"THE LAST WALTZ"~リヴォン・ヘルム視聴週間 mini(その2)

「リヴォン・ヘルム視聴週間」は、あくまでも「mini」で、1回で終わらせるつもりだったのだが、うっかり「その1」と書いたのを削除し忘れたままアップしてしまったので、収まりを付けるために「その2」を書く。
もはや「週間」という時間を過ぎてはいるけれども、「その1」だけで終わるよりはいく分かマシである。

とは言え、リヴォン個人名義のものは、前回までに書いた以外のものを持っていない。
そこで、これ。

"THE LAST WALTZ"
 ~『ラスト・ワルツ』


ラスト・ワルツ(特別編) [DVD]

言うまでもないが、ザ・バンドのラスト・コンサートを収めた、マーティン・スコセッシ監督による記録映画である。
ロビー・ロバートソンとリヴォンの関係が極限まで悪化する一因を作った作品だとも言われているのだが、それはそれとして、ロック好きなら必見のものである。

映画公開後にニール・ヤングの鼻にコカインの塊が刺さっているのが判って画像が修正されたり、ザ・バンドのメンバーが貧乏時代の万引き体験を楽しそうに話していたり、今だったら大問題になること必定の場面もあるのだが、そういう時代の作品として、理解すべきだろう。ロックン・ローラーが品行方正になったのは、ごく最近のことである。

当日の演奏があまり良くなかったために後から演奏を入れ替えているらしく、リック・ダンコの手の動きとベースの音がズレているところなど、僕にも判るようなところがある。
そういう点から、酷評する向きもあるのだが、それは筋違いで、当日の音を忠実に再現しているかどうかよりも、良い作品に仕上がっているかどうかの方が、遥かに重要で、どうしても当日の演奏でなければ満足出来ないのであれば、高くて音質の悪い海賊版を探せば良いだけのことである。

見どころは何と言ってもやはり、豪華ゲスト陣。ドクター・ジョン、ニール・ヤング、マディ・ウォーターズ、エリック・クラプトン、等々。
YouTubeを探せば、この作品の動画は多数アップされていて、断片的にだが、重要なシーンはけっこう見ることができる。
だが、断片的に見たのでは、最大の見せ場と言っても過言ではない、ディランのForever Young (いつまでも若く)とBaby, Let Me Follow You Down (連れてってよ)の間の「セブンに行くぞ」(注)の件りの雰囲気を味わうことはできない。
だから、全体を通して見るべきなのだが、その断片的な動画をひとつだけ、リンクしておく。

この作品のハイライトのひとつ。途中から何かに取り憑かれたようになる、「宙に向かってキック」のヴァン・モリソンの映像である。



肝心のリヴォンは、最後の方でちょっと映るだけなのだが…。
(注)
ディランのファンには無用の説明だが、一応注記しておく。
当日のディランのステージは、Forever Young で終わるはずだった。曲の途中で急にもう1曲やる気になったディランが、ロビー・ロバートソンに、次の曲のコードを指示したことばである。
[ 2012/05/11 21:55 ] 音楽・映像 洋楽 | コメント(0) | TB(0) |  TOP△

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/525-106abacd