大学院生募集

できるだけ否定的なことは書くまいと思っているのだが、これはあまりにも気になったので書く。

素人ブログの通例で、このブログにはアドワーズの広告が出る。その中で、次のようなものが、時々出現する。

伊勢物語を研究するなら - www.nijl.ac.jp
国文学研究資料館にある大学院で博士(文学)を取得しよう !


「伊勢物語」の部分が「物語草子」になっていることもあるようだが、それはどちらでも構わない。
伊勢物語を研究して博士(文学)を取得しようとするような人であれば、通常、修士(文学)を持っている(もしくは取得見込みの)はずである。そして、その修士(文学)は、伊勢物語を研究して取得したとまでは特定できないけれども、常識的に考えれば、すくなくともシェークスピアやドストエフスキーの研究によるものではないだろう。

伊勢物語や、その周辺の物語・和歌を研究して修士(文学)を取得した人が、国文学研究資料館(以下「資料館」と略す)の存在や、そこに設置されている大学院があることを知らないはずがない。
百歩譲って、資料館を知らない修士(文学)取得者がいたとしよう。だが、国文学の研究者にとっては、直接訪れて利用したことがあるかどうかは別として、資料館の存在自体が常識に属する。そんなことも知らない学生を集めようとしているということだろうか。

資料館には、普通の大学の大学院では望めないほど、豊富な資料がある。そして、斯界の権威と言って良い優れた学者が在籍している。大学院が設置されていることが、今ひとつ認知されていない、ということなのかもしれないが、宣伝するのに、もっと有効な手段がいくらでもあるはずである。

アドワーズなどにお金を掛けている意味が、まったく判らない。

8月25日追記
アドワーズが表示されないようにした。だから今は出ていない。
[ 2010/08/15 22:04 ] 理屈・屁理屈 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/12-f9cc6132