学や書道史の上でも価値がある」と話している。(朝日新聞DIGITAL)


10世紀中盤にひらがなが使われていたこと自体は新しい知見ではないものの、裏づける資料が多くて悪いわけがない。従来の説が誤りではなかったということを確かめるのも、重要なことである。

さて、…。
産経。「5行にわたり」と書いてあるのに3行分しか書かないのはいかがなものか。詳しくない人が見たら、これのどこが「和歌1首まるごと」なのか? と思われかねない。
朝日。和歌の読みを「一例として…と読める」と書いてあるのは、一般の人には通じないだろうと思う。「くくらむ」は、他紙によれば、「くるらむ」の可能性もあるようだ。「ひらがな」であることに意味があるのに、漢字を宛ててしまって読みを括弧書きするのはどうなのだろう。ある程度の知識のない人なら、「我により 思ひ繰くらむ…」と書かれていると思ってしまうのではないか。「ひらがなは、8世紀の万葉仮名から草仮名を経て成立したとされる」というのは簡潔だが、こういうふうにきちんと説明されることは少ないように思う。「国文学…の上でも価値がある」とは、かならずしも思わない。

ところで、「ケカチ」って、何なんだろう?

「ケカチ」といって思い出すのは「飢渇」です。
「又、養和のころとか、久しくなりておぼえず。二年があひだ、世の中飢渇してあさましき事侍りき。」(方丈記)
禍々しい感じがしますが、地名としても多いみたいです。
あんまり住みたくはない住所ですね。
[ 2017/08/27 12:09 ] [ 編集 ]

Re: 中川@やたナビ さん

> 「ケカチ」といって思い出すのは「飢渇」です。

なるほど、そうなんですね。調べないで書くからこういうことになる。でも、「飢渇」じゃ漢字で書けませんね。
[ 2017/08/27 22:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/1196-aa742347