"Mary Lou"

Ronnie Hawkins and The Hawks "Mary Lou"
  ~ ロニー・ホーキンス&ザ・ホークス『メリー・ルー』~

Mary Lou

マーティン・スコセッシ監督の手に成る The Band の記録映画『ラスト・ワルツ』 (The Last Waltz)に参加した錚々たるゲスト・ミュージシャン達の中で、ウィキペディアに立項されていない数少ない男。

輸入盤で、解説など一切なく(あったところで読めないが…)、詳細は判らないが、オリジナルではなく、ベスト・アルバムらしい。
このアルバムのポイントは、Ronnie Hawkins よりむしろ、and The Hawks だと言えるかもしれない。
この The Hawks、言わずと知れた、後の The Band である。
ただし、The Hawks は、途中でメンバーが変わっていて、初期と後期とで共通しているのはリヴォン・ヘルム以外、いない。
個々の曲が、どちらの The Hawks の演奏によるものなのかは判らないのだが、僕の素人耳にも、間違いなく後期 The Hawks にしか聞こえない曲が少なからずある。

実際のところ、収録されている Who Do You Love? が聴きたくて買っただけなので、ギターがロビー・ロバートソンであろうがあるまいがまったく構わないのだが、そういうマニアックな薀蓄は、あればあったで楽しい。

軽快なロカビリーのアルバムである。
[ 2011/06/27 21:25 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/267-e771d8d5