『暗い青春・魔の退屈』

最近ではあまり古本屋巡りをする時間がないのだが、神田神保町の古書店街に程近い大学に通っていた学生時代は、1年の内二百数十日は古本屋を廻っていた。
むろん毎日買物をするわけではないのだが、廉価なものだと、いらなくてもつい買いたくなってしまう。それで結局、相当数の本を買うことになる。そして、僕は学生時代が無駄に長かったから、勢い、読まずに積ん読になる本も、数多くあった。

そんな本の内の1冊を、先日実家に帰った時に掘り起こして来て読んだ。
坂口安吾の『暗い青春・魔の退屈』。安吾の自伝的な作品が集められた1冊。角川文庫の1冊だが、今では絶版である。

今回これを取り上げたのは、安吾についての何かを語ろう目的ではない。この本の随所に、前オーナーによる万年筆書きの傍線が、数多く施されていたのが、何となく面白かったからである。
無頼派の作家の言動を、あまり真剣に読んで心に刻んでみても仕方がないのではないかという気もしないではないが、前オーナー殿、随所々々、だいぶ感心したものと見られる。

たとえば、こんなところ。

私が今日人を一目で判断して好悪を決し、信用不信用を決するには、ただこの悲しみの所在によって行なうので、これははなはだ危険千万な方法で、そのために人を見間違うことは多々あるのだが、どうせ一長一短は人の習いで、完全というものはないのだから標準などはどこへ置いてもどうせたかが標準にすぎないではないか。(「石の思い」21頁)


書き留めておけば、どこかで、何かの機会に使えそうなことばである。傍線が付されているのも頷ける。

次に、傍線、波線を使い分けていたりして、かなり強く共感したと思われるところ。太字で示した部分が、実際には波線になっている。

われわれの一生は短いものだ。われわれの過去には長い歴史があったが、われわれの未来にはその過去よりもさらに長い時間がある。われわれの短い一代において、無限の未来に絶対の制度を押しつけるなどとは、無限なる時間に対して冒涜ではないか。あらゆる時代がそのおのおのの最善をつくし、自らの生を尊び、バトンを渡せば、足りる
政治とか社会制度は常に一時的なもの、他より良きものに置き換えられるべき進化の一段階であることを自覚さるべき性のもので、政治はただ現実の欠陥を修繕訂正する実際の施策で足りる。政治は無限の訂正だ
そのおのおのの訂正が常に時代の正義であればよろしいので、政治が正義であるために必要欠くべからざる根柢の一事は、ただ、各人の自由の確立ということだけだ。(「暗い青春」62頁)


昨今(…に限ったことではないけれども)の政治面の記事を見ていると、ついついこんなことばを引き合いに出して、批判してみたくもなる。

さて、もう少し読み進むと、こんなところがあった。

まだ私たちが初めて知り合い、恋らしいものをして、一日合わずにいると息絶えるような幼稚な情熱の中で暮らしていたころ、私たちは子供ではない、と矢田津世子が吐き捨てるように言った。(「二十七歳」68頁)


この傍線の脇に、「ナンセンス」という書き込みがある。そしてその後、末尾までの約200ページ、傍線も書き込みも、施されることが一切ない。

読むのを止したのか、熱が冷めたものかは、判らない。

>1年の内二百数十日は古本屋を廻っていた

何ともまあうらやましい事。
神田の古本屋さんは関西に住む私たちにとってはあこがれの場所・・・
京都や大阪にも古本屋さんが少ないということはないんですが、神田のように密集しては存在していません。あっちに数店、こっちに数店。まあ面倒くさいんですよね。

そこに行くと神田は・・・

ということで郷里の宮城との行き帰りの途中で立ち寄っていたわけですが・・・その時はその行き帰りの電車賃でアップアップしていて・・・・

それでも、神田の町を歩き回るほんの半日が・・・楽しくて楽しくて・・・

・・・あっ・・・これってブログのネタになるかな?

・・・こんどかいてみよう・・・っと。
[ 2012/04/18 22:45 ] [ 編集 ]

Re: 三友亭主人 さん

古本屋街にある喫茶店に入っただけだったり、歩いて通り過ぎただけだったり、というのもカウントには入っていますが、それでも毎日のように行っていると、けっこう掘り出し物があるものです。もちろん高いものは買えませんけれど、安くて良いものを見つけるのも、古本屋巡りの楽しみです。

> ・・・こんどかいてみよう・・・っと。

楽しみにしております。
[ 2012/04/19 22:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/512-4d8a5b49


まとめteみた.【『暗い青春・魔の退屈』】

最近ではあまり古本屋巡りをする時間がないのだが、神田神保町の古書店街に程近い大学に通っていた学生時代は、1年の内二百数十日は古本屋を廻っていた。むろん毎日買物をするわけではないのだが、廉価なものだと、いらなくてもつい買いたくなってしまう。それで結局、相?...
[2012/04/18 13:16] URL まとめwoネタ速suru