スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

恐竜博2011・その2

間にいろいろ挿んでしまったが、「恐竜博2011」の続き。

恐竜博の会場は出たのだが、折角だから地球館の常設展も見ることにした。
1日いても見きれないほど展示があるのだが、今回は恐竜博を目当てに来たのだから、古い時代の場所を中心に。

ドルドン・アトルクスとショニサウルス・シカニイエンシス。
いや、魚竜の一種だという以外、それらが一体何者なのかは、まったく判っていない。

ドルドン・アトルクス ショニサウルス・シカニイエンシス

常設展にも、定番ティラノサウルスはいる。

ティラノサウルス ティラノサウルス

マンモス。
本当は、なんとかマンモスという名前が付いていたのだが、失念した。

マンモス

息子は、恐竜が大きいのは予想していたようなのだが、マンモスがこんなに大きいとは思わなかった、と頻りに感心していた。

その他諸々、初期の哺乳類とか類人猿のあたりまで行ったのだが、そろそろおなかも空いて来たことだし…ということで外へ出ると、そこには巨大なシロナガスクジラ。
もちろん、入る前にも見えたのだが、恐竜博に入ることを優先したので、出た後でご対面。シロナガスクジラ好きの息子には、大好評。

クジラ クジラ

70分待ちの行列。本当に70分で入れるのかは疑問だが、本当かどうかを確かめるほどヒマではない。

70分待ち

恐竜博のお土産。
まずは、トリケラトプスの栞。

トリケラトプス栞.jpg

息子が使わなければ僕が使おうと思っていたのだが、ちょうど読んでいた『大どろぼうホッツェンプロッツ』に挿んでやったところ、大喜びで、昨日からは、続く『大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる』に挿んでいる。

次に、恐竜の立体パズル「ザウルス4Dパズル」。
卵の中に入っていて何が出てくるかはお楽しみだったが、2個買って、2個ともティラノサウルス。ただし、通常バージョンと骨格バージョンである。なかなか良い組み合わせだった。
なお、この商品、中に入っている恐竜は全部で24種類ある。23種類は公表されていて、残りの1種類はシークレットなのだが、実はこのティラノサウルスの骨格バージョンが、そのシークレットである。
シークレットだから数が少ない、ということはたぶんないと思うが、何となく得した気分である。

ティラノサウルス通常 ティラノサウルス骨格
ティラノサウルス通常 ティラノサウルス骨格

(Panasonic LUMIX DMC-LX3/OLYMPUS PEN E-PL2 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8)
[ 2011/10/05 16:02 ] 自然・季節 生き物 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/358-cd982be9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。