スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

『月の大研究』

縣秀彦監修『いちばん近くてふしぎな星 月の大研究 すがた・動き・人とのかかわり』

月の大研究

近所のこども図書館で借りて来た本。
子供向けにやさしく書かれた図鑑だが、ずいぶん役に立つことも書かれている。
たとえば、太陽暦と太陰太陽暦との違いの解説など、とてもわかりやすい。
今や、伊勢物語(4段)で1月10日頃に梅の花が咲いているのは何故? と聞かれた国文学科の学生が、「異常気象による狂い咲き」と答えるような時代である。大人でも読んでおいた方が良い。
もちろん、図鑑だから、綺麗な図版も多く入っている。難しいことを考えなくても、見ていて楽しい。
[ 2012/02/11 20:45 ] 本と言葉 図鑑 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/464-f34126ca










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。