『神楽坂・茶粥の記』

矢田津世子『神楽坂・茶粥の記 矢田津世子作品集

神楽坂・茶粥の記 矢田津世子作品集 (講談社文芸文庫)

ついこの間まで講談社文庫で手に入ったようなものが、絶版になったかと思ったら値段が1.5倍以上になって収められているようなこともあって、どうも昔からこの講談社文芸文庫というのはあまり好きではなかった。
むろん、今でも好きになったわけではないのだが、このような本を読むことができるのは文芸文庫だけだから、意義を認めざるを得ない。
今やほぼ忘れ去られている作家と言って良く、坂口安吾との関係がなければ、知ることもなかったかもしれない。そんな矢田の作品が、手軽に、かつある程度纏まった形で読めるのは本書しかない。
読んでみると、実に巧みな作家である。安吾云々とは関係なく、読んでおいて損はない。
本書は、神田三省堂にあるのを見つけて購入したのだが、僕が最後の1冊を買ってしまったようで、webの在庫検索を見ると、現在では在庫がない。大手の通販サイトをいくつか見ても、在庫のあるところは見当たらない。現在の流通在庫を最後に、絶版になる可能性が濃厚だから、見掛けたら、買っておくことをお奨めする。

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoshinahouse.blog101.fc2.com/tb.php/528-5dae48bc