中村雀右衛門(訃報)

歌舞伎俳優の中村雀右衛門さん死去 91歳」(朝日新聞デジタル)

戦後の歌舞伎界を代表する女形で人間国宝、文化勲章受章者の中村雀右衛門(なかむら・じゃくえもん、本名青木清治〈あおき・きよはる〉)さんが23日午後3時55分、肺炎のため死去した。91歳だった。葬儀は未定。長男の大谷友右衛門さん、次男の中村芝雀さんも歌舞伎俳優。

東京生まれ。父は六代目大谷友右衛門。1927年、大谷広太郎を名乗り初舞台を踏み、戦後、立ち役から女形に転じた。48年に七代目大谷友右衛門を襲名。「佐々木小次郎」(50年)などの映画や関西歌舞伎でも活動した。

64年9月、歌舞伎座で四代目雀右衛門を襲名。「助六」の揚巻や「金閣寺」の雪姫、「二人椀久」の松山など幅広い代表作を残し、女形舞踊の「京鹿子娘道成寺」の白拍子花子は生涯の当たり役だった。


訃報:中村雀右衛門さん 91歳=歌舞伎俳優」(毎日jp)
訃報:中村雀右衛門さん 「女形の美」を大成」(毎日jp)
品格と情の女形、中村雀右衛門さん死去」(YOMIURI ONLINE)
人間国宝の女形、中村雀右衛門さんが死去」(msn産経ニュース)

劇場で歌舞伎を見ることが無くなって久しいが、雀右衛門の『京鹿子娘道成寺』は文字通り息を飲む演技で、今でも鮮烈な印象が残っている。

冥福をお祈りする。
[ 2012/02/23 22:28 ] 古典芸能 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/473-086bc1f8