スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

"UNHALFBRICKING"

今日のBMG。

FAIRPORT CONVENTION "UNHALFBRICKING"
  ~フェアポート・コンベンション『アンハーフブリッキング』~

アンハーフブリッキング

先週のNHK FM「ウィークエンドサンシャイン」でやっていた「リチャード・トンプスン特集」で耳にして知ったバンド。
放送では、ベスト盤 "Meet on the Ledge: The Classic Years (1967-1975)" に収められた曲を紹介していたようだ。出掛けの慌しい時間に聴き流しているので、きちんとは把握してはいないのだが、その時僕が耳にした曲はどうやらこのアルバムに収められているものらしいので、これを聴いてみた。

イギリスを代表するフォーク・ロックのバンド…らしい(不学のため知らなかったが)。何故だか1969年に3枚ものアルバムを出している、その2枚目。
ボブ・ディランの楽曲が3曲、トラディショナルが1曲、トンプスンとサンディ・デニーのものが2曲ずつ。中でも、オープニングの Genesis Hall (ジェネシス・ホール)と、後半の Who Knows Where The Time Goes? (時の流れを誰が知る)~Persy's Song (パーシーズ・ソング)が切なく美しい。
ラストの Million Dollar Bash (ミリオン・ダラー・バッシュ)のカントリーふうのアレンジも、ディランのオリジナル(100万ドルさわぎ。ただしこちらの公式発売は後年の1975年)とは違った味で、素晴らしい。
[ 2010/12/21 22:58 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/133-51e3d206










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。