スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)TB(-) |  TOP△

会津(その5)~鶴ヶ城(その2)

鶴ヶ城(その1)」の続き。

天守閣・走り長屋

鶴ヶ城の天守閣は、昨年平成23年春に、戊辰戦争当時の…ということは、加藤嘉明の嗣子・明成が寛永16年(1639)に改修した当時の…赤瓦に葺き替えられた。

天守閣に入る。
見どころは多々あり、中でも五層からの眺望は外せないが、それ以外に是非見ておきたいのが、地下の塩蔵である。
ここには、400年前のままの石積みが残されている。維新後一旦取り壊された天守閣の内部で、古くからのものが残っているのはこれだけである。

塩蔵

五層からの眺めを何枚か。

天守閣より

天守閣より 天守閣より

最後に、撮影スポット。

定番アングルである。天守閣と走長屋。

天守閣・走長屋

下の写真は、イマイチ冴えないが、もう少し暖かくなれば、絶好の撮影スポットになる。

天守閣

(Panasonic LUMIX DMC-LX3)
[ 2012/04/04 21:58 ] 旅・散策 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

鶴ヶ城は・・・小学校の修学旅行で言ったかな。
いやっ・・・それより前に一度かぞくでいったかも。
なんてたって40年以上も前のことですから・・・記憶にどうも自信がない。

でも生まれて初めてお城を見たって感動はいまだに残っています。
我が国、伊達藩の仙台城は天守がないんで・・・めずらしかったんんでしっかり覚えています。
[ 2012/04/04 22:57 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

天守閣というものを最初に見たのは、高島城(長野県諏訪市)だと思うんですが、子供心に、意外に小さくてピンと来なかった記憶があります。今見れば違う印象があるんでしょうが…。
鶴ヶ城は、実に美しかったです。良い年になって見ても、感動的でした。
[ 2012/04/04 23:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/501-19e5bc61










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。