『東京の三十年』

田山花袋『東京の三十年』

東京の三十年


この作品、僕が学生時代に国語学の教授が論文を書いていたことで知った。
ただし、その論文の内容はまったく覚えていない。読んだことのない作品の国語学的研究だから致し方ないとはいえ、亡K教授、ゴメンナサイ。

ずいぶん前から読もうと思ってはいたのだが、買える時にはあまり読みたい気分が盛り上がらず、少し盛り上がっている時には品切れ・重版未定になっていた。
暫く前に重版されたのには気づいていたが、その時にはあまり気分が盛り上がっていなかった、のだが、先日、長谷川時雨の『旧聞日本橋』を読んだ勢いがある内に、また品切れになる前に、と思って購入した。

作品の後半は、明治の文壇に纏わることが多く書かれていて、文学史上の価値があるのだろうが、僕が興味を持つのはむしろ、前半の当時の東京の風景を描いている部分である。
何せ、馴染のある場所が多々登場する。

たとえば…。

 深川の高橋を渡って、それについて左に行くと大工町。その小名木川の水に臨んだ二階屋の入口の格子を明けて、その板敷で、幼い私が何か音を立てていると、
 「何だね、録かえ……。」
 こう言って叔母が驚いたような顔をして出て来た。(「川ぞいの家」)


「大工町」は、江戸の古地図に海辺大工町とある、今の白河辺の場所である。最近はそれほど頻繁に行くわけではないが、わが家の比較的近所にある。

 大村の銅像、その頃はまだあの支那から鹵獲(ろかく)した雌雄の獅子などはなかった。丁度招魂社の前のあの大きな鉄製の華表(とりい)が立つ時分で、それが馬鹿げて大きく社の前に転がされてあるのを私は見た。そしてそれが始めて立てられた時には、私は弟と一緒に、往きに帰りに、頬にそれを当てて見た。(「明治二十年頃」)


「招魂社」というのは今の靖国神社。この辺りは僕にとって学生時代の庭のようなところ。母校のことも出て来る。
鳥居のことを「華表」というのは初めて知った。『日本国語大辞典』を引いてみたが、用例の出典で知っているものは「運歩色葉」しかなく、それも「クヮヘウ」とあるだけで、さっぱり判らない。これ以上調べる気力が湧かないが、ここにメモしておけば、何かの時に調べる気が起きないとも限らない。

まともな紹介のできようはずもないのでこれ以上内容には触れないが、読む価値のある好著と言って良いだろう。東京の土地にも馴染がなく、明治の文壇にも興味のない人にも面白いという保証はできないが…。

おはようございます。

もう大晦日ですね。
ホシナさんのブログではいろいろと狛犬の情報を教えていただき、いつも大変参考にさせていただいております。ありがとうございます。

いろいろとあった1年でしたが、ホシナさんのご健康をお祈り申し上げます。

よいお年をお迎えください。
[ 2011/12/31 09:35 ] [ 編集 ]

Re: たっつん さん

ありがとうございます。

> もう大晦日ですね。

年末、妙に忙しくてなかなか更新もできませんでした。今日もあれやこれやで年越し蕎麦を食べる頃には既に年も改まってしまい…。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
[ 2012/01/01 00:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/441-c6c22d3b