神楽坂界隈

神楽坂界隈を散策。

以前にも紹介した、毘沙門天善国寺(新宿区神楽坂)の虎。

善国寺の狛寅 善国寺の狛寅

以前と構図がほぼ一緒なのには理由がある。この角度で、近寄って広角で撮らないと、背後に立っている鉄の棒が写り込んでしまうのである。阿行の方は、ちょっと写り込んでしまったが…。

善国寺の狛寅 善国寺の狛寅

今回の目的は次の神社。
赤城神社(新宿区赤城元町)。
ここには、近くにある築土神社(千代田区九段北)の安永9年(1780)には及ばないが、どんなに新しく見積っても1800年代前半までには造られたと思われる狛犬がいたはずである。以前、写真を撮ったのだが見つからない。それで、改めて行ってみた。

赤城神社

昔は静かな趣きのある神社だったが、改築されて随分近代的になっていた。
更に進む。と、狛犬発見。が、残念ながら目当てのものとは似ても似つかない。平成22年(2010)製。

赤城神社左 赤城神社右
赤城神社左 赤城神社右

何じゃこりゃ!
先入観なしにこれだけ見れば、「変った狛犬」で済むのだろうが、昔いたあの狛犬が見たかったのにこれでは、脱力する。境内を探してみたが、あの狛犬は見つからなかった。

気を取り直し…切れるわけもないが、仕方がない、次の神社へ。
秋葉神社(新宿区矢来町)。明治4年(1871)製。

秋葉神社 秋葉神社

悪くない。今日はこんなところにしておこう。

なお、この神社では、ヨーガ教室も開かれているらしい。

秋葉神社

((Canon EOS20D + EF-S17-85mm F4-5.6IS USM)
[ 2011/05/21 20:04 ] 狛犬 東京/新宿 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

Comment

先代がないのは残念ですが、この平成22年製の狛犬もなかなかどうして個性的いいですね。
石材は花崗岩みたいですが、発泡スチロールにしか見えないし、この台座の細さと高さは斬新にもほどがあります。
意外と、いろいろ研究して、絶対に他にないものを目指したんじゃないかと・・・。
[ 2011/05/23 00:05 ] [ 編集 ]

Re: 中川@やたナビさん

何の先入観もなくこれだけ見たら、素直に喜んだろうと思います。元のが残っていて、これもあったのなら良かったんですが・・・。
ちなみに、古そうな狐は残ってました。
[ 2011/05/23 20:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/250-6743e593