スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

会津(その3)

会津(その2)」の続きだが、まだなかなか会津には着かない。
旅行は現地に着けば良いというものではなく、往復もまた楽し、なのである。

まずは、東京駅から「やまびこ127号」に乗車。いよいよスタートである。

やまびこ

車窓より。
大宮を過ぎたあたりだったと思うが、かなたにうっすらと富士山が見える。肉眼ではもっとはっきりと見える。
北方面には、東武伊勢崎線(今では「スカイツリーライン」というイマイチピンと来ない愛称になっているが)以外で行く機会があまりなく、こんなところから富士山が見えるとは知らなかった。

やまびこ車窓

それにしても新幹線は早い。郡山まで1時間半もかからない。いささか拍子抜けの感がある。
磐越西線に乗り換え。

磐越西線

ここからは、のんびり旅。会津若松まで、「やまびこ」に乗っていたのと然して変わらない時間、磐越西線に揺られることになる。
側面に、「あかべえ」のイラストが…。

あかべえ

郡山は、穏やかな天気だったが、標高が高くなるにつれ、段々雪景色に変わって行く。
猪苗代の辺りになると、こんな感じである。

磐越西線車窓

果たして、会津はどうなのか?

(Panasonic LUMIX DMC-LX3)
[ 2012/04/02 00:15 ] 旅・散策 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

写真を見る限りでは、会津はいまだ冬といった感じですね。
宮城から会津は一泊二日の旅にはちょうどいい距離なので子どもの頃はよく出かけたものです。
冬にも2度ほど行ったことがあるかな。私の住む宮城の海岸線とは全く違う冬景色に同じ東北でもだいぶ違うもんだなと実感させられました。
[ 2012/04/02 07:10 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

九州で桜が開花、というニュースを見た直後だったので、さすがにびっくりしました。
車窓の風景が見る見る内に変わって行くのも不思議な気がしました。
[ 2012/04/02 08:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/498-aef7c60c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。