訃報・小松左京

小松左京さんが死去 「日本沈没」「復活の日」(asahi.com)
「日本沈没」「復活の日」などのベストセラーで知られ、日本SF界を代表する作家、小松左京(こまつ・さきょう、本名実〈みのる〉)さんが、26日午後4時36分、肺炎のため大阪府箕面市の病院で死去した。80歳だった。葬儀・告別式は親族で行った。

小松左京さん死去:最期まで日本の未来を考え続けていた(毎日.jp)
「日本沈没」など未来を予見したかのような数々のSF小説を残し、小松左京さんが26日、亡くなった。膨大な知的エネルギーと森羅万象に対する好奇心と冒険心に満ち、「ルネサンス的巨人」「人間コンピューター」などの異名を取った小松さんは、東日本大震災にも心を痛め、最期まで日本の未来を考え続けていた。

小松左京さん=作家(YOMIURI ONLINE)
日本SF小説の草分けとなった作家の小松左京(こまつ・さきょう、本名・実=みのる)さんが、26日午後4時36分、肺炎のため亡くなった。80歳だった。告別式は親族で済ませた。

「日本沈没」SF作家・小松左京さん死去 80歳(msn.産経ニュース)
「日本アパッチ族」「日本沈没」などの作品で知られ、文明評論家としても評価されたSF作家の小松左京(こまつ・さきょう、本名・実=みのる)さんが26日午後4時36分、肺炎のため死去した。80歳だった。大阪市出身。告別式は親族で済ませた。


僕が中学生の頃、SF作家として星新一・筒井康隆と人気を三分していた。僕もご他聞に漏れずいくつもの作品を読んだ思い出がある。
もう30年近くも読んではいないが、それでも少しは感じるところがある。

おはようございます。

私も小学校の頃からSFが好きでした。残念ながら小松左京氏の作品には食指が伸びなかったのですが、日本SFの黎明期を支えたお一人として頑張ってこられたので残念なことでした。あの頃はSFというと白い目で見られることも多かったのを思い出します。

ご冥福をお祈りしたいと思います。
[ 2011/07/30 06:49 ] [ 編集 ]

Re: たっつん さん

僕も実は、上記の3人の中では星-筒井-小松の順でした。
ただ、「日本アパッチ族」はかなり強く印象に残っています。
[ 2011/07/30 09:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/304-25d71f58