スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

"Un-Led-Ed"

朝夷奈切通の話題は1回お休みして…。

実家に置きっ放しになっていたCDを、何枚か持ち帰って来た。よしだたくろうとか、JOHN&YOKOとか…。
その中の1枚が、今日のBGM。

Dread Zeppelin "Un-Led-Ed"
  ~ドレッド・ツェッペリン『ドレッド・ツェッペリン!』


Un-Led-Ed

「Dread Zeppelin」という名前から想像が付くかもしれないが(付かないとは思うが)、レゲエのリズムでレッド・ツェッペリンのナンバーを演奏するバンドである。
ヴォーカルのトートエルヴィスは、エルヴィス・プレスリーのそっくりさん(?)。ある日、「レゲエのスタイルでレッド・ツェッペリンをやれ!」というプレスリーの声がトートエルヴィスの耳に響いて来る。そのトートエルヴィスが牛乳配達車を運転していて追突したフォード・ピントから降りて来たのがその他のメンバーで…というような次第だから、支離滅裂なことこの上ない。

ただし、ただのおちゃらけバンドかと思うとそういうわけではなく、音は確かである。
こんなフザけたことを大真面目でやってしまうところが、いかにもアメリカらしい、と感心して20年前に購入したものである。

ちなみに、本家レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の名前は、「lead zeppelin」(鉛の飛行船)に由来するらしい。それを考えると、アルバムの原題の "Unle(a)ded"(無鉛)というのも、なかなか気が利いている。

で、実際のところどんなものなのか? という興味を持った奇特な方のために、YouTubeで見付けた動画を貼っておく。
上記のアルバムにも収められている、名曲 IMMIGRANT SONG (移民の歌)。

ただし、あなたがもし、エルヴィス・プレスリー、レッド・ツェッペリン、ブルーザー・ブロディのいずれか、あるいはいずれものファンなら見てはいけない、聴いてはいけない。
この親切な忠告を無視した結果、怒りや絶望を感じられたとしても、当方としては一切責任を持つことはできない。

[ 2011/08/13 00:43 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

中川@やたナビ

もっとレゲエなのかと思った・・・。
なんでブルーザー・ブロディかと思ったら、入場曲でしたっけ。
すっかり忘れてました。
[ 2011/08/13 01:38 ] [ 編集 ]

Re: 中川@やたナビ さん

まぁ、あくまでもイロモノですから。
でも、ツェッペリン教でレゲエ嫌いの人には、衝撃的なのではないかと…。
ブロディも、これじゃあ闘えませんな。
[ 2011/08/13 08:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/318-2881fb07










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。