今日、喫茶店で…。

今日、喫茶店で休憩しようと思って席に着くと、隣に坐っていたオジサンが突然話しかけて来た。
コンビニかどこかで買ったらしい産経新聞に載っていた福島原発の水素爆発の写真を示して、これが一番はっきり写っているということから始まって、今福島で起こっていることは…、官房長官の資質が…、政府も自民党も…、国民は声を上げなければ…etc. 矢継ぎ早に喋り始めた。
件の新聞は我が家で購読しているのと同じものだから、その写真などオジサンより6時間も前に既に見ていた、ということは措いておくが、そう思うのならまずはアナタが声を上げるべきだ、そうでないならそんな興味本位のインチキ評論など何の役にも立たない…とは口にしなかったけれど、不快なので遮ってその後無視した。

自分の目の前で起こったことを語るのなら、それがたとえ小さなことでも、少なくとも自分にとっては意味があるし、結果として他人の役に立つこともあるかもしれない。が、新聞の記事だのテレビの解説だので手に入れただけの知識をしたり顔でひけらかすことに、何かの意味があるとは思えない。それが、不快の原因である。(オジサンに、確固たるバックボーンがあって語っている可能性が、皆無だとは言えないかもしれないが、もしそうなら、見ず知らずの僕に喫茶店で話しかけるようなことはよもあるまい。)

僕がこの震災について何か語ったとしたら、同じような不快感を、誰かに与えてしまわないものでもない。だから、身の回りに起きたことを除き、語ることはするまいと思う。僕には、それ以外のことを語る何物もないからである。
そういうわけで、次回から、これまでと何の変わりもない、どうでも良いようなブログに戻ることにする。こんな情勢の中、何を能天気な、と思われたとしても、それはそれで致し方ない…という言い訳である。
[ 2011/03/15 21:23 ] | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

No title

>どうでも良いようなブログに戻る

「どうでも良い」事はないと思いますが、へんに物知り顔に語られるよりは・・・少なくとも私には・・・快いものに感じられます。
ただ、私は・・・それがちょいとむずかしいなあ・・・
[ 2011/03/16 05:32 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人さん

件のオジサンと出会って、「見出し人間」にはなるまいという感を持ちました。とはいえ、僕の中にもそのオジサンの要素は十分にあって、なかなか難しいのですが…。
現状、それなりに不便なこともあり、不安なこともないではないので、底抜けに馬鹿みたいなことは書く気にはなりませんが、そういう状況だからこそ書けることもあるかもしれません。もとよりたいしたことではありえませんが。
交通機関の乱れで通勤に時間が掛かったり、休みの日でもひょろひょろ外出する気も減退していたりして、読書の時間がほんの少しだけ増えているので、そんなことをポロポロと…などと言いながら、次のエントリは全然違います。
[ 2011/03/16 12:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/205-4f7e11c2