会津(その11)~土産物・その他

そのほか、行ったところ。

「一會庵」
会津若松に着いた最初にここで蕎麦を食した。
折角会津まで来たからには、風情のある老舗に行きたい気もあったのだが、時短のため、駅構内にあるこの店を選んだ。
結果、大正解。
僕個人的には、更科より田舎蕎麦の方が好みなのだが、駅中とは思えない美味い蕎麦であるのには違いない。郷土料理「こづゆ」付のセットもある。
なお、「一會庵」の看板のあるすぐ手前に、立ち食い蕎麦屋があるので要注意。

漆器蔵 会津野
喜多方にある会津漆器の専門店。蔵を店舗にしており、喫茶「珈琲蔵 ぬりの里」を併設する。
手頃な漆器があれば買おうかと思い、また、蔵でコーヒーを飲むのも一興、と、雨の中訪れた…のだが、臨時休業だった。


会津土産。

喜多方で野菜を買った。「源来軒」の隣にある本屋で…。

会津土産 会津土産

何も喜多方まで行って野菜を、しかも本屋で買うことはなかろうが、美味しそうだったので家内が我慢し切れずに買い、そして実際、美味しかった。

同じ通りにある駄菓子屋で…。
うかわ商店の会津焼。こちらの画像は「FMきたかた」のHPから。

片面に薄くたまりが塗ってあり、もう片面には塗っていない。だから、裏は素のままで白っぽい。それが、昔ながらの会津・喜多方の煎餅だそうである。喜多方において、煎餅は、ラーメンよりもずっと歴史がある。…これは、駄菓子屋のお婆さんから聴いた。
ところで、まさか写真に写っている箱を買いはすまいと思われるかもしれないが、買って帰った。70枚入り。


末廣酒造の日本酒二種。

剣流転

大吟醸「剣」は父親への、長期熟成流転純米大吟醸「流転」は我が家への土産として買った。
ただしこれは郡山の駅で、MAXの待ち時間に途中下車して購入したものである。


最後に、会津土産といえば、やはりこれだろう。

赤べこ

まだ書きたいことがないわけでもない気もするのだが、もうだいぶ引っ張ったことであるし、会津の旅は、これでお終い。
[ 2012/04/14 19:48 ] 旅・散策 | コメント(2) | TB(0) |  TOP△

我が家にも「赤べこ」はありますよ。
それに・・・もう20年以上前になりますが、勤務していた学校の修学旅行でついて行った修学旅行での赤べこ体験で色を塗った、べこ(牛)とも思えないようなそれも大切にとってあります。
[ 2012/04/14 22:30 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

定番の土産物は、やはり外せません。

> べこ(牛)とも思えないようなそれ

高校の時の修学旅行でこけしの絵付け体験をした時、友人の作ったものが「悪魔のこけし」と名付けられたのを思い出しました。
[ 2012/04/15 21:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/502-3530c45b