会津(その2)

会津」の続き。

まずは、下調べである。

余裕があれば、有名どころだけに行くのではなく、自分の足で歩き、目で見てガイドブックに載っていないような場所を探してみるのが良いだろう。
とは言え、1週間とか1箇月とか、ある程度の期間滞在するのであれば、気の向くままにあちらこちらと歩き廻ることはできるだろうけれども、1泊や2泊の旅行で、目当てなしに歩いていては、たとえば日光に行って東照宮を見ずに帰るような羽目にもなりかねない。
だから、ガイドブックで、有名どころは押さえておくものである。それに、ガイドブックを見て、どこに行くかを考えている時間も楽しいものである。

今回はこの本を参考にした。

『ことりっぷ 会津・磐梯 喜多方・大内宿
ことりっぷ会津・磐梯喜多方・大内宿 (ことりっぷ国内版)

このシリーズ、旅先での持ち歩きも含めて考えると、かなりのスグレモノである。

さて、あれこれ調べてみると、交通の便があまり良くない。郡山までの新幹線は幾らもあるが、早い時間帯の列車に乗っても、そこから会津若松まで行く磐越西線は、1時間に1本程度しかないからあまり意味がない。むろんこれは、帰りも同じである。ここで、行動がやや制約される。
それに、会津若松の市内でも、「ハイカラさん」「あかべえ」という巡回バスがあるけれども、これも30分~1時間に1本程度だから、うまく組み合わせないと、効率良くは回れない。
通常の路線バスを組み合わせれば、もっと行動の選択肢は拡がるだろうけれども、現地の交通を熟知しない旅行者には、それもなかなか難しい。

温泉好きの家内のためには、宿は寝るだけと割り切って、レイトチェックイン・アーリーチェックアウトで観光を最優先させるわけにも行かない。
喜多方ラーメンが食べたいという娘のリクエストにも応えたい。何せ、今回の旅行は、娘の小学校卒業記念が名目である。だが、喜多方に行くとなると、これまたさらに磐越西線を乗り継ぐことになるから、それで1日の大半を消費することになる。…

あれこれと考えた挙句、最終的には鶴ヶ城と喜多方以外は、これと言ったところは決めないことにした。あとは、成り行きである。
それでは本まで買って調べた意味がないではないか、と思われるかもしれないが、調べた結果、そうしたのである。…まぁ、そんなことはどうでも良い。

ところで、出発前夜(26日)、天気予報に雪マークが出ていたので、『Live配信 JR会津若松駅』『Live配信 鶴ヶ城』を見てみた。
現地の方にとっては、大したことはないのだろうが、東京の人間からすれば、大雪といっても過言ではない状態になっている。大丈夫か?!
[ 2012/03/30 23:19 ] 旅・散策 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/496-69096cee