『キング・オブ・ロック』

子供が好きなテレビ番組のひとつに、NHK教育(Eテレ)の『ピタゴラスイッチ』がある。
この番組の中で特に有名なのは「ピタゴラ装置」だが、そればかりではなく、全体的に手抜きなくしっかり作られていて、親が見ていてもとても楽しめる番組である。
中には、大人には間違いなく面白いが、子供が見て面白いのか? と思うようなものもある。それだけ本気で作っているということで、だから子供が見ていて、飽きないのだろう。
番組が始まったばかりの頃、「アルゴリズム体操」を見てかなり驚嘆したし、最近はやっていないようだが、「何してるの? おじさん」のセンスも光っていた。「10本アニメ」も素晴らしい。「フレーミー」もほのぼのとして楽しい。

さて、この番組の中で、時々「つながりうた もりのおく」という、良くできたしりとり歌が放映される。作曲と歌は桜井秀俊。この桜井秀俊、「かぞえてみよう」の歌も担当している。

桜井秀俊って、どこかで聞いた名前だが…まさかあの桜井秀俊? と思ったら、やはりあの桜井秀俊だった。
「あの桜井秀俊」で判らない方のために説明すると、真心ブラザーズの1/2である。
真心ブラザーズと言えば、吉田拓郎の名曲「流星」を、鈴木茂をフィーチャーしてカバーした、あのバンドである。
そう言ってもまだ判りにくければ、BOB DYLAN主演の映画 “Masked and Anonymous”(ボブ・ディランの頭の中)の サントラ盤で、口開け1曲目からいきなり日本語の歌声が飛び出してくる、あのバンド…って、より判りにくい注釈を付けてどうする!?

さて、本日6月9日はROCKの日。
ROCKと言えば、その日本語の歌声「マイ・バック・ページ」~My Back Pages ~が収録されているこのアルバム、ということで(?)、今日のBGM。

真心ブラザーズ『キング・オブ・ロック』

KING OF ROCK

このアルバム、「単なる歌詞カード上の字面としてではなく、皆さん自身の耳で聴いて、想像力を喚起し、本作の歌詞の世界を堪能していただければ…というアーティスト及び製作者側の意向」により、歌詞カードがない。もっとも、中には歌詞を書くのが憚られるようなものもあるが…。

なお、「つながりうた…」のようななごやかな曲を期待する方は決して聴いてはいけない。ほぼ全篇叫び通しである。心が休まったりやさしい気持ちになったりするものでは断じてない。ほとんどの曲を歌っているのはもう一人の倉持陽一だし。
[ 2011/06/09 21:37 ] 音楽・映像 邦楽 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

Comment

「流星」・・・いいですね。大好きな曲です。
さっそく真心ブラザーズの「流星」を聞いてみました。

アレンジが吉田拓郎のオリジナルとほとんど変わりがありませんね。
まあ鈴木茂を使っているんで、そうなっちゃいますよね。

今から30年前、篠島でこの曲を聴きました。
ギターは鈴木茂と青山徹。

この曲のリードは鈴木茂だったかと記憶しています・・・
やわらかで流れるような・・・それでいてタイトなその音色(なんかよくわからない表現ですね)にしびれたものでした。
[ 2011/06/10 17:55 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人さん

> 今から30年前、篠島でこの曲を聴きました。

「人間な~んてララ~ラ…」を叫ばれたわけですね。羨ましい。

僕は、その6年後のつま恋に行きました。
この時は「流星」は演奏されませんでしたが、高中正義の「落陽」がありましたね。

この年、大学浪人中(年が判っちゃいますが…判っても良いけど)で、親の白い眼を背に出掛けました。
何せ、もうステージには上らない、って言ってたんで…。
[ 2011/06/10 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/177-b521cf80