スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

『よしだのうた』

今日のBGM。

『よしだのうた~吉田拓郎作品集~』

よしだのうた~吉田拓郎作品集~

内容を詳細に紹介するのは小っ恥ずかしい(特に6曲目とか7曲目とか14曲目とか…)ので止めにする。興味ある方はリンク先を参照されたし。
当時の勢いがあってこそ聴けた、というものもあるけれど、懐かしい名曲・迷曲が収められている。と言っても、70年代の楽曲が主で、リアルタイムで聴いていたものはあまりないのだが。
収録曲のオリジナルを個別に買う気にもなかなかならないし、なったところで手に入らないものも少なくない。そういう意味で、貴重なアルバムである…と言えないこともないわけでもないとは言い切れない…???
それにしても、9曲目はジャンルを超えた素晴らしい作品である。

<余談1>
これ以前にも、同じような企画のものはあった。収録曲が若干被っているが、こちらも持っている。貴重な音源かもしれないけれど敢えて聴く価値は? という曲がやや多い点において、上記のものと比べて少々安直な感はあるが…。
<余談2>
このエントリを書いていて、こんなものがリイシューされていたのを知った。
<余談3>
最初に書いたようにこのアルバムを紹介するのは小っ恥ずかしいのだが、数少ない当ブログの読者の中でも、少なくとも1人にだけは理解を示してもらえるだろうと思うのを心の励みにして書いた。
[ 2011/02/03 22:54 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(4) | TB(0) |  TOP△

No title

私の場合、ごく初期のもの以外は、リアルタイム・・・でした。
年がわかっちゃいますね。
私自身は吉田拓郎のやや遅れた世代のフアンと言えるかと思うのですが、こういった曲の数々は小学校から中学、高校にかけてブラウン管(古いなあ・・・)を通して良く耳にしていた曲ばかりです。

>貴重なアルバムである…と言えないこともないわけでもないとは言い切れない…???


とは、なんとも苦渋に満ちた複雑な言いまわしですね(笑)。
おっしゃろうとする意味が、渡らないというわけではないとも言い切れません。
[ 2011/02/05 11:23 ] [ 編集 ]

Re: No title

コメントありがとうございます。

> 私の場合、ごく初期のもの以外は、リアルタイム・・・でした。

まぁ、スレスレでリアルじゃなかったという程度ですが…。
僕の場合、1978年あたりが境になっているので、実際、懐かしい曲もあるんですが、それだけに今聴くと小っ恥ずかしいものがあります。
[ 2011/02/05 17:05 ] [ 編集 ]

No title

これ、アマゾンのリンク先にMP3ダウンロードってのがあるのが、最大のギャグですね。
全部MP3で集められるのかは分かんないけど、石野真子はありました。
[ 2011/02/07 00:08 ] [ 編集 ]

Re: No title

> 全部MP3で集められるのかは分かんないけど、石野真子はありました。

太田裕美は「木綿のハンカチーフ」だけみたいです。全部調べる気にはならないけど。
[ 2011/02/07 21:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/170-0360a010










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。